ハウスクリーニング110番トップページ > 最新情報・レポート > エアコンクリーニングはいいことだらけ!お掃除方法や費用を徹底解説

最新情報・レポート

ハウスクリーニングに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

エアコンクリーニングはいいことだらけ!お掃除方法や費用を徹底解説

エアコンクリーニングはいいことだらけ!お掃除方法や費用を徹底解説

 

夏・冬を中心にご家庭で大活躍のエアコンは、その懸命な働きの分汚れが溜まっていきます。表面はきれいだから普段は気にならないかもしれませんが、お部屋のホコリがはびこり、ホコリなどの汚れを食べて繁殖するカビが大量発生していることも考えられます。

 

エアコンの汚れはニオイや病気、無駄な電気代などさまざまな弊害をもたらすので、やはり定期的にエアコンクリーニングして清潔さを保つことが大切です。

 

エアコンクリーニングをお考えの方が気になる、業者によるクリーニングのあれこれをお伝えします。業者ならではのクリーニング効果や、お掃除の手順、適切な時期、業者の選び方とともに、だれもが気になる費用についてもご紹介します。

 

 

業者のエアコンクリーニングで得られる3つの効果

エアコンには室内外のさまざまな汚れが溜まります。とくに多いのがホコリです。空気を出し入れするエアコンには、軽いホコリが舞って入ってくるのです。また、空気の温度調節をしているうえに内部は閉鎖的なので、エアコン内部には湿気が溜まりやすく、カビが一気に増殖することもあります。

 

ホコリやカビといった汚れはお部屋の住人にとってもエアコン自体にとっても害です。しかし、クリーニングをすることで害を撃退することができます。業者によるエアコンクリーニングがどのような効果を発揮するのでしょうか?ここでは主な 3つの効果をご紹介します。

 

自分では難しい細部までピカピカに

業者のクリーニングと自分のクリーニングとの一番の違いは、知識と技量です。業者の作業員はさまざまなエアコンを掃除してきた、いわばクリーニングのプロです。そのため、汚れが溜まりやすい箇所やしつこいカビの落とし方を知っています。

 

部品をひとつひとつ外して掃除するので、細部までしっかりと掃除をすることが可能です。自分では掃除するのが難しい熱交換器やシロッコファンなどの部品も、クリーニングのプロの手なら丁寧かつ安心です。さらに、使う道具も違います。業者によるクリーニングでは特殊な機材・洗剤を使って徹底的に洗浄することができます。高圧洗浄機がその代表例です。

 

病気やニオイの原因となるカビ・ホコリを撃退

カビやホコリを放置しておくと危険な原因のひとつが、アレルギーなどの病気です。病気がちな方やご高齢の方、小さなお子様が生活している場合には、エアコンに溜まった汚れにはとくに気を付けた方がよいでしょう。

 

カビ・ホコリはニオイの原因にもなります。ニオイに敏感な方にとってカビやホコリがもたらす悪臭はとても不快です。お部屋の住人がニオイに敏感でなくても、お部屋に来訪する友人や親せきの方がニオイに敏感だったりアレルギー持ちだったりすると迷惑になってしまいますので、掃除で対策をすることは重要です。

 

業者のクリーニングなら、フィルターはもちろんのこと、カビがこびりつく内部の掃除も徹底的におこなってくれます。お客様の要望によって、抗菌・防カビ対策などアフターケアも対応してくれるので、クリーニングと併せて利用してみるとよいでしょう。

 

冷暖房の効率アップで電気代を節約

エアコンクリーニングは家計にも優しいです。フィルターがきれいになれば空気が出入りしやすくなり、汚れによって力が弱まっていた機能も改善されます。結果、エアコンにかかる月々の電気代を節約することができるのです。エアコンクリーニングによって風量が30~40%上がるという統計結果があるようです。

 

業者に依頼する以上クリーニング費用はかかってしまいますが、長い目で見ればそれほど高い料金ではないといえます。定期的にエアコンクリーニングをすれば、エアコンを長持ちさせることもできるでしょう。

 

業者によるエアコン掃除の手順と時期は?優良業者の選び方もご紹介!

業者によるエアコン掃除の手順と時期は?優良業者の選び方もご紹介!

 

クリーニングのプロがおこなうお掃除方法はご存じでしょうか?実際に業者がおこなう方法と手順をご説明します。どの時期に依頼するのがベストなのか、信頼のおける業者を選ぶにはどのような方法があるのかについてもご紹介します。

 

エアコンクリーニングの手順

エアコンクリーニング業者のお掃除方法はこのような手順でおこなわれます。

 

  • ① エアコンのパーツを分解する
  • ② 分解したパーツを洗う
  • ③ シートでエアコンを覆う
  • ④ 専用洗剤をエアコン内部にかける
  • ⑤ 高圧洗浄機を利用して細部まで徹底洗浄する
  • ⑥ 奥深い箇所や隅に残っている洗剤を取り除く
  • ⑦ 要望に応じて、抗菌・抗カビスプレーを塗布する
  • ⑧ 試運転をして不備がないか確認する
  •  

    業者はクリーニング中には、洗浄中の汚れがお部屋に飛ばないようシートで覆ったり、クリーニング後のオプションサービスとして抗菌・抗カビスプレーを塗布してくれたりと、しっかりと配慮してくれます。そして、高圧洗浄機や専用洗剤で、自分での掃除では行き届かない部分までピカピカにしてくれるでしょう。

     

    エアコンクリーニングは春か秋がおすすめ

    エアコンクリーニングは年に1回おこなうのが理想です。となると、エアコンをたくさん使う夏・冬の時期に合わせてクリーニングをしようと思う方がいらっしゃることでしょう。しかし、エアコンクリーニングには時期が要注意なのです。

     

    本格的に使い始める直前の時期はだれもがクリーニングを依頼したいと考えるので、業者に予約できないケースがあるのです。とくに7~8月はクリーニング業者も忙しいようです。

     

    そのため、クリーニングは早い時期からおこなっておくことをおすすめします。エアコンを使う機会が少ない春・秋なら、クリーニング業者にも余裕があります。とくに、夏と冬が終わりかけ使用頻度が減ってきた時期に掃除をすると、汚れがこびりつく前にキレイにすることができます。

     

    安心できる業者選びをするならこの2つに注目

    業者にお任せするなら、できるだけ信頼度の高い業者に依頼したいものです。しかし、どうやって優良業者を見つければよいのでしょうか?ポイントとなるのは、「実績」と「相見積り」です。まず、業者のホームページや参考サイトを確認し、業者を利用した方の感想や施工例などから実績をチェックします。

     

    実績を見て気になる業者を数社に絞った後、相見積りをすることも重要です。各業者に電話し見積りをしてもらうと、それぞれの業者の対応や、実際にかかる費用を核にすることができます。費用が作業内容に見合っているかを比較しながら知ることができるので、一番信頼できそうな業者を見つけるのに有効です。

     

    気になる費用はエアコンのタイプによって違う!

    気になる費用はエアコンのタイプによって違う!

     

    エアコンクリーニングの費用を決める大きな要素は、エアコンの種類です。一般家庭で見られる、「壁掛けタイプ」「天井埋め込みタイプ」「自動洗浄機能付き」の3種類について比較します。

     

    壁掛け式エアコン

    最も一般的なのが壁掛け式のエアコンは、クリーニングの費用がほかの2種類に比べて安いことが多いです。相場としては、数千円~数万円ですが、業者によって費用は大きく異なります。詳しく費用を知るには、直接業者に確かめてみるとよいでしょう。

     

    天井埋め込み式エアコン

    天井埋め込み式は学校など大きな施設で使われることが多いですが、一般家庭でも使われています。このタイプは壁掛け式よりも数千円から数万円費用が高くなる傾向にあります。そして、天井埋め込み式のエアコンには1方向から風が出るタイプ、2方向から、4方向からといったように、風の出口の数がさまざまで、出口の数によって費用が変わることも考えられます。

     

     

    自動洗浄機能付きエアコン

    自動洗浄機能付きのエアコンは、掃除が楽になり、アレルギーなど汚れの影響を軽減させることができる優れものです。しかし、自動で洗浄するからといってすべての汚れがキレイになるわけではないので、定期的にクリーニングしましょう。

     

    自動洗浄機能付きの場合、費用は通常のエアコンに比べて高くなります。2倍ほどの値段になる業者もあれば、数千円増額になる場合もあり、依頼先によって費用はさまざまだといえます。

     

    まとめ

    エアコンにはびこるカビとホコリは、はたから見るとあまり気にならないかもしれませんが、内部にはびっしりとこびりついている可能性があります。これらの汚れはアレルギーや悪臭、機能の非効率化などさまざまな害をもたらします。

     

    しかし、エアコンクリーニングをすることでこれらの問題を一挙に解決することができます。業者の技術で隅々まできれいにし、依頼の時期は繁忙期を避けた春と秋がおすすめです。業者を選ぶときは相見積りを利用するなどして安心できる業者を選びましょう。

     

    業者を利用する際の費用は業者によって異なりますが、一般的な壁掛けタイプに比べ、天井埋め込みタイプと自動洗浄機能付きのエアコンは高くなる傾向にあります。これらのことを参考に、賢くエアコンクリーニングをおこないましょう。

    0800-805-7258
    • 他社との比較
    • お客様の声
    • よくあるご質問