ハウスクリーニング110番トップページ > 最新情報・レポート > フローリングのワックス選びのポイントを伝授!塗り方は3ステップ

最新情報・レポート

ハウスクリーニングに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

フローリングのワックス選びのポイントを伝授!塗り方は3ステップ

フローリングのワックス選びのポイントを伝授!塗り方は3ステップ

 

フローリングにツヤがなくなってきたり、滑りやすくなってきたりしたらワックスがけが必要な時期かもしれません。しかし、いざフローリングのワックスがけをおこなおうとすると、どのようなものを選んで塗ったらいいのか悩みますよね。

 

ワックスにはツヤ出し以外にもさまざまな効果をもつものがあるので、目的に合ったワックスを使う必要があります。今回はワックスがけをおこなおうとしている方のために、ワックスの効果や選びかた、さらには塗り方までご紹介します。

 

ワックスのことをしっかり理解して、見た目も美しい快適なフローリングを手に入れましょう!

 

 

ワックスにはどんな効果がある?

フローリングのワックスがけには、どのような効果があるのでしょうか?4つの効果をご紹介します。

 

汚れ防止

ワックスには、フローリングの汚れを防止してくれる効果があります。

 

フローリングにワックスを塗ることで、ワックスが床の表面を覆ってくれ汚れが染み込みづらくなります。食卓やリビングなど食事をする機会が多い場所では床が汚れることも増えますが、ワックスを塗っていれば安心です。

 

キズ防止

ワックスには、キズの防止効果もあります。フローリングは、ものを落としたときや家具の移動など、なにかとキズがついてしまうことも多い場所です。しかしワックスを塗っていれば、フローリングのキズやへこみを防いでくれます。

 

キズついてしまいやすい場所だからこそ、あらかじめ保護しておくことが大切です。

 

滑り止め効果

フローリングがツルツルと滑りやすいと、転倒してケガにつながるおそれがあり危険です。滑り止め効果のあるワックスを使えば、ツルツルと滑りやすかったフローリングを改善することができます。

 

安全に暮らすためにも、滑りやすいフローリングには滑り止め効果のあるワックスを塗るとよいでしょう。

 

ツヤで見た目アップ

ワックスといえば、フローリングのツヤ出しのために使う方も多いのではないでしょうか。

 

ツヤ出し効果のあるワックスをフローリングに塗ることで、フローリングを美しく輝かせることができます。古くなってしまったフローリングも、新築のときのようによみがえらせることができるかもしれません。

 

 

ワックス選びのポイント5つ

ワックス選びのポイント5つ

 

ワックスを選ぶとき、どのような点を意識して選ぶとよいのでしょうか?ワックス選びの5つのポイントをご紹介します。

 

フローリングの材質にあった素材か

フローリングには材質が違うものなどさまざまな種類があり、すべてのフローリングが同じわけではありません。そのためワックスを選ぶ際は、フローリングの材質とワックスの相性がよいか確認しましょう。

 

たとえば、白木のフローリングには専用の白木用のワックスを使うことで、もともとの色や質感を損なうことなくワックスの効果を発揮してくれます。

 

特定のフローリング専用のものでなくても、「万能タイプ」もあります。どのフローリングにも適しているので、こだわりがなければ万能タイプを使うとよいでしょう。

 

効果がどれだけ持続するか

ワックスを塗った後のフローリングは、しばらくはキレイなままですが、すぐにワックスのツヤや効果が消えてしまうものもあります。せっかくワックスを塗るのであれば、長期間効果が続くものがよいですよね。

 

すぐに塗り直す必要をなくすためにも、ワックスを選ぶ際は、どれだけの効果の持続性があるのかを確認してから購入することをおすすめします。

 

欲しい機能を備えているか

ワックスを選ぶ際は、自分の欲している機能を備えているものを選びましょう。

 

子供やペットがいるご家庭は滑り止め効果があるものを、とにかくフローリングを美しくしたい場合は、ツヤ出しとムラにならないワックスを選ぶとよいでしょう。

 

またワックスがけをあまりやったことがない場合は、ムラなく塗ることができて乾きが早いものを選ぶと塗ったときの失敗が少なく安心です。

 

ワックスがけの仕方

ワックスがけの仕方には、液体タイプを床に塗る方法、スプレーを床に吹き付ける方法、シートタイプで床を拭きながら塗る方法などがあります。

 

シートタイプのワックスであれば、ワックスがけ初心者の方でも比較的ムラなく簡単にワックスがけをすることができるのでおすすめです。

 

 

3ステップ!簡単ワックスの塗り方講座

次にワックスがけの3つのステップをご紹介します。

 

1.フローリングをくまなく掃除

まずはきれいにワックスを塗るために、フローリングをくまなく掃除しましょう。掃除機でフローリングのホコリを吸い取ったら、次は拭き掃除をします。

 

フローリングについている汚れをきれいに拭き取ったら、ワックスをかける前の下準備が完了です。

 

2.ワックスをかける

フローリングをきれいに掃除したら、次はワックスがけです。ワックスをきれいに塗りたい方は、晴れた日にワックスがけをすると、塗ったワックスを十分に乾かすことができるのでおすすめです。

 

液体タイプのワックスを使用する場合は、ワックスを塗る前に布にワックスをつけておきましょう。このときワックスの量は、多すぎるより少なめのほうがムラなく仕上げることができます。

 

準備ができたら、フローリングの板に沿って優しくワックスを塗っていきます。ゴシゴシと布をフローリングに強く押し当ててしまうと、ムラになりやすいのでやめましょう。

 

3.乾燥するまで待つ

ワックスをフローリング全体に塗り終えたら、あとはワックスが乾くのを待つだけです。シートタイプなら早くて10分ほどで、液体タイプなら30分くらいで乾くので十分に乾燥させましょう。

 

フローリングが完全に乾くには1日ほどかかる場合もあるので、その間の家具の移動やせっかく塗ったワックスが取れてしまうようなことはやめましょう。

 

 

ムラなくキレイ・安心なワックスがけはプロに相談しよう

ムラなくキレイ・安心なワックスがけはプロに相談しよう

 

自分でフローリングのワックスがけをするのが心配な方は、プロに任せると安心です。

 

お悩みに合わせてワックスを選んでもらえる

自分で目的に合ったフローリングのワックスを探すのは、なかなか大変です。市販で売っているものは、あまり種類も多くない場合があるからです。

 

しかしプロに頼めば、フローリングに対するお悩みに合わせてワックスを選んでもらえることができます。

 

ツヤ出し効果と持続性があるものなど、目的にぴったりと合ったワックスでワックスがけをしてもらうことができます。

 

フローリング掃除から任せると仕上がりが圧倒的キレイ!

リビング全体のフローリング掃除からワックスがけをしようとすると、1日仕事になって大変ですよね。そんな掃除もプロに任せてしまえば、時間も手間も省くことができ、さらには仕上がりも期待できます。

 

自分では取り除ききれなかったホコリや汚れをプロに掃除してもらい、さらにワックスがけをしてもらえばフローリングが見違えるようにきれいになるかもしれません。

 

 

まとめ

フローリングのワックスがけにはツヤを出すだけではなく、フローリングの汚れや傷を防止する効果があるものもあります。

 

ワックスを選ぶときには、フローリングの材質や必要としている機能を備えているかよく確認してから購入するとよいでしょう。

 

実際にワックスがけをおこなう際は、床の汚れやホコリをよく取り除いてからワックスを塗り、十分に乾燥させることが大切です。

 

自分でワックスがけをする自信のない方は、プロに任せると目的に合わせてキレイに仕上げてくれるのでおすすめです。

0120-202-378
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問