ハウスクリーニング110番トップページ > 最新情報・レポート > 夏に注意すべきカビの汚れ

最新情報・レポート

ハウスクリーニングに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

夏に注意すべきカビの汚れ

厳しい暑さが各地で続いています。毎年のように天気予報では「猛暑」「酷暑」という言葉が聞かれていますが、 夏はこの暑さで気温はもちろん、水温も他の時期に比べて高くなる傾向にありますので、油汚れなどを落とすには持って来いの時期です。 油汚れは水で落とすことが出来ますが、冬の冷たい水ではかえって油汚れを固めてしまいますので、キッチン周りの油汚れは冬の大掃除の時期ではなく、夏の水温の高い時期に一気に落としてしまうと良いでしょう。 一方で夏には注意しなければならない汚れもあります。それがお風呂場のカビ汚れです。 お風呂でお湯を使うとそれだけでお風呂場は湿気を溜め込みます。お風呂を出た後に換気扇を使わないとこの湿気がいつまでもお風呂の中を回ることになり、カビの発生・増殖を進めてしまう原因となります。 一度カビが付いてしまうと落とすのには大変な苦労が必要になってしまうものですので、カビを防ぐためにもお風呂場は常に換気を心がけましょう。 これだけで湿気を外に逃してカビの増殖を防ぐことができます。 しかし、普段の家事の範囲でカビによるしつこい汚れを落とすのは至難の技です。そこでオススメなのがハウスクリーニングを利用することです。 経験を詰んだスタッフによる清掃なら、しつこいカビの汚れを一掃することができます。 思い切ってキレイにしたい場所があるならば是非ハウスクリーニング110番をご用命ください!

0800-805-7258
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問