ハウスクリーニング110番トップページ > 最新情報・レポート > エアコン掃除のやり方を知っておこう!毎日できる汚れの対策方法

最新情報・レポート

ハウスクリーニングに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

エアコン掃除のやり方を知っておこう!毎日できる汚れの対策方法

エアコン掃除のやり方を知っておこう!毎日できる汚れの対策方法

「季節の変わり目、そろそろエアコンを使い始める時期……。そういえばエアコンをずいぶんと掃除していないけど、臭いとか大丈夫かな?」エアコンはおもに暑い時期と寒い時期にしか使わないので、久しぶりに使おうと思うと臭いなどがどうしても気になってしまいますよね。

エアコンの掃除のやり方について考えたことがある方もいるかと思います。今回はエアコンの掃除の頻度、自分でエアコンを掃除する方法、業者と自分がエアコンを掃除するのにはどのような違いがあるのか、などのエアコンのことについてまとめてみました。エアコンを掃除しようとしているかたは必見です。

自分でエアコン掃除!作業の前に確認しておこう

長い間エアコンの掃除をしていないとなると、汚れが気になってくるものですよね。しかし、簡単に掃除できないのがエアコン。できれば何度も掃除したくないと考えている方もいるのではないでしょうか。

ここでは、そんな頻繁に掃除をしたくない方のためにどのような症状が出たらエアコンの掃除時なのか、ということと一般的なエアコンの掃除頻度についてご説明していきます。

こんな症状が出たら掃除のサイン

まずはエアコンの電源を入れてみてください。エアコンから放出される空気の温度が明らかに設定温度と合っていなかったり、送風口からの風の勢いが弱かったりした場合は掃除時です。エアコンの内部には空気を吸い込んで空気を温めたり、冷やしたりする、“熱交換器”が内蔵されています。

もしエアコン内部にチリやホコリが溜まっていると、熱交換器に異常が発生し、温度変換が上手くいかなくなるのです。また、フィルターにホコリがつまっているとエアコンの風に勢いがなくなってしまいます。

また、エアコンの送風口に黒い斑点が見えたときはエアコンの内部にカビが大量発生している可能性があるので、黒い斑点が見えたときには、エアコンを掃除するようにしましょう。

エアコンの掃除をする頻度

基本的には、エアコンを掃除する頻度は一年に一回といわれています。しかし、先ほどもご紹介したようにエアコンの効きが悪いと感じたときや送風口にカビが見えたときは期間に関係なく掃除することをおすすめします。

また、エアコンには抗菌コーティングが施されているものもあります。これはエアコン内部の水滴を防ぎ、カビの発生を抑制する効果があるのです。

しかし、業者に頼んで一度エアコンの内部をしっかりと掃除してしまうとコーティングが剥がれてしまいます。業者に掃除を頼んだ際は、掃除後に抗菌コーティングも施してもらうとよいでしょう。

「自分でできる掃除」と「プロにしかできない掃除」

「自分でできる掃除」と「プロにしかできない掃除」

「さて、エアコンに掃除のサインが出ていたことだし、さっそく掃除をしよう」と思われたかたもいることでしょう。しかし、エアコンの掃除のやり方はそんなに簡単なものではありません。

自分で掃除することも可能ですが、やはりしっかりと掃除をしたいのであれば、業者にまかせた方がよいかもしれません。ここでは自分でできるエアコン掃除とプロにしかできないエアコン掃除の違いをご紹介していきます。

「自力」と「プロ」の違いとは

自分でエアコンを掃除する場合は、エアコンのフィルターやエアコンカバーは掃除できても内部まではしっかりと掃除することは難しいでしょう。エアコンの内部に汚れが溜まっていくと、それがカビのエサになり、どんどんカビが繁殖していくかもしれません。

またエアコンは精密な機械なので、自分で掃除をしてしまうと内部基盤に水が入り込んでしまってエアコンの故障の原因にもつながります。また、エアコンのほとんどは高い場所に設置されているので、作業中に高所から転落してしまうリスクも伴います。

プロはエアコンの内部までしっかりと掃除してくれます。さらにエアコンの養生もしっかりとおこなってくれるので、故障のリスクもありません。自分で掃除するよりも費用はかかりますが、エアコンの内部までしっかりと掃除したい方は業者に掃除を頼むことをおすすめします。

自分でできる!エアコンの掃除のやり方

あまりエアコンが汚れていない場合や、こまめ掃除してエアコンを長持ちさせたい方は自分でエアコンを掃除するのもよいでしょう。ここでは自分で安全にエアコンを掃除するやり方についてご説明していきます。

事前に必要なものを確認しておこう

掃除に取りかかる前に、以下のものを準備してください。

  • バケツ
  • 雑巾
  • ビニール ガムテープ
  • コーティング剤

まずは、エアコンカバーとフィルターを取り外します。そうすると、エアコンの内部が見えてくるので、基盤部分に水が入り込まないようにビニールとガムテープでしっかりと基盤部分を養生しましょう。

次に、濡らしてよく絞った雑巾でエアコンの内部を届く範囲で拭き掃除していきます。雑巾が汚れてきたら再度水で濡らして絞り、拭き掃除をしていきます。

このとき、雑巾がびしょ濡れだったり、養生がしっかりとできていなかったりすると、基盤に水がかかってしまうかもしれないので気を付けましょう。

取り外したフィルターとエアコンカバーはお風呂場でシャワーなどを使うと効率的に汚れを落とすことができます。なかなか汚れが落ちない場合は中性洗剤を使うとよいでしょう。

洗った後のフィルターとエアコンカバーは日陰でしっかりと乾燥させてから取り付けるようにしましょう。

最後にエアコンの内部にコーティング剤を吹きかければ掃除完了です。自分で掃除をする際には、椅子からの転落やエアコンの故障などには十分に注意して作業をおこなうようにしてください。

プロにおまかせ!プロはこんな流れで作業していく

プロにおまかせ!プロはこんな流れで作業していく

自分でおこなうエアコン掃除のやり方についてはご紹介しましたが、故障やけがのリスクを考えて、自分で掃除するのに不安があるかたは業者に掃除を依頼することをおすすめします。ここでは自分で掃除するのと業者の掃除にはどのような違いがあるのかをご紹介していきます。

プロがやる!エアコンの掃除方法のやり方

それでは業者がエアコンの掃除をおこなうときの流れを説明していきます。まずは、エアコンを分解し、入念に養生を施します。ここまでは自分で掃除するときと同じです。

次はエアコン内部の掃除です。自分で掃除するときは雑巾で拭き掃除をしますが、業者はまず、エアコン内部に強力な薬剤を吹きかけます。これを使用することにより、エアコンにこびりついた汚れもしっかりと浮き上がらせることができるのです。

薬剤で汚れが浮き上がってきたところを高圧洗浄機で一気に流します。外したフィルターやエアコンカバーも同様に掃除していきます。内部を洗浄した後は、室外機につながる排気ホースの洗浄もおこない、最後にエアコンに抗菌コーティングを施して作業終了です。

プロに頼むメリット

自分でエアコンを掃除することも可能ですが、やはり限界があります。何年も自分でエアコンを掃除し続けていると、どうしてもエアコンの内部には汚れが溜まってしまい、カビが繁殖してしまうことでしょう。それに自分で掃除すると故障やけがのリスクも伴います。

こまめに自分でエアコンを掃除するのもよいですが、年に一度は業者にエアコンの掃除を頼んでみてはどうでしょうか?業者なら安全かつ効率的にエアコンの掃除をおこなってくれるので、快適にエアコンを使用することができますよ。

作業時間や予算の目安

業者にエアコンの掃除を頼むとなると気になってくるのが、費用とサービスの面です。業者やエアコンのタイプによって費用は異なりますが、費用の相場は、通常のエアコンであると、一台あたり、約12,000円、フィルターを自動で掃除する、自動お掃除機能付きのエアコンの場合は、一台あたり、20,000円くらいです。

作業時間に関しては、通常のエアコンで約90分、自動お掃除機能付きのエアコンであると、約150分と少し作業に時間がかかります。あくまでもこれらは目安です。

もし自分に合った業者を見つけたいのであれば、公式サイトや、紹介サイトを利用したりするのがよいでしょう。また、見積書を取って業者同士を比較検討するのもよい手段です。

そもそもなぜ汚れる?エアコン汚れの原因

エアコンの掃除のやり方は簡単なものではありません。自分でやるのは困難ではあるけれども、なにより業者に依頼すると費用がかかります。

できれば、なるべくエアコンをきれいに使用して掃除の頻度は下げたいものですよね。ここでは、どうしてエアコンが汚れるのかについてお話していきます。

残念なことに、エアコンは使用していなくても汚れは自然と溜まっていきます。そして、使用するとさらにエアコンは汚れていきます。エアコンは熱交換をする際に空気を取り入れます。

その時に空気にホコリやチリが空気中に交じっていれば、フィルターに汚れがつまってしまいます。また、エアコンの内部に汚れが溜まることで、カビも発生してしまいます。

また、暑い夏や寒い冬にエアコンを使用すると、急な温度変化によりエアコン内部に結露が発生します。この結露がまた、カビの繁殖の原因になるのです。

エアコンの掃除の頻度を減らすためには、抗菌コーティングを施すか、こまめにフィルターだけでも掃除するとよいでしょう。

エアコンを掃除しないとこんな影響が…

エアコンの掃除のやり方は意外と大変な作業であるため、ついつい怠ってしまいがちです。しかし、エアコンを掃除しないでいると、汚れがどんどん溜まり、さまざまなリスクが発生してしまいます。具体的にどのようなリスクが発生するのかをここではご紹介していきます。

運転の効率が悪くなる

エアコンは取り入れた空気を熱交換器で温めたり、冷やしたりすることで部屋の温度を快適に保っています。エアコンの内部に汚れが溜まると、熱交換機能に異常が発生し、適切な温度を保てなくなります。また、フィルターがほこりだらけになってしまうと、エアコンの風量が弱くなってしまいます。

エアコンの効きが悪いからといって、無理に設定温度や風量を上げてしまうと、エアコンに負荷をかけてしまい、故障の原因になります。さらに電気代もかかってしまうので、汚れて効きの悪くなったエアコンは掃除するようにしましょう。

健康に被害が出る可能性がある

じつは、エアコンに汚れが溜まると、効きが悪くなるだけでなく、健康被害が出てしまうこともあるのです。エアコンの内部にカビが大量に発生してしまうと、風と同時にカビの胞子も排出されてしまいます。

そんな空気を吸い込んでしまうと、ぜんそくや鼻炎、ひどい場合は、肺炎やアトピー性皮膚炎などになってしまうこともあります。

エアコンを気持ちよく使うには日ごろから対策が必要!

健康の心配をせずにエアコンを少しでも快適に使いたいのであれば、エアコンの乾燥機能でエアコン内部を乾燥させる時間を取り入れたり、抗菌コーティング剤を使ったりするとよいでしょう。

また、フィルターを自動で清掃してくれる自動お掃除機能が付いたエアコンもおすすめです。エアコンの掃除のやり方は簡単なものではないので、エアコンライフの中にこれらを取り入れることで、掃除の頻度を下げることができます。

まとめ

エアコンの掃除のやり方には、自分で掃除する方法と業者に依頼して徹底的に掃除をしてもらう方法があります。あまり汚れていないエアコンであれば、自分で掃除するのもよいでしょう。

しかし汚れがひどい場合は、業者に依頼した方が効率よく、さらにはけがや故障のリスクも抑えられるのでおすすめです。

いずれにせよ、エアコンの汚れはどうしても溜まってしまうものですが、抗菌コーティングを施したり、乾燥機能でエアコン内部を乾燥させたりすることによって、内部に汚れが溜まりにくくすることができます。

掃除の頻度が下がるので、ぜひこういった日ごろのおこないを大切にしてください。

0120-202-378
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問