ハウスクリーニング110番トップページ > 最新情報・レポート > シンク・流しの錆び対策

最新情報・レポート

ハウスクリーニングに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

シンク・流しの錆び対策

一般的に流しにはステンレスシンクという錆びにくい素材が使われています。ステンレスの表面には酸化皮膜という酸化されにくくなる膜があり、ステンレスを精製する過程でクロムという金属を混ぜることで酸化皮膜は自然に発生するようになります。このように錆びにくいステンレスですが絶対に錆びないというわけではなく、錆びてしまうことがあります。錆びには大きく分けて「もらい錆」「直接シンクに出る錆」の2種類あります。 まずもらい錆とはシンクの上にものを置きっぱなしにしてしまうことで発生する錆のことです。例えば空き缶や鉄製のフライパンなどを置きっぱなしにすることで錆が移ることがあります。プラスチック製品であっても同じものを一定の場所に置いたままにしておくと、接地面に酸化物質が潜り込み錆びが発生しやくなります。つまりシンクの上にあるものは、ちゃんと片付けることで、錆の発生を防ぐことに繋がります。 次にシンクに直接発生する錆ですが、これは目の粗いたわしなどで必要以上に洗ってしまうと酸化皮膜が剥がれてしまい、ふたたび酸化被膜が発生する前にサビが発生してしまうというものです。シンクの汚れはついゴシゴシ洗いがちですが、実は洗いすぎても錆が発生する可能性を高めてしまうようです。ステンレスは徹底的な管理よりも適度な管理が良いのかもしれません。 それでもどうしても錆びが発生してしまうことはもちろんあると思います。自分だけではきれいに落としきれないことも、そんなときは思い切ってハウスクリーニングを利用してみてはいかかでしょうか。

0800-805-7258
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問