絨毯クリーニングの方法・費用まとめ

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

業者による絨毯クリーニングの方法と費用には「あれ」が関係している

お子様やペットの影響で絨毯が汚れてしまった場合や、引っ越しなどのタイミングで絨毯クリーニングをされる方が多くみられます。

 

また、高級な絨毯のため、簡単に手がつけられずプロにお願いするという方もいらっしゃいます。絨毯は比較的サイズが大きく、自分でお手入れをするのは大変なので、プロに依頼したくなることもあります。しつこい汚れにならないように、2~3年に一度はクリーニングを依頼するといいかもしれません。

 

絨毯のクリーニング方法や費用には「素材」が関係しています。ここでは素材に注目して、クリーニング方法や費用について解説していきます。

 

ご自宅にある絨毯の素材は?特徴をチェック

ご自宅にある絨毯の素材は?特徴をチェック

 

一般的な絨毯から高級な絨毯まで、素材別に特徴を解説していきます。

 

●一般的な絨毯

タフテッド
薄くて折りたたむことができるので、収納などにも便利です。裏にフェルトや麻などの生地が張られており、すべり止めがついているタフテッドもあります。費用は絨毯のなかでも比較的安いので、使用している人も多いのではないでしょうか。

 

レーヨン
独特な光沢があり、高級感を演出することができる絨毯がレーヨンです。レーヨンの場合、タグにレーヨンと記載されているでしょう。また、ウール・ヤギ・ラクダ・コットン・シルクなどの場合は、高級絨毯として扱われるケースがあります。費用は、タフテッドとさほど変わりません。

 

ウイルトン
ウイルトンは、「ウイルトンA」と「ウイルトンB」でわけられています。

ウイルトンAは、ポリエステル・アクリル・ポリプロピレンなどの化学素材のものが使用されています。裏張りはありませんが、折りたたむのが困難な商品もあります。ウイルトンBは、ウール・ウール混紡が使用されています。ウイルトンAよりも価格が高く、厚手できめ細かいのが特徴です。

 

ジャギー
ジャギーも「ジャギーA」と「ジャギーB」でわけられています。

ジャギーAは、毛足が1~2㎝ほどで化学繊維のものです。裏張りがあるものとないもの、どちらも存在しています。ジャギーBは、毛足が2㎝以上のもので太い毛足のものです。ウールなど、自然素材のものが使用されています。ジャギーAよりも価格は高いです。

 


●高級な絨毯

 

ウール
羊の毛から作られているものです。汚れがつきにくく、春夏秋冬どの季節でも、快適に使用することができます。

 

シルク
蚕の繭から作られているため、細かくツヤがある美しい絨毯です。シルクは、きちんと手入れをすることで長い期間使用することができます。

 

このように絨毯の素材はさまざまです。

 

絨毯クリーニングの方法には素材が関係している

素材によってクリーニングの方法が違います。絨毯をいい状態で長く使うためには、素材にあったクリーニングをする必要があります。

 

一般的には、水洗いすることがいいといわれています。ほこりや汚れを落とすには、水を使用するのが一番です。

 

しかし、高級な絨毯は繊細です。清掃をする道具によっては生地を傷つけてしまう可能性があるので、素材にあった道具を使用することが大切になります。

 

絨毯クリーニングの費用には素材が関係している

絨毯をクリーニングに出したときに発生する費用は、素材によって異なります。ご自宅の絨毯を確認しておくといいかもしれません。上記で紹介した素材別の特徴を参考にしてみてください。

 


とくにシルクやペルシャ絨毯など、高級な素材であればあるほど、クリーニングの費用も高くなります。

 

自分で素材が判断できないという方は、ハウスクリーニングのプロに尋ねてみるといいでしょう。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

自分で行う絨毯掃除!適切な頻度や方法を見てみましょう

クリーニングに出すことに抵抗がある方もいるかもしれません。依頼するやり取りがめんどうな方や、費用をおさえたいなど理由はさまざまです。

 

そんな方々に、自分で絨毯の掃除を正しく行う方法や手順を紹介していきます。また、掃除を行うべき頻度や手間を軽減させるためのコツもあります。知っておくことで、負担を減らすことができるでしょう。

 

絨毯掃除の頻度やポイントは?作業前に知りたい絨毯掃除の鉄則!

絨毯掃除の頻度やポイントは?作業前に知りたい絨毯掃除の鉄則!

 

自分で絨毯の掃除をすると手間がかかってしまうので、ポイントをおさえてできるだけ効率よく行うといいでしょう。まずは、絨毯の掃除をする頻度と、掃除を行うタイミングなどの鉄則を紹介していきます。

 

【掃除方法によって頻度が違う】

掃除の内容によっては、毎日行った方がいいものや頻繁には行わなくてもいいものがあります。

 

掃除機は毎日かけよう
掃除機は、毎日かけるのが理想です。生活しているとホコリは部屋中を舞っていて、絨毯にも落ちてきます。掃除機は簡単に操作をすることができ、時間もさほどかからないので毎日行うのが理想です。また、ペットを飼っているご自宅では、2回かけているという方も多くみられます。

 

また、週に1、2回程度で絨毯の裏側も掃除機をかけてあげるといいでしょう。絨毯の裏にもホコリは溜まっています。絨毯をめくって掃除機をかけましょう。

 

月に1回洗剤拭きをする
掃除機でホコリを取ったあとに、お湯に濡らして固く絞った雑巾でふきとってあげるといいでしょう。汚れが気になる場所は、拭き掃除用の洗剤もあるので使用しましょう。このようなことを月に1回程度で行うのが理想です。ふき取ったあとは、きちんと乾燥させましょう。

 

年に1.2回クリーニングをする
年に1、2回程度、クリーニングをするといいでしょう。自分でできるクリーニング方法は、のちほど紹介します。

 

 


【絨毯掃除の鉄則】

絨毯の掃除を行ううえで、知っておいた方がいいことを紹介します。

 

天気の良い午前中に行う
絨毯の掃除をしたあとは、乾燥させることが大切です。そのため、日が出ている午前中や日中に行うことをおすすめします。

 

スリッパもキレイにする
スリッパを使用しているご家庭の方は、スリッパもきれいにしておきましょう。床にはホコリやゴミがたくさん落ちています。それらが付着したスリッパで絨毯の上を歩いてしまうと、絨毯も汚れてしまうでしょう。

 

汚れたらすぐに対処する
汚れを放っておくと、キレイにするのが大変になってしまいます。汚れたらすぐにふき取ったり、掃除機をかけることを心がけましょう。

 

上記のようなことを気をつけておくことで、掃除の手間を軽減させることができます。

 

自分で行う絨毯掃除の方法!2種類まとめます

簡単に行える掃除機での掃除方法や、洗剤や重曹を使った掃除方法を紹介していきます。材料もご自宅にあるものが多いので、簡単に作業にとりかかることができるでしょう。

 


●正しい掃除機のかけ方
絨毯の掃除に掃除機を使う方が多いでしょう。なんとなく使っている掃除機ですが、正しい掃除機のかけ方があります。かけ方ひとつ変えることで、効率よく掃除することができるのです。

 

掃除機は、絨毯の毛を目元から起こすようにかけるのがいいといわれています。毛並みにそっているだけだと、絨毯の毛の中に埋もれているホコリを取ることができません。また、押さえつけたり、叩いたりしても逆効果になってしまうので、注意しましょう。

 

絨毯の毛が短いとホコリが入りこむ範囲も狭いので、掃除しやすいです。

 


●洗剤や重曹を使った絨毯の掃除方法
正しい掃除機のかけ方をおさえたら、より掃除の完成度を高めましょう。

 

掃除機をかけるまえ、絨毯に重曹をかけておくと効果的です。重曹の細かい粉状が絨毯の中に入り込んでくれるので、小さな汚れも吸収することができます。

 


また、重曹は汚れをとるだけでなく、臭いの消臭もしてくれます。掃除の効率もあげて、臭いの問題も解決してくれる優れものです。手に入れやすいものなので、実践してみてはいかがでしょうか。

 

自分でもできる絨毯掃除。クリーニング業者にまかせるメリットは?

絨毯の掃除は自分でもできることがわかりました。では、クリーニング業者にまかせるメリットはどこにあるのでしょうか。

 

業者に依頼して得られるメリットは


・絨毯をキレイに掃除するだけでなく、ダニを寄せ付けないようにするなどの対策も可能
・素材にあったクリーニング方法で対応してくれる
・ほつれや破れなど傷んだ絨毯にも対応してくれる

 

などがあります。とくに大切にしている絨毯を依頼する意味は大きいといえます。

 

そこで、気になることがある場合は、相談してみるといいでしょう。些細なことでも丁寧に対応してくれます。

 

ハウスクリーニング110番は、無料で相談を受け付けます。気になることや心配なことは、まず相談してみてから検討するのもいいでしょう。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

カーペットのクリーニングを依頼したときの料金

カーペットや絨毯のクリーニングを依頼する場合に、まず気になるのが料金という方も多いのではないでしょうか?自分で行う手間が省けたり、プロの手によって掃除をしてもらえるといったメリットと作業料金を照らし合わせたときにコスパがいいと感じるか、納得できるかが重要になります。

 


ここでは依頼前に知っておきたい、料金の計算方法やコスト削減のコツを紹介していきます。

 

カーペットのクリーニングでかかる費用の計算方法

カーペットのクリーニングでかかる費用の計算方法

 

カーペットや絨毯のクリーニングを依頼する場合に、まず気になるのが料金という方も多いのではないでしょうか?プロの手によって掃除をしてもらえるメリットと作業料金を照らし合わせたときにコスパがいいと感じるか、納得できるかが重要になります。

 

ここでは依頼前に知っておきたい、料金の計算方法やコスト削減のコツを紹介していきます。

 

カーペットのクリーニングでかかる費用の計算方法
カーペットのクリーニングにかかる料金は、カーペットのサイズ、素材で決まる場合が多いです。

 

お掃除をするカーペットが大きければ、それだけ作業面積も広くなるので、その分費用がかかるのは簡単に想像できると思いますが、注目すべきはカーペットの素材です。

 

薄手のものと比べて厚手のものや毛足の長いもの、ウールやポリエステル、アクリルといった科学素材でできたものより、だんつう(中国の高級品)のカーペットの方が料金が高くなる傾向にあります。また、ペルシャ絨毯やシルクなどでできた高級絨毯の場合は、さらに費用がかかることもあります。

 

カーペットクリーニングの費用をおさえるコツ

カーペットのクリーニングにかかる費用をおさえるためには、日々のお手入れがかかせません。

 

お手入れの頻度は、掃除機を使った清掃を週1回程度、おこなうようにしましょう。これをベースに、もし目立った汚れがある場合は半年に1回の洗濯をするようにします。カーペットのタグを確認して適切な方法で洗濯をしていきましょう。自宅の洗濯機では対応できないこともあるので、そのときは業者に頼るのもひとつの方法です。また、半年に1回は屋外で干してホコリをたたき出すことも大切です。

 

暖かくなってくるとカーペットを押入れにしまうことになると思いますが、保管方法にも注意が必要です。風通しの良い場所に保管すること、折りたたむことは避けて、丸めて保管することがポイントです。

 

カーペットのクリーニングを業者に依頼するにはどうしてもお金がかかってしまいます。毎回業者に依頼していてはコストがかかりすぎる…とお考えの方は多いでしょう。しかしお手入れは、自分でできることが大半です。日頃からしっかりとお手入れするとともに、必要時に業者に依頼するというのも賢い選択です。

 

カーペットのクリーニングでお悩みのときにはいつでもご相談ください

ここぞ!というときに使いたいカーペットクリーニング。業者に依頼するときは、まずは金額を把握しましょう。

 

HPなどで大体の金額が分かる場合もありますが、具体的な金額を知るためには見積もりが有効です。ハウスクリーニング110番では、無料の現地お見積り、見積もり確定後の追加料金なし、見積もり後のキャンセル可能といったサービスで、皆様に安心してご利用いただけます。

 

「金額を知りたい」というご要望に応える段階では、お金が発生する心配はありません。まずは相談・見積もりから始めてみませんか?

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

24時間365日サポートいたします

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード 使用可能です。

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0800-805-7258
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地お見積りの依頼