最新情報・レポート

ハウスクリーニングに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

ハウスクリーニングの料金の相場はいくら?

ハウスクリーニングの料金の相場はいくら?

 

ハウスクリーニングの料金の相場はいくらぐらいかご存じでしょうか?賃貸物件のオーナーや賃貸物件に住まれている方は、退去の際に差し引かれるハウスクリーニング代が気になる所です。ハウスクリーニングは個人宅を綺麗にしたいと思った際にも利用することもできます。ハウスクリーニングを行うことで、普段の清掃で手の届かない箇所もプロが綺麗にしてくれます。今回はハウスクリーニングについての説明を行い、料金の相場や安くする方法、業者を選ぶ際のポイントなどをご紹介いたします。




ハウスクリーニングとは

ハウスクリーニング専門の会社が、特殊な洗浄液や機材を使い部屋の掃除を行うサービスです。自分でする掃除とは異なる作業方法で行うため、洗浄力の差が大きく違ってきます。家事代行というサービスの中にも部屋の清掃はございますが、こちらの場合は自宅にある一般的な掃除機や洗剤を用いて行う掃除のため、自分で掃除を行う場合とあまり大きな差はありません。


ハウスクリーニングでは専門技術を持ったプロが清掃を行うため、私たちが普段手の届かない箇所まで清掃してもらうことが可能です。レンジフードやエアコンの内部、水回りのサビやアカなど、しつこい汚れも専用の洗剤や機材を使用するためより綺麗になります。


ハウスクリーニングは賃貸物件を退去する際にも行われます。入居時の契約により異なりますが、借主の原状回復としての義務であることが多いです。ハウスクリーニングの種類は主に2種類に分けられます。


・空室クリーニング

賃貸物件に新しい入居者が入る前に行う原状回復を目的とした清掃作業です。キッチンやトイレ、壁や天井まで部屋全体を掃除します。


・在宅クリーニング

入居者がいる部屋を清掃するサービスです。家電製品や家具などが置かれた状態で、部分的な清掃を依頼者の希望に応じて行います。換気扇やバスルームなど、普段の清掃では綺麗にすることが困難な箇所を清掃する際に利用されることが多いです。


ハウスクリーニングの料金の相場

ハウスクリーニングの料金の相場

 

ハウスクリーニングの料金の相場は部屋の広さや間取りによって異なります。部屋が広いと作業箇所も多くなるため、料金の相場も上がります。空室クリーニングか在宅クリーニングかによっても料金は違います。空室時の方が比較的相場は安くなることが多いです。家に何も置いていないため作業を楽に行うことができ、家財道具などを汚す心配もなく、作業の時間帯を自由に調整するこができるからです。


家全体のハウスクリーニングを行うよりも、エアコンや浴室など部分的な清掃の方が相場は高くなる可能性があります。部屋全体をまとめて依頼した方が綺麗になる箇所も増え、費用も抑えることができるでしょう。


ハウスクリーニングには時期によって繁盛期と閑散期があります。繁盛期は新年度の引っ越しなどが多くなる3月頃、大掃除が行われる12月頃となります。3月頃は引っ越しの関係で依頼が集中するため、希望の日時に予約を取ることが難しくなるため注意が必要です。料金の相場も閑散期の方が安くなるため、これらを考慮して依頼するようにしましょう。


ハウスクリーニングの費用を安くする方法

・まとめて依頼する

部屋の一部を清掃するよりも、家全体のクリーニングを依頼する方が料金を抑えることができます。ハウスクリーニングを行う際は、同時に複数の箇所を綺麗にしたいと思った場合に行うと良いでしょう。賃貸住宅の退去時は家全体の清掃が基本になりますが、居住中の住宅ですとまとめて依頼することで、費用を抑えることができます。


・閑散期を選ぶ

先ほども述べたようにハウスクリーニング業界には時期によって繁盛期と閑散期があります。そのため繁盛期である3月、12月付近を避けることで費用を安く抑えることができるでしょう。エアコンの使用頻度が減る6月や11月も小規模な繁盛期となることがあるため注意が必要です。


・複数の業者から費用の見積りをする

ハウスクリーニング業者に依頼する際には、複数社から見積りを取ると良いです。サービス内容や価格体系は業者によって異なることが多いため、見積り業者を増やすことでより安く済む業者を見つけることができます。複数の業者に依頼することで選択の幅が広がり、費用だけでなくサービス内容もより良い業者を選ぶことができるでしょう。


業者選びのポイント

業者選びのポイント

 

良いハウスクリーニング業者を選ぶ際には、見極めるポイントがいくつかあります。ハウスクリーニング業者の広告はネット上にいくつもあるため、ネット広告で価格を比較されることが多いです。そのため価格の安さをアピールしている広告が目立つようになります。


広告上では相場より安いと載っていたとしても、料金の表示が何円~となっている場合には注意が必要です。このような場合は最低料金を表示していることがほとんどなため、現場の汚れなどから料金が加算されていきます。結果的にあまり安くなかったとなりかねません。問い合わせする際に、どのような汚れで料金が加算されるのかなどを事前に聞いておきましょう。明確にされていない場合は曖昧な料金で加算されてしまう恐れがあるので注意が必要です。


ハウスクリーニング業者が損害保険に加入しているのかの確認も必要です。清掃中に室内に傷がつく場合や、汚れが付いてしまうと物件の資産価値が下がってしまいます。そのような事態を避けるため、業者は損害保険に加入しているケースがほとんどです。しかし、料金の安い業者は保険に加入していない場合もあるので注意が必要です。問い合わせや見積りを依頼する際に、損害保険加入の有無を確認しておくとトラブルを未然に防ぐことできます。


まとめ

ハウスクリーニングの料金の相場は状況やご自身の目的によって異なります。相場を把握しておくことで費用をより抑えることができるでしょう。時期や方法にも気を付け、複数の業者に見積りを依頼することも大切です。自分で相場を理解しておくことで、費用の交渉を行うこともできます。業者を選ぶ際にはいくつかのポイントに注意することで、信頼できる業者に出会えるでしょう。


0800-805-7258
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

24時間365日サポートいたします

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード 使用可能です。

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0800-805-7258
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地お見積りの依頼