最新情報・レポート

ハウスクリーニングに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

アパートのハウスクリーニングをお得に

アパートのハウスクリーニングをお得に

アパートのハウスクリーニングは、転居時に必要となるものであり、次に利用する方が気持ちよく入居するために行うものです。賃貸住宅から転居経験がある方は、ハウスクリーニング費用を気にしてキレイに部屋を修繕された経験をお持ちではないでしょうか?壁紙などをはがしてしまったりすると、どうしよう?と不安になられた方も多いかもしれません。

今回はアパートのハウスクリーニングについてご紹介します。もし、高額な費用を請求されたときの対処法までお伝えします。

 

 

 

 

ハウスクリーニングって何をするの?

アパートのハウスクリーニングと聞いて、どんなことをするのかご存じでしょうか?ハウスクリーニングとは、アパートやマンションなどの賃貸の部屋を引っ越す時に、部屋の全体をキレイに掃除することです。その部屋を借りる次の人にキレイな状態で引き渡しをするために、必要なものです。

ハウスクリーニングは、掃除を本業としている業者が作業を行います。賃貸住宅の入転居が集中する春先や年末はどの業者も忙しくなるので、なかなか予約が取れないこともあります。

では、ハウスクリーニングではどういった所を掃除するのかを詳しくみていきましょう。
掃除箇所は、玄関・キッチン・ダイニング・換気扇・浴室・トイレ・洗面所・ベランダ・窓やサッシ・廊下・階段などの床や壁・エアコンなどです。換気扇やエアコンなどは内部の汚れまでキレイに取り除きます。エアコン内部の洗浄なども含まれていることが多いです。

その他に、クリーニングで出たゴミの処理・天井や屋根裏・床のワックスがけ・浴室のカビ防止コーティング・ロフト・クロスの張替え・障子の張替え・畳の張替えなどがオプションとして追加されることがあります。部屋の状態に合わせて作業内容も異なります。

作業期間は1~2日程度です。ただ、クロス張替えなどを行う場合は長くなるでしょう。

 

 

費用は入居者が払うべき?

費用は入居者が払うべき?

アパートのハウスクリーニング代は、入居者が支払うのが義務なのでしょうか?
基本的には、ハウスクリーニングを必要としているのは、部屋を管理する賃貸オーナーです。そのため、転居する現在の入居者が支払う義務は本来ありません。

そして、アパートのハウスクリーニング代のトラブルが多いので、「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」というものを国土交通省が定めていますが、入居者が負担するとは明記されていないのです。

しかし、多くが賃貸契約に「転居する場合にはハウスクリーニングを行うこと」と記載されており、敷金や保証金からその費用が差し引かれるようになっています。また、「家賃1ヶ月分を徴収する」と記載されていることもあります。そのため、入居者が負担していることがほとんどなのです。

内部の掃除までであれば、さほど費用は発生しません。しかし、本格的に壁紙を張替えたり、フローリングのワックスがけをしたりする場合は費用も多く発生します。そのため、ハウスクリーニング代でトラブルになるケースが今も多く発生しています。

 

 

費用は部屋の造りによって変わる

アパートのハウスクリーニング費用は、部屋の大きさや部屋の状態で異なってきます。ワンルームや1Kといった部屋では作業範囲も狭いので、その分価格も安いです。そして、2LDK・3LDKと部屋数が増えれば作業する人数も増えるので金額も高くなります。部屋の状態も、壁紙がはがれていたり、障子に穴があいていたりすればその修繕費がかかるでしょう。

そして、住んでいる時と空室の状態でも大きく費用が違ってきます。それは、家に何もない空室の状態の方が作業しやすい、家の中のタンスや家財に養生する手間がない、住んでいない時の方が、作業する時間帯も自由であることが理由として挙げられます。住んでいる時にハウスクリーニングを依頼すると、空室時よりも20~50%も費用が高くなるとされているので注意が必要です。

 

 

ハウスクリーニング代を安く抑えるには

ハウスクリーニング代を安く抑えるには

アパートのハウスクリーニング費用を抑える方法をご紹介しましょう。

 

① 壁紙の汚れに注意して掃除を行う
転居時に、請求されるハウスクリーニング費用には原状回復として、「壁紙の汚れ」が多く挙げられます。しかし、生活しているなかで自然とできた汚れなどは費用の対象にはなりません。壁に画びょうを差した跡が残ったり、ひっかき傷をつけたり、汚れ、落書きなどがあると負担になります。

そのため、できるだけ印象をよくするために、壁をキレイに掃除しましょう。自分で修復できる部分は修復をしましょう。画びょうの穴や壁紙のはがれ・傷の修復には、ホームセンターで専用のコーキング剤やボンドを使用することをおすすめします。ほとんど分からないぐらいに修復することも可能です。

 

② 管理オーナーと交渉してみる
生活しているなかでおこる傷や汚れであることを主張し、自然についたものであることを伝えましょう。管理会社やオーナーはそういったケースが多くあるので、安くしてくれることは十分に考えられます。少しでも、金額に納得いかない場合は、交渉してみることをおすすめします。

 

③ ハウスクリーニング業者を比較する
ハウスクリーニングを行っている業者はたくさんあり、そのサービス内容も様々です。数ある業者から、安心してまかせられる業者を探すことが大切です。その手段として、複数の業者で見積もりをとり、料金を比較することもおすすめです。

 

④ 閑散期を狙う
引っ越しが多くなる、年末や春先はハウスクリーニング業者も忙しくなります。そのため、予約もなかなか取れない状態になり、金額も高いです。そのため、それ以外の閑散期を狙って依頼しましょう。エアコンが設置されている部屋の場合は、エアコンの利用をしない6月~11月を狙うのもおすすめです。

 

 

業者ってどうやって選ぶの?

実際にアパートのハウスクリーニングを業者に依頼する時にどんなポイントを押さえればよいのかご紹介します。

 

① 相場より異常に安い費用の業者には気をつける
ネット広告などでは、安さを売りにしている業者もいます。「相場よりも安い」と書かれていれば、誰でも魅力に感じます。しかし、その後に何が追加される可能性があるのかを確認する必要があります。「最終的には金額が高くなった」ということにならないように、現状を見てしっかりとした見積りを出してもらいましょう。

 

② 作業するスタッフは信頼できるか
ハウスクリーニングは、主に人が行う作業です。そのため、その人の掃除のスキルなどが重要となるのです。入社してすぐの新人であれば、質の低いサービスになる可能性があります。しっかり研修が行われているか、どんなスキルを持っているのかなども確認しましょう。

 

③ 大手よりも地元に精通した業者に依頼を
誰もが知る大手の業者から地域に精通した小さな業者まで、さまざまな業者があります。ただ、知名度があるからといって安心とは言えません。電話の対応や、見積り時の接客態度などを比較して選びましょう。

 

④ 損害保険に入っているか
アパートなどに入って作業をするので、エントランスや通路などに傷や汚れをつけることも考えられます。その事態を防ぐために、多くの業者が損害保険に加入しています。ただ、なかには未加入のところもあるので確認しましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?今回は、アパートのハウスクリーニングについてご紹介してきました。ハウスクリーニングは、その部屋を次に利用する方が気持ちよく入居するために必要なものです。ただ、その費用は前入居者が負担することがほとんどです。
業者に依頼する際は、少しでも安く、かつ確実な作業を行ってくれるかを確認してみます。まずは、見積もりをとってみる、相談してみるということからはじめてみてもいいでしょう。

 

0800-805-7258
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

24時間365日サポートいたします

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード 使用可能です。

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0800-805-7258
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地お見積りの依頼