ハウスクリーニング110番トップページ > 最新情報・レポート > エアコンが臭いなら掃除がいちばん!ニオイの原因を除去する方法

最新情報・レポート

ハウスクリーニングに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

エアコンが臭いなら掃除がいちばん!ニオイの原因を除去する方法

エアコンが臭いなら掃除がいちばん!ニオイの原因を除去する方法

 

いつも通りエアコンをつけると「なんだか臭いニオイがする」という経験はありませんか。しかし、突然エアコンから臭いニオイが出る原因も分からないし、ニオイを解消する方法が分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

じつは、このエアコンから出る臭いニオイは、エアコンを掃除することで対処ができるのです。この記事では、エアコンから出る臭いニオイの種類や原因、エアコンの掃除方法をご紹介します。

 

 

エアコンから臭いニオイ?3つの原因とは

エアコンのニオイは、設置している部屋の環境によって出てしまうことがほとんどです。では、エアコンの臭いニオイの種類や原因には、どういったものがあるのでしょうか。

 

ニオイの種類

エアコンから出るニオイの種類には、「カビ臭」「タバコ臭」「人間ペット臭」「食べ物・油臭」などがあります。エアコンは温度を調節するため、空気を吸い込んだり吐き出したりを繰り返しています。

 

ときにはタバコや食べ物などのニオイも吸い込み吐き出してしまうことがあり、それらのニオイが混ざり合うことで、エアコンから臭いニオイが発生してしまうのです。

 

臭くなる原因

エアコンから臭いニオイが出てしまう原因はそもそもなんなのでしょうか。考えられる原因はおもに3つあります。

 

・エアコン本体の中のカビホコリ

エアコンは空気を吸い込んだり吐き出したりする機械だと説明しました。この仕組みによってホコリなども吸い込んでしまうため、エアコン内部は汚れてしまうのです。さらにエアコンは、水気を含んでいることからカビが発生しやすい機械です。

 

そのため、エアコンは使用する頻度が多ければ多いほど、エアコンの本体が汚れてしまう仕組みとなっており臭いニオイが出てしまうのです。

 

・排水環境

エアコン本体以外にも、エアコンの水を排水する配管などの、排水環境が臭いニオイの原因になっているかもしれません。配管が汚れていると、エアコンは配管の空気も多少なりとも吸い込んでしまうため、配管の臭いニオイがエアコンを通して吐き出されてしまうのです。

 

・室内環境

エアコンを設置してある室内環境が原因で臭いニオイが出てしまうこともあります。とくに飲食店や工場など、独特なニオイが発生してしまう場所にエアコンを設置している場合は、エアコンから臭いニオイが出やすくなってしまうでしょう。

 

【緊急処置】臭いエアコンのニオイをすぐに取り除きたい

【緊急処置】臭いエアコンのニオイをすぐに取り除きたい

 

急な来客予定などで、エアコンの臭いニオイをすぐに取り除きたい場合は、どのようにすればよいのでしょうか。今回は、緊急処置として有効な4つの方法をご紹介しましょう。

 

送風運転をする

エアコンから臭いニオイが出る原因として、とくによく見受けられるのがカビです。カビは乾燥に弱いという特徴があります。

 

そのため、エアコンの送風機能を使いエアコン内部を乾燥させることで、エアコン内部に発生しているカビを死滅させることが可能です。送風時間は、30分から2時間程度を目安として、定期的におこなうと効果的でしょう。

 

防カビの燻えん剤を炊く

市販でも購入することができる防カビの燻えん剤は、エアコンの臭いニオイをおさえることにも使えます。防カビの燻えん材をエアコンが設置してある部屋で炊くことで、エアコン内部のカビのニオイをおさえることができるでしょう。

 

部屋用の消臭スプレーをふりまく

部屋用の消臭スプレーを部屋とエアコンにふりまくことで、一時的に臭いニオイを消すことができます。消臭スプレーをふりまくだけなので、手早く一時的にニオイを消したい場合に有効です。

 

エアコンフィルターに芳香剤を直にかける

部屋用の消臭スプレーとは異なり、ニオイを消すのではなく芳香剤のニオイでエアコンの臭いニオイをおさえてしまうという方法です。エアコンフィルターに芳香剤を直接かけることで、芳香剤のニオイを部屋中に流すことができるでしょう。

 

【しっかり対策】エアコンのニオイを取るには掃除がベスト

一時的ではなく、しっかりとエアコンの臭いニオイを取り除きたいというかたは、エアコンの掃除が必要になります。緊急処置と違って、手間はかかりますが時間のあるかたは、エアコンの掃除をしておきましょう。

 

エアコンフィルターの掃除

ホコリがたまりやすいエアコンフィルターは、エアコンから臭いニオイが出るもとになりやすい場所です。掃除機でエアコンフィルターのホコリを吸い出し、中性洗剤で水洗いをおこなうだけでも、臭いニオイを大きくおさえられるでしょう。

 

エアコン吹き出し口の掃除

エアコンフィルターだけキレイにしても、吹き出し口が汚れていては効果が小さくなってしまいます。エアコンの吹き出し口は、ハンカチなどの布を使ってホコリや汚れを取っていきましょう。

 

布だけでは取れない汚れは、重曹を水で薄めたものをハンカチにつけて拭き取ると、取れやすくなるのでおすすめです。

 

エアコンフィンの掃除

エアコンフィンの汚れは、エアコンの洗浄剤を使うことで落とすことができます。しかし、エアコンフィンの周りには電飾部分が多くあるため、水がかかってしまうとエアコンが故障してしまう原因となってしまいます。

 

そのため、エアコンフィンの掃除をおこなうときは細心の注意を払うようにしてください。エアコンの故障が心配な方は、業者に掃除を依頼するのがおすすめです。

 

自分でエアコン掃除をするときに気をつけたいこと

自分でエアコン掃除をするときに気をつけたいこと

 

エアコンは電子製品なので、無理やり触ってしまうと故障してしまうおそれがあります。そのため、自分でエアコンを掃除するという場合は、いくつか気をつけておいたほうが良いポイントを理解しておきましょう。

 

分からないなら分解をしない

初めてエアコンの掃除をおこなう人に多いのが、思っていたよりもエアコンの内部まで汚れがあり、どんどんエアコンを分解してしまうというものです。

 

たしかに、エアコンの内部や細かい部品まで掃除をすることで、エアコンの臭いニオイの原因をしっかりと取り除くことができます。しかし、あまりエアコンの構造に詳しくない人がよく分からないままエアコンを分解してしまうと、元に戻せなくなってしまうことがあります。

 

とくにパネルとフィルターは以外の部分は、なかなか自分で元の状態に戻すことはできません。そのため、自分でエアコン掃除をおこなう場合は、パネルとフィルター以外は取り外さないように掃除をするのがよいでしょう。

 

部品を無理やり外さない

いつもは簡単に外すことができるパネルやフィルターなどが、外しにくいと感じる場合があります。このとき、少しくらい無理やり外しても大丈夫だと思って外してしまうと、部品が割れるなどのトラブルが起こってしまいがちです。

 

そのため、外しにくいと感じる場所や外し方が分からないという部品は、無理やり外さないようにしてください。

 

ココもチェック!室外機も掃除が必要

エアコンの掃除は定期的におこなっていても、室外機の掃除も定期的におこなっているという方は少ないのではないでしょうか。しかし、室外機が汚れたままだと、エアコンが故障する原因になってしまうことがあります。

 

この項目では、エアコンの掃除とあわせておこないたい、室外機の掃除方法をご紹介します。

 

なぜ掃除をしたほうがよいの?

室外機は、エアコンが空気を交換する際に発生した熱を、ファンから逃がすという役割をもっています。そのため、室外機がホコリやカビなどで汚れてしまっていると、エアコンは正しく熱を逃がすことができません。

 

エアコンが熱を正しく逃がすことができなくなってしまうと、エアコンが本来よりも強い力で熱を逃がさなくてはいけなくなり、動作の効率が悪くなってしまいます。

 

これによって電気代が高くなるうえに、モーター部分に負担がかかってしまうことで故障の原因にもなってしまいます。エアコンを長く使っていくためにも、室外機のこまめな掃除はかかせません。

 

室外機は自分で掃除ができる?

室外機の掃除は、自分でもおこなうことが可能です。まず、室外機の外側についているゴミは掃除機で吸い出し、汚れは歯ブラシなどを使って落とすことができます。また、室外機の裏側などについているフィン部分は、ブラシタイプの掃除機を使うことでキレイにすることができるでしょう。

 

室外機本体だけではなく、室外機の底についている水抜き穴も、歯ブラシなどを使ってキレイにしておきましょう。

 

エアコンが臭いのに掃除をしないとどうなる?

中にはエアコンのニオイが気になってはいても、面倒だからと対処せずに使い続ける方もいらっしゃるかもしれません。もし、エアコンが臭いまま掃除をしないでエアコンを使い続けると、どういったことが起こるのでしょうか。

 

健康被害

エアコンから出る臭いニオイは、カビやホコリが原因であることが多いです。そのため、エアコンの掃除をしないままエアコンを使い続けてしまうと、アレルギーなどを引き起こしてしまうおそれがあります。

 

咳やかゆみが出るという方は、エアコンについているカビやホコリから起こるアレルギーが原因かもしれません。

 

電気代

エアコンから臭いニオイが出ている場合、エアコンの内部がホコリなどで詰まってしまっていることがあります。とくにフィルターやファンにホコリがたまってしまうと、空気を取り込みにくくなり、送風力も弱くなってしまうのです。

 

そのため、本来のエネルギーよりも大きくエアコンが稼働してしまい、結果的に電気代が高くなってしまいます。

 

エアコン掃除をプロに依頼したほうがよい?

エアコンの掃除は自分でもおこなうことができますが、業者に依頼するのもよいかもしれません。業者にエアコンの掃除を依頼すると、いったいどういったメリットがあるのでしょうか。

 

業者に依頼するメリット

エアコンの掃除をしっかりとおこなう場合、エアコン本体と室外機の両方の掃除をおこなう必要があります。業者であれば、どちらの掃除もおこなってくれるため、しっかりとエアコンの臭いを掃除してもらうことが可能です。

 

他にも、自分でエアコンの掃除をすると、エアコンの故障させてしまったり、ファン部分でケガをしてしまうおそれがあります。しかし、業者であればエアコンを故障させず安全に掃除をおこなってくれるでしょう。

 

また、自分でエアコンを掃除する場合、専用の工具や清掃道具を準備する必要があります。自分でこれらの準備をする手間や費用も、非常にわずらわしいものですよね。業者に依頼すれば、こういったわずらわしい準備もすべておこなってくれるため、非常にお手軽です。

 

エアコン掃除はいくらでやってくれる?

エアコン掃除を業者に依頼した場合、費用は約10,000円から25,000円が相場になるようです。費用はエアコンにお掃除機能がついているか否かでも変わり、10,000円以上の差が開くこともあるでしょう。

 

また、掃除の効果を長持ちさせる抗菌コートの費用は、約2,000円でおこなっているところが多いです。

 

どこの業者を選べばよい?

エアコンの掃除を依頼する業者を選ぶときは、複数の業者から見積りを取るのがよいでしょう。業者によって料金や施工内容は異なっているため、複数社を比較することでより自分にあった業者を選ぶことができます。

 

また、業者の対応を見ることで、誠実な仕事をしてくれそうなのかという判断材料にもなります。エアコン掃除の業者を選ぶ際は、このようなポイントを意識するのがよいでしょう。

 

まとめ

エアコンから出る臭いニオイは、エアコン本体の汚れや室内環境が原因であることが多いです。エアコンの送風運転などを利用することで緊急処置は可能ですが、確実にニオイの原因を取り除きたいなら、エアコンの掃除をしましょう。

 

フィルターなどの掃除は自分でもある程度できるかもしれません。しかし、エアコンの構造がよく分からないのに作業をしてしまうと、エアコンを故障させてしまったり、ケガをしてしまうおそれもあります。

 

また、室外機の掃除もおこなうとなると、なかなか手が出ないという方も多いのではないでしょうか。

 

業者にエアコンの掃除を依頼すれば、エアコンの臭いニオイを安全にしっかりと取り除いてもらうことができます。業者であれば、自分で掃除する手間もなく、エアコンの故障も起きないので安心です。

 

しっかりとエアコンを掃除したい場合は、一度業者に依頼してみるのをおすすめします。

0120-202-378
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問