ハウスクリーニング110番トップページ > 最新情報・レポート > キッチンの汚れ

最新情報・レポート

ハウスクリーニングに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

キッチンの汚れ

そろそろ年末も近づき、大掃除を計画している方も多いでしょう。色々とやらないといけない部屋の掃除の中でもキッチンはつい後回しにしてしまうようで、知らない間に壁や換気扇についた油汚れは触る気も起きなくなってしまいます。 そんな油汚れを落とすにはアルカリ性の洗剤を利用します。油汚れは主に酸性の汚れなので、アルカリ性の洗剤で中和するのです。 しかしただ洗剤をつけるだけでは汚れは落ちないので、お湯と袋や入れ物を利用します。まず袋や入れ物に油汚れがついたものを入れ、そこにアルカリ性洗剤とお湯を流し込みます。袋なら口を縛り、入れ物であれば蓋をしましょう。こうすることで洗剤の効果がよく出ます。 しばらく放置した後で取り出すと油汚れが浮いているので、ブラシなどでこすってこれを落としましょう。 こういった洗剤に浸ける方法ができないものはお湯で濡らしたキッチンペーパーに洗剤を噴きかけ、それを汚れに貼り付ける方法があります。剥がした後で布で拭き取れば綺麗になります。 油汚れの掃除だけでなく、掃除はなるべく自分でした方が良いのかもしれませんが、汚れをためてしまった場合はこの方法でも綺麗にならないかもしれませんし、そもそも油汚れに触るのがどうしても嫌な場合は業者に頼むことも1つの手段です。部分的にだけクリーニングをしてくれる業者もあるので、その業者に年末の大掃除を助けてもらうのはどうでしょうか。

0800-805-7258
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問