最新情報・レポート

ハウスクリーニングに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

年末の定番!大掃除をスムーズに進めるコツ

年末の定番!大掃除をスムーズに進めるコツ

年末が近づいてくると考えなくてはいけない大掃除。掃除が苦手な人は毎年大変な思いをしていることでしょう。日頃掃除しない場所を一気に掃除するため、落ちにくい汚れを何度も擦ったり、掃除しにくい場所も行わなければならなかったりと疲れてしまうことも少なくありません。

 

そんな大掃除もしっかりと準備や計画をすれば、スムーズに行うことができます。今回は掃除の基本をおさらいしながら年末の大掃除をスムーズに進めるコツをご紹介していきます。

 

 

まずは掃除の基本を確認

掃除の基本は全部で5つあります。1つずつ見ていきましょう。

 

・上から下へ掃除する

これは聞いたことがある人が多いと思います。ホコリは空気より重いため、上から下へ落ちていきます。そのため先に低いところから掃除してしまうと、高いところを掃除したときに、また低いところがホコリまみれになってしまいます。それでは2度手間になってしまうため基本は上から下へ掃除をしましょう。

 

・奥から手前へ掃除する

あまり知られていないかもしれませんが、これも掃除の基本です。奥から掃除することで、掃除した場所を踏むことなく掃除を終わらすことができます。そうすることで、汚れた足で掃除した場所が汚れてしまう可能性がなくなるので、2度手間にならずに済みます。特にワックスを使う場合はこの方法で掛けましょう。手前から掛けてしまうとワックスが乾ききるまで、身動きが取れなくなってしまいます。

 

・洗剤を使う場合は直接吹きかけないト

水拭きやモップなどでは落ちにくい汚れに洗剤を使うと思います。その洗剤を掃除するものに直接吹きかけることはやめておきましょう。直接吹きかけてしまうと、洗剤の種類によっては材質を傷つけてしまう恐れがあります。そのためまずはスポンジや雑巾に含ませて、少しずつ掃除していき、洗剤が材質を傷つけないか確認してから洗剤を使うようにしましょう。

 

・洗剤を使うときや拭き取るときは下から上へと

洗剤を使った掃除の際は、基本的に下から上へ行いましょう。ホコリのときとは逆になりますが、上から下へ行うと、液ダレが掃除箇所以外に付くことがあり、付いた材質が傷ついてしまうこともあるため、基本的に下から上へ行いましょう。

 

・洗剤を使う作業は軽い汚れから酷い汚れへ

材質への傷つきの判断は素人には難しいです。そのため最初は弱めの洗剤を使いましょう。それでも落ちない場合は、少し強い洗剤へ移動していき、落ちる洗剤を使うことで材質へのダメージを最小限に抑えることができるでしょう。

 

大掃除をスムーズに進める計画の作り方

大掃除をスムーズに進める計画の作り方

大掃除をスムーズに行うために計画を作る必要があります。3つのステップで計画をしていくと、大掃除がスムーズに進められることでしょう。

 

・ステップ1:家の中を理解する

まずは大掃除する家の中を理解しましょう。理解するために必要なのは、部屋を俯瞰で見ることです。いわゆる物件屋などでみる間取り図を書きましょう。まず間取りを書いて、その中に置いてある家具を書き込みます。そうすると大掃除を行うべき場所が見えてきます。

 

・ステップ2:掃除する順番を決める

掃除する場所を確かめたら、掃除をする順番を決めていきます。掃除をする順番は掃除の基本を守るために、上から下へと奥から手間を考えながら決めていきます。そのため照明やカーテン、換気扇などの高い位置にあるものは先に掃除し、そのあとに棚や床などの掃除をしましょう。またこのときにいつその場所を掃除するか決めておくと実行しやすいです。1日ですべて終わらせようとすると、掃除が雑になる恐れがあるので、極力数日に分けて、掃除が負担にならない程度に行いましょう。

 

・ステップ3:必要な道具を行う前日までに揃える

大掃除当日に掃除道具を購入していては、それだけで満足してしまい計画通り大掃除が進まない可能性があります。そのため大掃除をする前日までに掃除道具を揃えておきましょう。そうすることで当日はやらなければいけないという使命感で、掃除嫌いな人でもさぼることなく行うことができます。

 

大掃除をはじめる前の準備

前章の「ステップ3」で必要な道具を揃えると言いましたが、どんな道具が必要なのでしょうか。まず掃除道具を準備しておくときに考えることは、掃除する箇所で使う道具も洗剤も変わることです。洗剤によって効果のある汚れが違うため、汚れに対応したものや専用の洗剤が売られています。そのためそれぞれの物を必ず用意しましょう。また掃除道具も掃除箇所に適したものがあるので、購入して使用すると掃除のスピードが上がります。

 

掃除道具以外で準備しておくことは、年末のゴミ回収日をチェックしておきましょう。掃除したは良いものの、ゴミの回収が来年では掃除したゴミを家に残したまま年越しになってしまいます。そのため大掃除日を決めるときは、ゴミの最終回収日も頭に入れながら決めましょう。

 

年末大掃除を進める順番

年末大掃除を進める順番

前章で軽く触れていましたが、年末の大掃除をスムーズに進める順番をご紹介します。順番を決めるポイントは、掃除の基本である上から下へと奥から手間以外にも2つあります。

 

・不用品の処分は最初に行う

不用品の処分を最初に行うことで、大掃除できるスペースを広くすることが目的です。また不用品があると、その不用品をまた動かしたときに汚れてしまう恐れがあるので、先に処分しておきましょう。

 

・キッチンや水回りから始める

キッチンは食べかすや油汚れなどが多いため、掃除中に床や他のものに飛ぶ恐れがあります。そのため最初に行っておくと、掃除したものに汚れが付き、再度掃除することがなくなります。また風呂場や流しなどの水回りは、掃除中に水が飛ぶことが考えられるため、できるだけ最初に掃除を行いましょう。

 

この2つのポイントからと掃除の基本から順番を考えていきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?年末の大掃除は今まで掃除していなかった分、溜まっている汚れも強力でしつこいです。掃除の基本や掃除する順番などのポイントをしっかりと理解して大掃除を行わなければ、時間ばかりかかってしまいます。そのため計画的に1つずつ終わらしていくことで、途中で面倒にならずきれいにすることができます。また事前の準備をしっかりしておくことも大切で、準備を怠ると当日掃除道具を買いに行く羽目になるかもしれないので、しっかりと準備をして年末の大掃除に臨みましょう。

0800-805-7258
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

24時間365日サポートいたします

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード 使用可能です。

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0800-805-7258
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地お見積りの依頼