ハウスクリーニング110番トップページ > 最新情報・レポート > 頑固な汚れの落とし方

最新情報・レポート

ハウスクリーニングに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

頑固な汚れの落とし方

家のお掃除をしていると、簡単には取れない汚れに出会うことがあります。 常に掃除をしているつもりでも、細かいところまで目が届いていないという場合、長い年月を経て汚れが固着してしまうことがありますが、これらの汚れは簡単に落とすことが出来ません。 今回は、そんな頑固な汚れの一例をご紹介します。

1:お風呂場の水垢 お風呂場の鏡やカラン(蛇口)の表面に、白い汚れが浮いているのが気になっていませんか?これは水垢です。ただ、水垢の主成分は、水道水中の石灰分が主になっていて、まるで石のように鏡やカランの表面に固着してしまいます。通常のお風呂用洗剤やスポンジでは、こすっても落ちないことがほとんどです。また、強く擦ったことにより傷がついて、より汚れやすくなる場合もあります。

2:換気扇の汚れ 換気扇の汚れの代表は、調理の際に出る油煙です。調理中は見えない揮発した油などは、周辺の空気とともに換気扇に吸い込まれ、羽根に吸着してしまいます。冷えて固まった油は、こすっても伸びるだけですから、漬け置き洗いをすることが必要です。

3:カーペットなどのシミ コーヒーやジュース、お醤油やソースなどの色の濃いものをこぼしてしまったカーペットは、繊維の奥深くにまでそれらを吸着してしまうますので、そのシミを落とすのは、簡単なことではありません。

これらの汚れに対しては、ハウスクリーニング業者の清掃サービスをご利用になるのがおすすめです。ハウスクリーニングのプロの清掃技術を活用して、家の中の頑固な汚れを一掃してみてはいかがでしょうか。

0800-805-7258
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問