ソファークリーニングの費用や業者選び

2018.02.09

ソファークリーニングはどう行う?業者による流れと依頼すべきタイミングをまとめます

飲み物をこぼしたり、食べ物をボロボロと落してしまったり。日々使用するなかで、うっかりとソファーを汚してしまうことがあります。食べ物には気をつけていても、手垢やカビなどの汚れを完全に防ぐのは容易ではありません。ソファークリーニングはどのような流れで行い、どんなときに活用するとよいのでしょうか?まずはソファークリーニングの基本的なことについて知っていきましょう。

 

業者が行うソファークリーニングの流れとは?

業者が行うソファークリーニングの流れとは?

 

ソファーの素材によって掃除方法は異なりますが、ソファーを業者に掃除してもらうと、ハウスクリーニングのプロだからこその技術を使ってきれいにしてくれます。クリーニング方法の一例をご紹介します。

 

1. ゴミやほこりを取り除く

まずは大まかに表面の汚れを取り除きます。

 

2. ソファーのシミを取る

特別な洗剤を使って、シミを抜いていきます。

 

3. 洗剤の散布とブラッシング

この段階では、多くの業者がリンサー方式と呼ばれる方法を使います。リンサー方式ではソファーに洗剤を散布し、洗剤と汚れを吸引しながらブラシで磨き上げるので、短時間で汚れをきれいに落とすことができます。

 

4. 最後の仕上げ

タオルで水分を拭き取ったあと、ソファーを自然乾燥させます。

 

ソファークリーニングのメリット!こんなときは依頼がおすすめ

ソファークリーニングのメリットは、なんといっても面倒のかからなさです。買い替えする場合に面倒な解体作業や搬出入の作業も必要ありません。また、買い替えるよりも安上がりで済むのも嬉しいポイントです。手間いらずにきれいなソファーを取り戻したい!でもあまりお金をかけたくない!そんなときにおすすめなのがクリーニングなのです。

 

ソファークリーニングはさまざまな場面で役立ちます。たとえば、ジュースを盛大にこぼしてしまったとき。液体はすぐに溝や隙間という隙間に入り込んでしまうので、掃除することは簡単ではありません。さらに、ジュースは水と違って臭いも粘り気もあるため、ゴミがこびりつく原因になります。汚れが拡大する前に、早めにクリーニングしておきたいところです。

 

大切な来客を招く前にも大活躍です。ソファーは来客に座っていただく重要な家具です。そんな家具に汚れが目立っていたら、お客様はどう思うでしょうか?清潔感のあるリビングで気持ち良くお出迎えするには、クリーニングが大切です。

 

ハウスクリーニング110番にまかせて安心!

存在感の大きなソファーは、ジュースやお菓子をこぼしたり、何度も何度も座ったりすることでだんだんと汚れていきます。買った当初は汚れもなく気持ちよく使えていたのに、最近はなんだか薄汚れてきた…と感じることはありませんか?

 

ソファークリーニングのプロにまかせることで、汚れていたソファーも元通りになり、すっきり快適に使うことができます。「ソファーの汚れが落ちない」「クリーニングに手間をかけたくない」「素材に合った掃除方法が分からない」ソファーについてお悩みがある方は、ぜひソファークリーニングを依頼してみませんか?

 

ソファークリーニングを依頼したときの料金

多くの方が気になってしまうであろうクリーニングの費用。汚れの程度などで状態は大きく異なるので、依頼をする前に正確な費用を予測するのは非常に難しいでしょう。しかし、使われる素材や、ソファー自体の大きさが分かれば、ある程度どれほどの相場なのかを見積もることは可能です。費用の計算方法や業者選びの注目ポイントなどを見ていきましょう。

 

ソファーのクリーニングでかかる費用の計算方法

ソファーのクリーニングでかかる費用の計算方法

 

とりあえず費用を知りたい!そんなときは、2つのポイントに注目しましょう。

 

・ソファーの大きさ(作業時間)

ソファーの面積によって、作業にかかる時間や洗浄の手間が変わります。ソファーが大きければ大きいほど、クリーニング費用は高くなる傾向にあります。

 

 

・ソファーの素材

ソファーには、布やレザー、ビニールなどさまざまな素材が使われています。素材によって清掃方法や使う洗剤が異なるので、費用が大きく変わることがあります。肘掛や脚の部分にもさまざまな素材が使われているので、細部まで注目するとよいでしょう。

 

そのほかに、特殊な形をしているソファーや、防ダニ・ノミ加工や防汚加工など特別な施工をする場合には、追加料金が発生する可能性があります。ソファーではなく椅子のクリーニングの場合も料金が異なってくるでしょう。

 

業者もお客様のソファーの状態を見ないとクリーニングの方法をしっかりと決められません。ソファークリーニングの費用を詳しく知りたいときは、見積もりをするのが一番です。

 

ソファークリーニングを依頼する業者選びのポイント

初めてソファークリーニングをするときや、安心できる業者の選び方が分からないときは、どこに依頼すればよいのだろう…と不安ですよね。業者選びで重要になるポイントを見ていきましょう。

 

・お家にあるソファーの材質を得意とする業者を選ぶ

ソファーの素材によってクリーニング方法が異なります。業者によっては、革製のソファーの清掃を得意としていたり、布製の素材を得意としていたりとさまざまです。実績や施行例をチェックして、ご自宅のソファーも安心して任せられそうかを判断しましょう。

 

・取りたい汚れの除去を得意とする業者を選ぶ

ジュースなどの飲み物の汚れや、隙間に埋まったホコリ、染みなど、ソファーにはいろいろな汚れができます。お家のソファーの汚れをきちんときれいにしてくれそうな業者を見つけましょう。

 

ソファークリーニングで大切なのはこまめなお手入れと業者への依頼

ソファーのサイズや使われている素材によってクリーニングにかかる費用が変わることがわかっても、自分で費用を予測するのは難しいものです。クリーニングの費用をもっと詳しく知りたい方、ぜひ見積りから試してみませんか?

 

ハウスクリーニング110番では、無料見積もりができ、ソファーの汚れについてご相談もしていただけます。相見積りで他の業者の費用やクリーニング内容について比較していただくことももちろん可能ですので、安心してご利用いただけます。ソファークリーニングを信頼して任せられる業者を見つけたい!と思ったら、まずはハウスクリーニング110番にご連絡ください。

 

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

24時間365日サポートいたします

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード 使用可能です。

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0800-805-7258
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地お見積りの依頼