ハウスクリーニング110番トップページ > 最新情報・レポート > カーペットの染み抜き

最新情報・レポート

ハウスクリーニングに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

カーペットの染み抜き

カーペットには様々な汚れが付着します。中でもお食事の際の汚れは染みとして残りやすいものです。 例えばコーヒーやソースのような色の強いものはその代表格です。また、ご飯粒など粘着質のものをこぼしたまま放置すると、乾燥してこびりつき、そのままでは取り除けない事もあります。 また、絨毯の繊維の間には、ホコリなどが溜まりやすく、汚れと合わせてゴキブリなどの栄養源になることもあるので注意が必要です。 自分で掃除を行う場合は、染みなのか、こびりついた汚れなのかで対処が変わってきますし、同じ色の強いものでも、コーヒーは水溶性の汚れですが、ソースは油が主体の汚れですので、同じやり方では汚れを落とすことは出来ません。 また、染みに対しては汚れを落とせばいいということで、塩素系の漂白剤を使ったり、有機溶剤を使用される方がいますが、漂白剤を使用すると、確かに染みの色素は取り除けるかもしれませんが、同時に絨毯自体の色を抜いてしまう危険性があります。 有機溶剤の場合も同様で、換気に気をつけないと中毒を起こす事もあります。 汚れの種類、絨毯の材質、それらを全て把握してから作業できる人は少ないと思いますが、プロのハウスクリーニング業者にお任せ頂ければ、それらを把握した上で作業を行い、汚れを丁寧に、迅速に取り除きます。 汚れの種類がわからなくても、汚れたのがいつかわからない場合でも、どうぞ安心してご相談ください。

0800-805-7258
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問