ページが見つかりませんでした – ハウスクリーニング110番|年間受付20万件以上&5千円から https://www.hoycambiomibombilla.com ハウスクリーニングに関することならどんなことでも、ハウスクリーニン グ110番にお任せください。カーペット、キッチン、換気扇、浴室など、お家ま るごとクリーニングすることも可能です。24時間365日・日本全国で受付対応しております。 Tue, 30 Jul 2019 07:00:14 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.13 ハウスクリーニングDIY!壁カビ除去 https://www.hoycambiomibombilla.com/house-cleaning-diy Tue, 19 Mar 2019 03:31:39 +0000 http://www.hoycambiomibombilla.com/?p=19570 ハウスクリーニングDIY!壁カビ除去

 

皆さん気になるハウスクリーニング。新築の頃みたいにキレイにしたい!汚れが目立つからそこだけでも!しかし、ハウスクリーニングを頼むときにネックになりがちなのが、その値段。「高いお金を払ってキレイになるのはわかるけど……。」と思う方は多くいらっしゃるかと思います。

 

そこで、今回このコラムでは自分でできるハウスクリーニングについてご紹介していきます。そのうえ、今流行りの「DIY」ができて壁のカビ除去もできる方法をご紹介します!

 

 

 

 

【DIY】自分でハウスクリーニング!失敗しない5つのお掃除テクニック

自分でハウスクリーニングする際に気を付けなければならない点とはなんでしょうか?汚れているところを強くこすらないこと?それとも、むやみやたらに掃除をしはじめること?考えてみると注意すべき点がなかなか思い浮かびませんよね。

 

この章では。5つの気を付けるべきポイントを紹介します。ぜひ参考にして失敗しないハウスクリーニングをおこなえるようにしましょう!

 

【初めに】掃除道具・服装を準備する

掃除をする前に重要なのが、準備をすることです。掃除最中に「あの道具がない!あれもない!」では集中ができないうえに効率がとても悪くなってしまいます。場所により、必要な道具なども変わってきますのでその場所に適した掃除道具を準備しましょう。

 

基本的に必要な道具は、ゴム手袋にバスブーツ、バケツ、メラミンスポンジ、ブラシ、高いところで作業するときには脚立が必要になってきます。

 

そして、もっとも大事なのが服装です。掃除中に自分がお気に入りの服装が汚れてしまっては大変ですし、動きづらい服装だったりしては効率が下がってしまいます。ですので、掃除をする際には動きやすい服装で作業しましょう。

 

【その1】どこから掃除をするか決める

掃除をする場所をあらかじめ決めておきましょう。場所を選ばずに、あっちもこっちも作業をしてしまったら収拾が付かなくなってしまうからです。

 

そして、キレイにするどころか散らかしてしまうおそれも出てきますので、一箇所ごとに丁寧に掃除をおこなうようにしましょう。一箇所ずつ作業することで、効率よく素早く掃除を終わらせることができます。

 

【その2】掃除は上から下、奥から手前へ

掃除の手順としては「上から下、奥から手前」というルールに乗っとって作業を進めましょう。上からする、というのには理由があって例えば下から掃き掃除をしたとしても、天井にホコリなどが付いていたらまた掃きなおさなければなりません。それは、とても手間が掛かるうえに効率が悪く、一向に掃除が終わる気がしませんよね。

 

なので、一通り上の掃除を終えてから床の掃除を、奥にはゴミが溜まりやすいので手前に掃きだしてしまいましょう。手前へとゴミを一箇所に集めることによってスムーズに掃き掃除が終わります。

 

【その3】なかなか落ちない場合は「パック」するのもアリ

なかなか汚れが落ちない場所といえば、鏡やシロッコファンでしょう。鏡の水垢ってとても気にりますよね。シロッコファンも同様で日ごろから使うものですから、汚れはどうしても付着してしまうものです。

 

そんな、なかなか落ちない汚れにはパックをするといいでしょう。キッチンタオルなどに洗剤を含ませ数分~数時間ほど経過すると、汚れが浮きやすく落ちやすくなるので一度試してみてはいかがでしょうか。

 

【その4】できるだけ分解することが大切

換気扇などの部品を分解できるものは、分解してしまうことも大切です。面倒くさいと思われる方が多くいるかと思いますが、分解をしなければ細部のホコリやゴミなどを、キレイに取り除くことができません。細部に溜まったホコリなどが蓄積してしまえば、大きなホコリや、多量のゴミとなって再び出てきてしまいます。

 

とくに、照明や換気扇は入念に掃除をした方がいいでしょう。日ごろから掃除をしていれば、ゴミやホコリなどは溜まってはないかと思います。しかし、日ごろから掃除をしている方は少ないと思いますので、照明や換気扇なども外してしっかりと掃除をおこなうことが大切です。

 

 

DIYでハウスクリーニングでをうまく進めるコツ

DIYでハウスクリーニングでをうまく進めるコツ

 

皆さんDIYには、どのようなイメージがありますか?「楽しそう!」と思う方もいれば、「大変そう……。」と感じる方もいるかと思います。DIYをおこなうことによって、長年悩みの種だった、黒カビやたばこのヤニ・カビなどが一気に除去できてしまいます。

 

キッチンや換気扇の油だってなんのその!そこで、DIYをすることによってどのようなメリットがあるのか、DIYをうまく進めるコツをご紹介していきます。

 

【壁紙】電化製品の黒ずみ痕、たばこのヤニ・カビを簡単に除去!

気になる家電製品の黒ずみ痕やたばこのヤニ・カビは意外と簡単に落ちてしまうものです。染み込んだ頑固なヤニには、アルカリ性洗剤を使うとよいでしょう。アルカリ洗剤を使うことによってスムーズにヤニを除去できます。

 

方法は、バケツにお湯を1リットルほどため、アルカリ性洗剤を50ccたらし、雑巾にお湯を含ませ縛り壁を拭いていきます。頑固なヤニも大抵落とせますので、気軽にできる除去方法です。

 

ヤニ取りが終わったら、水拭きと乾拭きで仕上げましょう。カビを取るには、メラミンスポンジ、クレンザーか酸性清掃洗剤を用意しましょう。メラミンスポンジに酸性洗浄剤を付けながら擦ることにより、キレイになります。

 

【床】傷や汚れの多い床をよみがえらせるには

日々使っている中で、床はどうしても傷や汚れがついてしまうものですよね。汚れについては、ある法則通りに掃除を進めればキレイになります。

 

最初に、フローリングワイパーで、ホコリや髪の毛を取りましょう。次に掃除機を掛け小さいごみを吸い取りましょう。次に雑巾で水拭きをするか、ウェットシートで床に付着した汚れを取ります。

 

最後に水分が残らないように、乾拭きをおこないます。ワイパーをかける際は床に置いてあるものをどかしてからかけましょう。そうすることによって、あとからゴミが出てくるなんてことはありません。

 

掃除機をかけるときに注意したいのが、ノズルが床から浮かないようにそうっ時期をかけましょう。このときに、浮いてはいけなからといって、強く押し付けないようにしましょう。強く押し付けてしまったら、床に傷がついてしまうおそれがあるためです。

 

最後に少しゆっくりめに一定のリズムで掃除機をかけましょう。掃除機をかけるスピードが速いと、吸い取れないゴミが出てきてしまいます。水拭きをする際は、汚れが薄ければ水で濡らした雑巾で軽く拭き乾拭きをおすすめします。

 

【浴室】複数の洗剤を使い分けて…基本は上から作業していくこと

浴室は水垢や、石鹸カスなどさまざまな汚れが目立ってしまう場所といえます。床はもちろんのこと、天井の汚れを気にしている方も多くいらっしゃるかと思います。そんな悩みの種は、複数の洗剤を使うことによって解消できます。お部屋やトイレの掃除のときと同じように、上から清掃をおこないましょう。

 

前準備として、洗剤や必要なものを用意しておきましょう。使用する洗剤は、アルカリ洗剤・酸性洗剤・漂白剤。道具は、ゴム手袋・脚立・メラミンスポンジ・ブラシ。バスクリーナーやカビ除去剤も用意しておくと便利でしょう。準備ができたら、掃除を開始しましょう。

 

まずは、お湯をかけて流していきましょう。お湯をかけることにより、皮脂汚れが柔らかくなり、洗剤で落ちやすくなるからです。そのあとにアルカリ洗剤をかけていきましょう。カビがある際は、カビ除去剤または漂白剤を吹きかけ、10分ほど放置したあとに、擦ってカビを落としていきましょう。

 

水垢や、石鹸カスを取り除く際は、酸性洗剤をかけましょう。酸性洗剤を使用するときは、ゴム手袋をつけて作業に取り掛かるようにしてください。

 

素手でおこなうと、軽いやけどを負ってしまうおそれがあるので、ゴム手袋は必ず着用しましょう。また、混ぜることで有毒なガスが発生する洗剤もあります。製品の注意書きをきちんと参照してから使用するようにしましょう。

 

洗剤をかけて擦り終えたら、水で流してください。手順としては、お湯をかけて、洗剤を付けて擦ったら水で流す。この3点をするだけでクリーニングができます。そして、ドアパッキンや、排水口のカビ・ぬめりにはカビ除去剤を使いましょう。壁や、床・浴槽・天井も同様な方法で掃除が可能です。

 

天井を清掃する際に届かないときは、脚立を使ってクリーニングをおこなってください。脚立を使用するときは、足元に気を付けて慎重に作業しましょう。

 

【キッチン・換気扇】頑固な油を落とすなら、中性洗剤と家庭にあるもので!

キッチンや、換気扇のなかなか落ちない油汚れに悩まされている方も多くいらっしゃるかと思います。そんな頑固な油汚れは、重曹や使用済の食用油で油汚れとさようならができます。他には、新聞紙や軍手・ゴム手袋・スポンジなどを用意しましょう。

 

最初は、換気扇のパーツを外していきましょう。掃除し終えたあとに組み立てる必要があるので、説明書も準備してください。説明書がない。そんなときには、外していく際に写真を撮っておくと組み立て時にとても便利です。

 

掃除をする前に、換気扇の電源を切っておきましょう。換気扇だけでなくブレーカーも落としておくと安心して作業がおこなえます。取り外す際は、必ず手袋を付けて作業してください。部品の角でけがをしてしまったら、掃除どころではなくなってしまいます。

 

換気扇を外したら、段ボールを小さく切ったもので油汚れを削いでいきましょう。削ぎ終えたら、重曹を使いましょう。頑固な汚れには重曹をペーストしたものがとても効果的です。重曹ペーストの作り方は、重曹2に水1を混ぜて30分以上そのままにしておきましょう。

 

この重曹ペーストを、気になる汚れ部分に塗っていきます。このとき、手荒れ防止のためゴム手袋を付けて、重曹を塗るようにしてください。塗り終えたら乾燥しないように、ビニール袋などに入れて30分程放置してください。30分程経ちましたら、先ほど使用した段ボールを小さく切ったもので重曹を取り、スポンジを使ってお湯で流します。

 

続いては使用済の食用油での落とし方です。油を使用する際は、下に新聞紙や段ボールを敷いて作業をこなうと、床などに油が付く心配がなくスムーズに作業がおこなえるのでおすすめです。気になる汚れの箇所に油をのせましょう。新聞紙などで広げると満遍なく塗れます。

 

油が手に付いてしまうと、なかなか落ちにくいのでゴム手袋を付けて作業をおこないましょう。こちらもビニール袋に入れて30分程放置します。このとき、できるだけ暖かな部屋に置くようにしてください。30分程経った後に、新聞紙や使わなくなった布や雑巾などで油を取り、キッチン用の中性洗剤を使いお湯で流しましょう。

 

 

本格的にきれいにするのであればプロの力!

上記の通りにクリーニングしてみたけど、全然汚れが落ちなかった!クリーニングしている時間がないという方にオススメなのが、プロに依頼を出してみるといいでしょう。

 

プロならば、私たちが知らない掃除方法で、キレイな状態にしてくれます。しかし、業者に依頼することのメリットはそれだけではありません。

 

目に見えぬ細かいカビ・雑菌までくまなく殺菌

プロに依頼することによって得られるメリットとしては、目に見えない小さなカビや雑菌を除去してくれることでしょう。私たちでは分からないカビや雑菌を見つけ、専用の掃除道具を使い除去してくれるのが業者です。

 

いくら念入りに清掃しても思ったようにキレイにできない換気扇や、エアコンの清掃……。これらもプロに頼むことによって生まれ変わり、カビや雑菌から解放されます。

 

適切な洗剤、掃除の仕方で短い時間できれいになります

そして、使いどころによって左右される洗剤。なかには、「これは、この洗剤でいいのかな」と悩んでしまう汚れもあるでしょう。プロならば、どのような汚れかを判断し、キレイにしてくれます。

 

なにより、私たちにとっては、慣れない清掃は自分たちでおこなうと時間がすごく掛かってしまいます。依頼することにより、時短でキレイになるうえに疲れることもなく、綺麗な状態の部屋や浴室がキレイになるのは、とても魅力的なのではないでしょうか。

 

研磨のし過ぎ・2度手間などの失敗がない

他にも、せっかく掃除をしたのに家具を戻したら汚れやゴミが残っていた。そんな経験されたことはありませんか?集中してるあまりに見落としてしまったり、足元にあるゴミを取り除き忘れたりということもありますよね。

 

プロに頼むことによって、このような二度手間がなくなります。そして、フローリングや、トイレの床や浴室床などは、普段は軽く掃除する程度でしかしたことがないという方が多いかと思います。擦りすぎて傷つけてしまう。という失敗もプロならばないので、安心して任せることができるでしょう。

 

キレイが長続きするので手間いらず!

やはりプロなので、汚れ・カビ除去のクリーニングの他に対策もしっかりとおこなってくれるでしょう。私たちが、全てキレイに清掃したとっしても、清掃後の対策はとても重要な部分になってきます。

 

せっかくキレイにしたのに、すぐに汚れやカビができてしまっては二度手間になってしまいます。業者に依頼することによって、キレイが長持ちし、プロからの掃除のアドバイスをもらえる。というメリットもあります。

 

 

まとめ

上記のように、自分でできるハウスクリーニングについてまとめました。意外に簡単にできる方法がたくさんあったかと思います。家に置いてあるものも、クリーニングに使用できることも知れました。

 

・必要な物は作業する前に揃える

・掃除する順番は、上から下へ奥から手前へ

・掃除する前に家具などを移動

・分解できる部品は分解しておく

・洗剤や道具を使い分けが大切

・どうしても落ちない

・時間がない

 

そんなときは、一度プロに相談してみるとよいでしょう。

]]>
引越しのハウスクリーニング必要性と料金 https://www.hoycambiomibombilla.com/house-cleaning-moving Tue, 19 Mar 2019 02:28:06 +0000 http://www.hoycambiomibombilla.com/?p=19559 引越のハウスクリーニング必要性と料金

 

多くの人が部屋や家の掃除をするタイミングといえば、年末の大掃除でしょうか。でも、入居・退去といった引越しのタイミングで掃除すると、いろんなメリットがあるって知っていますか?

 

今回は、ハウスクリーニングを引越し前後に依頼するメリットやハウスクリーニングの料金、業者の選び方のポイントについてお伝えします。

 

 

 

 

引越し前後はハウスクリーニングは必要なのか?

まだだれも生活したことのない新居や、もう自分は退去する住居。わざわざハウスクリーニングする必要はあるのか疑問に思っている方も多いでしょう。しかし、新居で暮らし始めるとき、退去するときにハウスクリーニングを依頼すると、このようなメリットがあります。

 

新居・退去にハウスクリーニングを依頼するメリット

新居の場合、人の出入りもなく密閉されているので掃除する必要がない気がしますよね。しかし、ちょっとした隙間から細かいチリが入り込み、新居のお部屋にもホコリがたまっていることは珍しくありません。

 

そのような状態で家具を運び入れてしまうと、家具が汚れてしまいますし掃除もしにくくなります。新居で暮らし始める前にハウスクリーニングを頼んでおくと、気持ちよく新居での暮らしをスタートできるでしょう。

 

ハウスクリーニングを退去時に行う場合、室内を掃除してきれいにしておくことで、部屋の価値が上がって買い取り額が上がる場合があります。

 

また、ハウスクリーニングは、賃貸の物件を退去する場合でもしておくと原状回復費用がかからなくなることもあります。入居時に支払った敷金(いざというときの保証料のようなもの)がハウスクリーニングしない場合よりも多く返還してもらえるかもしれません。

 

なにより、お世話になったお部屋や大家さん、管理会社さん、そして次に部屋に入る人のためにハウスクリーニングをしておくと、感謝の気持ちや誠意を表すことができますよね。

 

家具のない室内は掃除のチャンス!

家具がないほうが掃除しやすいのはイメージしやすいでしょう。そのほかにも、害虫対策も行いやすいというメリットもあります。それぞれのメリットを詳しく考えていきましょう。

 

家具などを運び入れる前に掃除をすることで、きれいな室内にすることができる

家具や荷物がある状態で掃除しようと思うと、大型の家具の裏側や下は掃除しづらいですよね。場合によっては、いちいち移動させてまた戻すという手間がかかります。家具などを運び入れる前に掃除をすませておけば、そのような面倒な作業をせず効率的にきれいにすることができます。

 

害虫対策をしっかり行う必要がある

新居での生活を快適にするためにも、害虫対策はしっかりやっておきたいところですよね。繁華街近くの部屋、1階に飲食店が入っている物件などは害虫が発生しやすいのでとくにしっかり行うことをおすすめします。

 

でも、害虫対策のくん煙剤をたいたことがある人はわかると思いますが、くん煙剤をたくのは案外面倒です。家具や食器などにカバーをしなければならないタイプが多いですし、たいた後は念のため部屋中を掃除するという方もいらっしゃるでしょう。

 

ですが、建物内にものがない状態だと室内がシンプルになるので害虫対策もしやすいですし、毒餌タイプを設置するのも簡単です。

 

 

ハウスクリーニングの費用相場はどれぐらい?値段の決まるポイント

ハウスクリーニングの費用相場はどれぐらい?値段の決まるポイント

 

入居・退去の引越しのタイミングでハウスクリーニングを行うメリットがわかったところで、気になるハウスクリーニングの料金について簡単にご紹介します。ハウスクリーニングにはどの程度のお金がかかるのでしょうか。

 

【価格が決まるポイント1】お部屋の広さ

家を丸ごとクリーニングする場合、ハウスクリーニング費用は間取りによって変わります。ワンルーム~1LDKくらいの広さだと、5万円以下で行ってもらえることが多いです。部屋の数が増えるにしたがってどんどん高額になります。

 

【価格が決まるポイント2】作業内容

どこまで清掃してもらうかも価格が決まるポイントです。内部を簡単に掃除するものからフローリングのワックスがけ、畳のはりかえや壁紙のはりかえまで行う本格的なものまでさまざまです。清掃範囲やオプションを増やすほどハウスクリーニングの料金は上がります。

 

【価格が決まるポイント3】室内にものがあるかどうか

先ほどメリットとしてあげたように、ものがないタイミングのほうが作業時間が少なく掃除の手間も軽減されます。そのため居住中よりは空室のほうがハウスクリーニングの代金をおさえることができるのです。ハウスクリーニングは引越しの前後のタイミングでおこなうのがベストでしょう。

 

【価格が決まるポイント4】依頼をする時期によって価格が変動

依頼が比較的集中しやすい年末や引越しシーズン付近は、ハウスクリーニングの値段の相場は上がる傾向にあります。可能なら繁忙期をはずしたタイミングをねらって依頼すると、安くおさえられるでしょう。

 

 

よいハウスクリーニングの業者に依頼するためのポイントは

いざハウスクリーニングを依頼したいと思っても、業者選びに迷ってしまう方も多いでしょう。そこで、よいハウスクリーニングの業者かどうか見分けるときに目安となるポイントを3つご紹介します。参考にしてみてください。

 

相見積もりを取ってみましょう

複数の業者に見積もりをお願いし、見積もりの作業内容や金額を比較しましょう。比較することで、金額に変なところがないかわかりやすくなりますし、値段交渉もしやすくなります。

 

また、値段だけでなくどのような作業を行ってくれるかはしっかり確認してください。必要な作業、お願いしたい作業が見積もりに含まれていなかった、なんてことがないようにしましょう。

 

電話対応・直接対話したときに親切かどうか

電話や直接担当者と話したときに雑な対応であると、いくら掃除の手際がよくても嫌な気分になりますよね。対応が親切か、質問に丁寧に答えてくれるか、このような点も判断のポイントとするとよいでしょう。

 

口コミやうわさの評価が高いかどうか

口コミのレビューや実際に依頼をした人に話を聞くと、どのような作業をしてもらえたのかの判断材料になります。ただし主観が入っているので、過信せずあくまで参考程度にとどめておきましょう。

 

万が一があったとき、保証をしてもらえるか

クリーニング作業中に誤って家具や部屋などを傷つけてしまうこともあります。そのようなときにその業者が損害賠償保険に加入していると、少しは安心ですよね。逆に、保証がなかった場合は修理費用が支払われないなどの問題が発生することも……。

 

保険に加入しているか、万が一の保証をしてもらえるかどうかは業者のホームページを見たり直接質問したりして確認しましょう。

 

 

まとめ

引越しのタイミングでハウスクリーニングをするメリットと、ハウスクリーニングの料金、業者の選び方についてお伝えしました。

 

・入居時、退去時のハウスクリーニングは手間や費用をおさえて部屋をきれいにするチャンス

 

・ハウスクリーニング費用をできるだけ安くおさえるためには「家具やものがない引越しのタイミングで依頼する」「クリーニング業者の繁忙期を避けて依頼する」とよい

 

・ハウスクリーニング業者を選ぶさいは「相見積もりをとる」「電話や対面での対応が親切か」「口コミやうわさの評判はどうか」「万一の保証の有無」がポイント

 

引越しのさいはハウスクリーニングを行って、気持ちよく新たな生活をスタートさせましょう。

]]>
キッチン等の水回りハウスクリーニング https://www.hoycambiomibombilla.com/house-cleaning-kitchen Tue, 19 Mar 2019 02:06:42 +0000 http://www.hoycambiomibombilla.com/?p=19550 キッチン等の水回りハウスクリーニング

 

自分でキッチン掃除をするとなると、時間がかかるうえに掃除する箇所も多く、とても大変です。ハウスクリーニングなら、面倒なキッチン掃除をプロが代行してくれます。いったいどこまで掃除をしてくれるのか、また作業にかかる時間はどのくらいなのか、大まかですがその目安をお伝えします。

 

 

 

 

【キッチン編】プロにハウスクリーニングを依頼したときの掃除内容・時間

ではさっそくですが、キッチンのなかでもシンクやコンロ、壁などの場所別に、掃除内容やかかる時間をまとめていきます。キッチンには掃除をしなければならない箇所が意外とたくさんあるものです。

 

【シンク周辺】 水アカ汚れやくすみ、傷を減らし、新品同様のかがやきに!

常に水がかかってしまう場所なので、水アカ汚れやぬめりが残りがちなシンク周辺。シンクの内側だけではなく、蛇口など細かいところの水垢落としや、排水口のぬめり取りなどを行います。所要時間はシンクの大きさや汚れの程度次第ですが、およそ1時間~となります。

 

【レンジフード・換気扇】 頑固な油汚れを取り除いて、異音・異臭・換気効率が向上

ホコリが油によって固まり、頑固な汚れとなりやすい換気扇まわり。換気扇・レンジフードの分解できる部分をすべて分解して清掃を行います。部品のつけ置き洗浄や換気扇内部の清掃、部品の組み立て、拭き上げが主な内容です。所要時間は約2時間~です。

 

【ガスコンロ】 油汚れはもちろん、長年の焦げつき、サビがキレイになる

換気扇と同様に油汚れが付着しやすいうえ、火に触れるので焦げ付きも発生し、なかなかキレイにできないガスコンロ。コンロの天板に付いた油汚れの清掃から五徳の洗浄・焦げつき落とし、掃除の難しい魚焼きグリルの洗浄も行ってくれます。所要時間はおよそ1時間半~です。

 

【キッチン戸棚】 上下の戸棚の中の汚れ

はねた油やホコリでベタベタになってしまいがちなキッチン戸棚も清掃してくれます。表面はもちろん、内部も一度すべてを取り出して清掃します。

 

【壁面】 油汚れが気になる壁面も本来の色合いを

調理の際の油はねは、コンロだけでなくキッチンにの壁面にも付着し汚れとなります。タイルなど壁紙でない壁面なら、洗剤を用いて清掃します。

 

 

ここが違う!プロに依頼したときのメリット

ここが違う!プロに依頼したときのメリット

 

ハウスクリーニングでキッチン掃除を依頼するメリットは、単純にキレイになるだけではありません。自分で掃除を行う以上にキレイになりますし、その後のお手入れも簡単になります。また、掃除をする時間を他のことに充てたり、掃除のアドバイスがもらえたりするなどのメリットも。具体的にどのような点がメリットとして挙げられるのか、まとめてみました。

 

専用の機材・道具を使用してすみずみまでピカピカに

一般的には入手しづらい洗剤や、汚れの原因に合わせた洗剤を使用するため、頑固な汚れやあきらめていた汚れもスッキリ落とすことができます。また、素肌にやさしい洗剤にこだわっている業者もあります。

 

さらに業者への依頼は、個人で掃除用の機材を用意することと比べて費用を抑えることができます。業者の使用する高圧洗浄機などの機材は、非常に高額になる場合もあります。また、素人では気づきにくい部分まで清掃してもらえるので、衛生的にもよいといえるでしょう。

 

キレイが長持ちで手間いらず

一般の方が手作業で掃除をすると、表面に傷や凹凸ができてしまったり、汚れがしっかりと落ちていなかったりする影響で、再度汚れが付着しやすい状態になってしまいます。そのため、掃除をしてもすぐに汚れが付きやすいです。

 

しかし、プロに清掃を頼めば、表面の研磨や凹凸の除去から、プランによっては表面のコーティングを施してもらえる場合もあるので汚れがつきにくくなり、ついてしまった場合でも簡単に取れるようになりやすいです。

 

短時間で負担が少ない

自分で掃除をするとどうしても時間がかかってしまい、日をまたいでの作業になってしまうことも。せっかくのお休みを掃除に費やしてしまうことも珍しくないでしょう。ですが、ハウスクリーニングにまるごと依頼をすれば、自分では時間のかかる掃除も、短時間で手早くキレイにすることができます。

 

アドバイスがもらえることも…

お手入れに関して、業者からアドバイスをもらえることもあります。また、実際に清掃の過程を見ることもできるので、正しい掃除のお手本となるでしょう。

 

 

ハウスクリーニングの費用を抑える4つのコツ

便利でメリットも多いハウスクリーニングですが、どうしても気になってしまうのはその費用。こちらでは、ハウスクリーニングの依頼する際の費用をできるだけ抑えるコツを、4つに分けてご紹介いたします。

 

どこまで清掃するか決める必要がある

広範囲にわたって清掃してもらうと、どうしても料金は高額になりがちです。そのため、本当に依頼が必要な場所だけを吟味する必要があります。自分で掃除できる場所や、あまり汚れがひどくない場合は依頼せず、依頼する箇所をしぼることで料金が高くなることを防げます。

 

複数の場所を清掃してほしい!そんなときは「セット」がおすすめ

施工箇所が多い場合、セット割などのサービスプランを活用すると費用を抑えられる場合があります。セットの場合は1回にかかる施工金額が高くなりやすいですが、それぞれの単価は個別で依頼するよりも安くなる傾向にあります。依頼したいそれぞれの清掃箇所がセットメニューと共通しているのであれば、検討する価値があるでしょう。

 

時期やセールを見逃さない!

実はキッチンクリーニングにもお得になる時期があります。一般的には年末と3,4月の引っ越しシーズンは依頼が多いため、この時期は値引きが少なく割高になりやすいです。今すぐに掃除をしてほしいという訳でなければ、依頼するタイミングをずらすとお得になる場合があります。

 

相見積りで金額や施工内容を比較してみましょう

ハウスクリーニングの費用は、依頼する業者によってさまざまです。複数の業者から見積りをとり、それを比較する「相見積り」を行うことで、よりお得なハウスクリーニング業者と出会うことができるでしょう。見積書は合計金額だけでなく、どのような作業内容なのか、どの作業にいくらかかっているかを確認することも重要です。

 

 

まとめ

今回は、キッチンの清掃をハウスクリーニング業者に依頼するときの作業内容と時間、メリットなどをお伝えしてきました。最後に、お伝えした内容を簡単におさらいしましょう。

 

・キッチンには清掃する場所がたくさんあり、場所によって清掃方法はさまざま

・業者に依頼することで、より早く、キレイに掃除を終わらせることができる

・業者に依頼するときには、キャンペーンの利用や相見積りでお得に依頼できる可能性がある

 

ハウスクリーニングを業者に依頼するとやはりお金はかかります。しかし、頑固な汚れや、気になっている部分は思い切って依頼することで長年の悩みや汚れが解消する可能性があります。自分では対処しきれない汚れは、業者への依頼を検討してみるのもいいでしょう。

]]>
ハウスクリーニングはお風呂もすべき? https://www.hoycambiomibombilla.com/house-cleaning-bath Tue, 19 Mar 2019 01:35:36 +0000 http://www.hoycambiomibombilla.com/?p=19534 ハウスクリーニングはお風呂をすべき?

 

お風呂は毎日使うものなので清潔に保ちたいですよね。しかし、お風呂には案外汚れが溜まりやすいもの。掃除を少しおこたってしまうと、あっという間にカビや水垢だらけになってしまいますよね。

 

しかし、自分ではなかなか掃除が大変だという方もいるでしょう。忙しい方や、放置してしまって自分で掃除するのが大変になってしまった方など……。そんな方は一度ハウスクリーニングに依頼するのをオススメします。ハウスクリーニングは自分では掃除しにくいところまでピカピカにしてくれます。

 

そこで今回は、ハウスクリーニングに依頼する際のメリットやサービス内容、注意点などをご紹介していきます。

 

 

 

 

【お風呂編】浴室のハウスクリーニングでピカピカに!サービス内容・時間

毎日入り、体をキレイにする場所であるお風呂。素肌が触れる場所だからお風呂もキレイに保ちたいですよね。そのため、お風呂は頻繁に掃除する方も多いはず。しかし、本当にキレイになっているのでしょうか?

 

お風呂は浴室や化粧台はもちろん、「エプロン」と呼ばれる部分や天井なども掃除する必要があります。これらの部分は日常的に掃除しないという方がほとんどなのではないでしょうか。ここでは、ハウスクリーニングを利用することをオススメします。ハウスクリーニングに依頼すると、1時間半から2時間で浴室をピカピカにしてくれます。

 

ハウスクリーニングが掃除してくれるところを以下でご紹介していきます。

 

【浴槽・化粧台・エプロン内】普段掃除しない場所までピカピカに!

お風呂掃除といってまずおこなうのが、浴槽や化粧台の掃除。ここは頻繁に掃除する方が多いかと思いますが、浴室や化粧台の掃除は大変。せっけんカスや水垢がつきやすく、掃除したとしても汚れが取り切れていないかもしれません。

 

自分で掃除してもキレイにならない場合は、ハウスクリーニングに依頼することをおすすめします。洗浄力の高い洗剤を使い分けて、水垢やせっけんカスといった頑固な汚れを落としてもらうことができます。

 

また、お風呂を掃除するうえで忘れてはならないのが「エプロン」と呼ばれる部分です。エプロンとは、バスタブの側面についているカバーの表部分です。エプロンを外したことがないという方も多いのではないでしょうか?しかし、エプロンの内部を掃除しないと、臭いのもととなったりカビが発生する原因となったりしてしまいます。

 

しかし、「エプロンはどうやって外していいかわからない」など、自分で掃除するのは大変な人も多いですよね。こちらもハウスクリーニングに依頼することでキレイにしてもらうことができるのです。

 

【排水口】いやな悪臭を根本から絶つことができます

排水口は掃除しなければいけないとわかっていても、ついついさぼってしまいがち。すると、あっという間に髪の毛やぬめりがたまってしまいます。

 

しかし、排水口の掃除を怠っているといやな悪臭の原因になるかもしれません。そうなると、自分で処理するのは大変ですよね。悪臭がして困っているという方はぜひハウスクリーニングにご依頼ください。排水口をピカピカにします。

 

【床・壁・天井】経年による劣化や、目に見えない細菌まで…

意外と大変な床、壁、天井の掃除。特に天井を掃除するのはとても大変ですよね。しかし放置してしまうと、汚れがたまっていってしまいます。そうなると、浴室が細菌だらけになってしまうかも‥‥‥。

 

もし、天井を掃除するのが大変だという方がいたら、放置せずにハウスクリーニングに頼んでしまいましょう。汚れを分解するクリーナーを使用することで汚れを落としてくれます。

 

【蛇口・鏡】水垢汚れもピカピカに!新品のようなツヤと輝きを取り戻します

忘れてしまいがちなのは蛇口や鏡。鏡は放置しているとウロコ汚れがついてしまいますし、蛇口はせっけんカスなどがたまっていってしまいます。ハウスクリーニングはそんな鏡と蛇口の細かな汚れも取り除き、新品に近づけてくれます。

 

【換気扇】衛生面の向上や、換気力の向上につながります

ハウスクリーニングに掃除を依頼すると、汚れを落として見た目がきれいになるだけではありません。換気扇のホコリを取り除くことで、換気扇の換気機能が向上も期待できるでしょう。

 

 

プロのお掃除で清潔で快適なバスタイムへ…プロの清掃のメリットはこの4つ

プロのお掃除で清潔で快適なバスタイムへ…プロの清掃のメリットはこの4つ

 

「ハウスクリーニングに頼むとお金がかかってしまうし、自分で掃除した方がいいのでは?」と思う方も少なくないでしょう。しかし、ハウスクリーニングを頼むことで、たくさんのメリットがあるのです。

 

以下ではハウスクリーニングを頼むことでの具体的なメリットについてご紹介していきます。

 

においのもとになる細かい部分のよごれまできれいになる

浴室には石鹸カスやカビなど、悪臭の原因となるものが多くあります。この原因を放置しておくと自分では対処できなくなってしまいます。素人では落とせない悪臭の原因を、ハウスクリーニングのプロならではの技術や知識で消し去ってくれるのです。

 

掃除をおこなうことで衛生面が改善される

浴室は素肌が触れるところなので、清潔に保っておきたいですよね。そのためには頻繁に掃除をする必要がありますが、ついついさぼってしまう人もいるでしょう。

 

しかし、浴室はあっという間に汚れていってしまいます。汚れが溜まっていくと自分でも掃除するのが大変になってしまいます。

 

そんなとき、ハウスクリーニングに依頼して汚れをリセットすることで、ピカピカにしてもらうことができるのです。一度ピカピカにしたら、自分でも掃除が続けることができるでしょう。

 

普段は掃除しないエプロン部分まで清掃してもらえる

エプロンは浴室の中でも汚れが溜まっている場所になります。しかしエプロンはなかなか自分では掃除をしないですよね。エプロンの取り外しかたがわからない、はめかたがわからないなどの疑問もあり、自分で掃除をするのはハードルが高いという方は多いはず。

 

そんなときはハウスクリーニングにお願いしましょう。エプロンは汚れが溜まっている分、掃除してもらうと悪臭の改善やカビ菌の繁殖抑制など、さまざまな効果があります。ハウスクリーニングは普段自分では掃除しない場所も掃除してもらうことができますので、浴槽を清潔に保つことができます。

 

今後の清掃の参考になるアドバイスが見聞きできる

ハウスクリーニングは掃除してもらうために依頼しますが、掃除してもらう以外にもメリットがあります。それは、掃除の方法を見聞きできること。ハウスクリーニングは掃除のプロですから、掃除の方法を聞くことで、よりよい掃除方法を知ることができるでしょう。

 

普段の掃除に不安がある人は、ハウスクリーニングの業者に掃除のコツなどを聞いてみるといいかもしれません。

 

 

ハウスクリーニングは「まるごと」「個別」どちらがお得?

ハウスクリーニングを依頼するとなった場合、できればお得に済ませたいですよね。そこで、以下ではハウスクリーニングで「まるごと」お願いする場合と「個別」でお願いする場合に分けてどちらがお得なのかご説明していきます。

 

ハウスクリーニングの範囲が多いなら… 「まるごと」がお得!

家を全体的に掃除したいという方は、家中をまるごと掃除してもらうのがオススメです。なぜなら、単品で頼むよりもそちらの方が断然お得になるからです。年末や引っ越し直後などで、家中をキレイにしてほしいという方は、ぜひハウスクリーニングでまるごと掃除してもらいましょう。

 

また、家中とまではいかなくても、いくつかキレイにしてもらいたい場所がある場合は「セットプラン」を利用しましょう。業者によってプランが違うので、一度調べてみるといいかもしれません。

 

クリーニングしてほしい場所が少ないのなら「個別」で節約

クリーニングしてもらいたい場所が少ないなら個別でのプランの方がよいでしょう。たとえば、自分ではなかなか掃除しにくい場所や、長年掃除をしていない場所を掃除してほしいときなどがオススメです。

 

費用を節約したいのであれば、相見積りが重要!

ハウスクリーニング業者に依頼するとなった場合、「業者が多すぎてどこを選んでいいのかわからない」「どこが一番お得なのか知りたい」といった疑問を持つ方も少なくないでしょう。

 

そんなときは、複数の業者から相見積りをとることをオススメします。相見積りをとることで料金の相場を知ることができると同時に、一番お得な業者を選ぶことができます。

 

ちなみに、相見積りをとるときには、できるだけ近い日程で下見をお願いしましょう。下見の日程がずれてしまうと、正確な料金が出てこなくなってしまうかもしれません。

 

 

浴室のハウスクリーニングで気をつけておきたいこと

浴室のハウスクリーニングを依頼する際には注意しておかなければならないことがあります。場合によっては、浴室の中で掃除できない場所があるかもしれないことです。

 

以下で具体的に掃除できない場合にはどんなものがあるのかをご紹介していきます。

 

お風呂の材質によっては汚れが落ちないこともある

ハウスクリーニングではほとんどの場所を掃除することができますが、まれに掃除できない場合があります。たとえばヒノキ風呂。天然素材を使っているため、表面的な掃除しかできないので注意しましょう。

 

付着した汚れの種類によっては落ちにくいことも…

また、付着した汚れの種類によっても掃除できないこともあります。たとえば、ヘアカラー剤や鏡のウロコ落としなどの薬剤。汚れではなく劣化が原因で変色してしまっている場合や、パッキンやタイルにカビや錆び汚れが染みこんでしまっている場合も掃除できません。

 

掃除できるのか、汚れが落ちるのか気になる場所がある場合は、業者が下見に来た際に確認してみるといいでしょう。

 

エプロン部分の取り外しができるかどうか確認すべし

浴室のハウスクリーニングの際に、ぜひ業者に掃除してもらいたいエプロン。しかし、エプロンには、バスタブから外れるものと外れないものがあります。

 

バスタブから外れないものの場合、業者でも掃除することができませんので、事前に確認しておく必要があります。

 

 

まとめ

今回は浴室をハウスクリーニングに依頼するメリットやサービス内容、依頼する際の注意点などについてご説明してきました。まとめとして、以下のことを振り返ってみましょう。

 

・エプロンや排水口など、浴室には汚れが溜まりやすい場所が多い

 

・ハウスクリーニングを利用することで、細かな汚れや、自分では普段掃除しない場所まで掃除してもらうことができる

 

・ハウスクリーニングのプロの掃除のしかたを見ることができたり、アドバイスをもらうことができたりするのも魅力。

 

・ハウスクリーニングを依頼する際は、掃除してもらう範囲が広ければ「まるごと」狭ければ「単体」がお得。

 

・ハウスクリーニングでも掃除できない場合があるので注意が必要。

]]>
リビング周辺丸ごとハウスクリーニング https://www.hoycambiomibombilla.com/house-cleaning-living Tue, 19 Mar 2019 00:54:54 +0000 http://www.hoycambiomibombilla.com/?p=19517 リビング周辺丸ごとハウスクリーニング

 

リビングのハウスクリーニングを依頼すると、どれくらいの時間が費用やかかるのでしょうか。また、自分でおこなうのと比べて、プロはどのような掃除方法でおこなうのか、気になりますよね。

 

ここでは、プロによる作業内容に加えて、お任せをするメリットや費用を抑えるコツなどをみなさんにお伝えしていこうと思います。

 

自分では落としきれなかった汚れも、プロに任せて一気に綺麗にしてもらいましょう!

 

 

 

 

【リビング編】ハウスクリーニングできる場所はどこ? 所要時間・サービス内容・費用相場

ハウスクリーニングでリビングの掃除を依頼すると、どのような作業をおこなってくれるのでしょうか。気になる掃除内容をリビングの場所別にお伝えするとともに、大体のかかる時間や費用についてもお教えします。

 

【フローリング・畳・カーペット】 清掃と保護で長持ち

リビングの床には、お家によって使用されている素材が異なるかと思います。それぞれの種類にあった掃除の流れやかかる時間、費用についてお伝えいたします。

 

●フローリング(ワックス・コーティング)

フローリングは、定期的にワックスをかけることで、傷や汚れを防ぎます。小さなお子様やペットがお家にいるかたにオススメです。ワックスがけは床全体や幅木におこないます。

 

ワックスをおこなう大まかな流れを説明します。まず家具を移動し、掃除機などできれいにします。そのあと床材にあう専用の洗剤で洗い、水拭きとからぶきをおこないます。ワックスを塗布し、乾燥させて家具を戻せば完了です。

 

だいたい作業にかかる時間は、1時間半~2時間といわれています。また、古くなったワックスを剥がす作業が加われば、追加で料金がかかることがあります。

 

●畳(清掃・殺菌消毒)

ハウスクリーニングで畳の掃除をおこなう際の大まかな流れをお伝えします。まず畳の縦の目に沿って掃除機をかけ、内部や溝のホコリを取り除きます。使用している畳に合った専用の洗剤を使用し、畳の表面をきれいにします。そのあとに、虫がつかないよう殺菌をおこないます。

 

1帖ごとに料金が設定されていることが多く、かかる時間はだいたい6帖で2時間ほどといわれています。

 

●カーペット・絨毯(動物の毛・化学繊維・緞通(だんつう、中東などの模様が複雑な高級絨毯))

ハウスクリーニングでカーペットや絨毯の掃除をおこなう際の大まかな流れをお伝えします。まず家具を移動させ、専用の機材でホコリやゴミを除去します。カーペットや絨毯に付着しているシミを手作業で除去します。専用の機材で全体を洗浄します。ウェットバキュームを使って汚れを回収し、乾燥させて家具を戻せば完了です。

 

かかる時間はだいたい10帖につき1.5時間ほどかかり、家具の移動する範囲や大きさによっては、別で移動費がかかる場合があります。

 

【内壁・照明器具】 目につくホコリ・汚れを取り除く

壁紙についてしまった汚れや照明器具は、きれいにすることでお部屋が一段と明るくなります。クロスについた黒ずみやたばこのヤニは、まず周りを汚さないように保護し、そのあとホコリを除去します。そのあと専用の洗剤で洗浄し、乾拭きをすれば完了です。

 

照明器具も同じように、作業をおこなう際に、周りにホコリが舞い落ちることがないよう保護をします。次に、点灯のチェックをおこない、蛍光灯を外します。洗剤を含んだタオルで本体を拭き、水拭きと乾拭きをおこないます。外したカバーもきれいにしたら、慎重に取り付け、点灯を確認したら完了です。

 

クロスの掃除にかかる時間はだいたい2~3時間ほどで、料金はお部屋の広さによって異なります。

 

照明器具は汚れ具合や台数にもよってかかる場合が異なります。また、料金は、照明の種類によって異なります。シャンデリアなどの掃除を依頼をすると、高くなるでしょう。

 

【窓ガラス・網戸】 汚れを落として明るさ・景観をアップ

窓ガラスや網戸は、日々汚れていきます。掃除がうまくいかなかったり、汚れがひどいようでしたら、プロに任せましょう。

 

窓ガラスを掃除する場合、まず外せるものをすべて外し、洗剤で洗浄をおこないます。水で洗ったあと、拭きあげて完了です。外せない場合は、そのまま作業をおこなうこともあります。

 

作業にかかる時間はだいたい2枚で30分~1時間ほどかかります。料金は汚れ具合や枚数によって大幅に異なります。

 

【エアコン】 徹底洗浄で不快な匂いの除去・効率アップ

エアコンの汚れは、放置するとカビが発生してしまうおそれがあります。嫌な匂いがしてきたり、ホコリによるアレルギーが出るようでしたら、早めに掃除をしましょう。

 

作業の流れは、まずパーツを分解し、ホコリや汚水で家が汚れないように保護をします。次にエアコン内部の汚れを専用の高圧洗浄機で洗います。元に戻して仕上げたら、試運転をして完了です。

 

かかる時間はだいたい約2時間ほどです。エアコンの種類によって料金は異なります。

 

【ソファー・椅子】 汚れ落としや害虫除去で安全に

ソファーや椅子は毎日使用することで、手垢や汗、ゴミなどか溜まりやすくなっています。ダニなどが繁殖してしまうおそれがありますので、丸洗いをして汚れや害虫をなくしましょう。

 

作業の流れは、まず掃除機により細かなゴミを取り除きます。次に、洗剤を塗布し、ブラッシングをして汚れを浮かせます。専用の機材を使用して、水ですすぎながら中に入り込んだ汚れや洗剤を吸い込みます。乾燥させたあと、拭きあげれば完了です。

 

かかる時間や料金は、ソファーの大きさや汚れの多さによって異なります。

 

 

自分でお掃除するのとどう違う?依頼した場合のメリットをご紹介!

自分でお掃除するのとどう違う?依頼した場合のメリットをご紹介!

 

家のお掃除だったら、自分でできるかと思うかもしれません。しかし、普段掃除をおこなわない場所での掃除や、洗剤を使うときは失敗してしまいそうで不安になりますよね。

 

プロにお任せをすると、自分で掃除をおこなうときとどのような違いがあるのでしょうか。依頼をしたときに起こるメリットをお伝えしていきます。

 

新品のようによみがえる・長持ちする

プロに掃除を依頼すると、想像以上のきれいさに驚くことでしょう。自分で掃除をおこなうことで十分きれいになることもありますが、プロは専門の知識をもち合わせていますので、お家の状態に一番適した方法で作業をおこなってくれます。

 

また、今後使用していく上での対策をしてくれる場合もありますので、新品のようにきれいになった上に、これから先も汚れがつきにくい状態へと環境を整えてくれます。

 

ホコリやハウスダストが減るので衛生的になる

家のホコリは、掃除したつもりでも案外残ってしまっています。ホコリの中にカビが発生してしまいますと、それを人が吸い込んでしまうことで、健康に影響が出てしまいます。

 

最近くしゃみがとまらないな……と感じたら、家のハウスダストが原因であることも考えられます。原因をなくすためにもプロによる掃除で一気に部屋の中をきれいにしましょう。

 

失敗する危険がない

自分で掃除をおこなう場合、簡単な拭き掃除などでしたら誰にもできますが、特殊な工程が必要な場合は失敗してしまうこともあるでしょう。

 

例えば、畳の掃除などは掃除機で吸い込む強さや使用する畳に合う洗剤を間違えてしまうと、畳を傷つけてしまうことがあり、あとから後悔してしまうことがあるかもしれません。そういった普段おこなわないような掃除は、なおさらプロに任せましょう。

 

時間的な拘束がない

掃除をしようとすると、貴重な時間を削って掃除をおこなわなければいけません。長くて数日間かかってしまうこともあるかと思います。掃除をする時間もないけどきれいにしたい……そんなときはプロの力をかりましょう。

 

掃除をかわりにやってくれるだけでなく、専門の知識や経験から、自分がやるより手早く終わらせてくれます。掃除によるストレスや肉体的な疲労から解放されることでしょう。

 

 

ハウスクリーニングの費用をできるだけ抑えたい!お得にできるポイントは4つ

ハウスクリーニングは隅々まできれいにおこなってくれる上に、スピーディーに終わらせてくれるのでぜひ依頼したい!でも費用が高いからなかなか頼めなくて困っている。と誰しも思いますよね。

 

実は、プロに依頼するときに、お得にする方法が存在します。知っているだけで、かかる金額は大きくかわってきますので、依頼をする前にぜひ覚えておいてください。

 

ポイント1 必要かどうかを見極める

今までの掃除の仕方のやり方があっているかどうか、一度確かめてみましょう。今まで知らなかった新しいやり方を見つけることができ、一気に綺麗になるかもしれません。もしプロに依頼をするほどでもないような汚れでしたら、かえって損した気分になってしまうかもしれません。依頼をするべきなのかどうか一度考えてみましょう。

 

ポイント2 あちこち掃除をしてほしいときは「セット」がオトク!

掃除をしたい箇所がいくつかあるのでしたら、まとめて依頼をしてみましょう。依頼をするところによっては、もともとセットになっているところもあり、1つの箇所の掃除を依頼するより安くなることがあります。

 

また、エアコンなども台数が増えることで安くなることがあります。まずは依頼をするときに確かめてみましょう。

 

ポイント3 時期によって価格が変動することもある

ハウスクリーニングはやはり年末の大掃除のシーズンや、春の引越し、夏のエアコンクリーニングなどに依頼が殺到します。その場合、繁忙期以外の時期は、繁忙期以外の時期の割引や、早めの予約による割引が適応されることがあります。そういった繁忙期をさけることで、値段を安く抑えることができますのでぜひご活用ください。

 

ポイント4 複数から見積りを取ることで、費用を格段におさえられる

値段が安いと感じたからといって、すぐに決めてはいけません。他に、もっと安く作業をしてくれるところがある可能性があるからです。依頼の内容によっては、思いがけない追加料金が発生する場合もあります。あとから後悔をしないためにも、すぐに決めないようにしましょう。

 

まずは複数の業者に見積りを出してもらうことをオススメします。金額やサービスを比較することで、納得のいく業者と巡り合えることができるでしょう。

 

 

まとめ

ハウスクリーニングを依頼するならば、ここまでご紹介した以下の点を頭の片隅に置いておくとよいでしょう。

 

・リビングのハウスクリーニングを依頼するときにかかる費用や時間は、掃除をおこなう箇所や範囲、汚れの度合いによって異なる

 

・自分で掃除をおこなうより、プロに依頼をすることでメリットはたくさん生まれる

 

・もし依頼をするなら、料金を抑えるための工夫が必要

]]>
絨毯クリーニングの方法・費用まとめ https://www.hoycambiomibombilla.com/jixyuutannnokuri-ninngu Thu, 07 Jun 2018 05:34:28 +0000 http://www.hoycambiomibombilla.com/?p=19346 無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

業者による絨毯クリーニングの方法と費用には「あれ」が関係している

お子様やペットの影響で絨毯が汚れてしまった場合や、引っ越しなどのタイミングで絨毯クリーニングをされる方が多くみられます。

 

また、高級な絨毯のため、簡単に手がつけられずプロにお願いするという方もいらっしゃいます。絨毯は比較的サイズが大きく、自分でお手入れをするのは大変なので、プロに依頼したくなることもあります。しつこい汚れにならないように、2~3年に一度はクリーニングを依頼するといいかもしれません。

 

絨毯のクリーニング方法や費用には「素材」が関係しています。ここでは素材に注目して、クリーニング方法や費用について解説していきます。

 

ご自宅にある絨毯の素材は?特徴をチェック

ご自宅にある絨毯の素材は?特徴をチェック

 

一般的な絨毯から高級な絨毯まで、素材別に特徴を解説していきます。

 

●一般的な絨毯

タフテッド
薄くて折りたたむことができるので、収納などにも便利です。裏にフェルトや麻などの生地が張られており、すべり止めがついているタフテッドもあります。費用は絨毯のなかでも比較的安いので、使用している人も多いのではないでしょうか。

 

レーヨン
独特な光沢があり、高級感を演出することができる絨毯がレーヨンです。レーヨンの場合、タグにレーヨンと記載されているでしょう。また、ウール・ヤギ・ラクダ・コットン・シルクなどの場合は、高級絨毯として扱われるケースがあります。費用は、タフテッドとさほど変わりません。

 

ウイルトン
ウイルトンは、「ウイルトンA」と「ウイルトンB」でわけられています。

ウイルトンAは、ポリエステル・アクリル・ポリプロピレンなどの化学素材のものが使用されています。裏張りはありませんが、折りたたむのが困難な商品もあります。ウイルトンBは、ウール・ウール混紡が使用されています。ウイルトンAよりも価格が高く、厚手できめ細かいのが特徴です。

 

ジャギー
ジャギーも「ジャギーA」と「ジャギーB」でわけられています。

ジャギーAは、毛足が1~2㎝ほどで化学繊維のものです。裏張りがあるものとないもの、どちらも存在しています。ジャギーBは、毛足が2㎝以上のもので太い毛足のものです。ウールなど、自然素材のものが使用されています。ジャギーAよりも価格は高いです。

 

●高級な絨毯

 

ウール
羊の毛から作られているものです。汚れがつきにくく、春夏秋冬どの季節でも、快適に使用することができます。

 

シルク
蚕の繭から作られているため、細かくツヤがある美しい絨毯です。シルクは、きちんと手入れをすることで長い期間使用することができます。

 

このように絨毯の素材はさまざまです。

 

絨毯クリーニングの方法には素材が関係している

素材によってクリーニングの方法が違います。絨毯をいい状態で長く使うためには、素材にあったクリーニングをする必要があります。

 

一般的には、水洗いすることがいいといわれています。ほこりや汚れを落とすには、水を使用するのが一番です。

 

しかし、高級な絨毯は繊細です。清掃をする道具によっては生地を傷つけてしまう可能性があるので、素材にあった道具を使用することが大切になります。

 

絨毯クリーニングの費用には素材が関係している

絨毯をクリーニングに出したときに発生する費用は、素材によって異なります。ご自宅の絨毯を確認しておくといいかもしれません。上記で紹介した素材別の特徴を参考にしてみてください。

 

とくにシルクやペルシャ絨毯など、高級な素材であればあるほど、クリーニングの費用も高くなります。

 

自分で素材が判断できないという方は、ハウスクリーニングのプロに尋ねてみるといいでしょう。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

自分で行う絨毯掃除!適切な頻度や方法を見てみましょう

クリーニングに出すことに抵抗がある方もいるかもしれません。依頼するやり取りがめんどうな方や、費用をおさえたいなど理由はさまざまです。

 

そんな方々に、自分で絨毯の掃除を正しく行う方法や手順を紹介していきます。また、掃除を行うべき頻度や手間を軽減させるためのコツもあります。知っておくことで、負担を減らすことができるでしょう。

 

絨毯掃除の頻度やポイントは?作業前に知りたい絨毯掃除の鉄則!

絨毯掃除の頻度やポイントは?作業前に知りたい絨毯掃除の鉄則!

 

自分で絨毯の掃除をすると手間がかかってしまうので、ポイントをおさえてできるだけ効率よく行うといいでしょう。まずは、絨毯の掃除をする頻度と、掃除を行うタイミングなどの鉄則を紹介していきます。

 

【掃除方法によって頻度が違う】

掃除の内容によっては、毎日行った方がいいものや頻繁には行わなくてもいいものがあります。

 

掃除機は毎日かけよう
掃除機は、毎日かけるのが理想です。生活しているとホコリは部屋中を舞っていて、絨毯にも落ちてきます。掃除機は簡単に操作をすることができ、時間もさほどかからないので毎日行うのが理想です。また、ペットを飼っているご自宅では、2回かけているという方も多くみられます。

 

また、週に1、2回程度で絨毯の裏側も掃除機をかけてあげるといいでしょう。絨毯の裏にもホコリは溜まっています。絨毯をめくって掃除機をかけましょう。

 

月に1回洗剤拭きをする
掃除機でホコリを取ったあとに、お湯に濡らして固く絞った雑巾でふきとってあげるといいでしょう。汚れが気になる場所は、拭き掃除用の洗剤もあるので使用しましょう。このようなことを月に1回程度で行うのが理想です。ふき取ったあとは、きちんと乾燥させましょう。

 

年に1.2回クリーニングをする
年に1、2回程度、クリーニングをするといいでしょう。自分でできるクリーニング方法は、のちほど紹介します。

 

 

【絨毯掃除の鉄則】

絨毯の掃除を行ううえで、知っておいた方がいいことを紹介します。

 

天気の良い午前中に行う
絨毯の掃除をしたあとは、乾燥させることが大切です。そのため、日が出ている午前中や日中に行うことをおすすめします。

 

スリッパもキレイにする
スリッパを使用しているご家庭の方は、スリッパもきれいにしておきましょう。床にはホコリやゴミがたくさん落ちています。それらが付着したスリッパで絨毯の上を歩いてしまうと、絨毯も汚れてしまうでしょう。

 

汚れたらすぐに対処する
汚れを放っておくと、キレイにするのが大変になってしまいます。汚れたらすぐにふき取ったり、掃除機をかけることを心がけましょう。

 

上記のようなことを気をつけておくことで、掃除の手間を軽減させることができます。

 

自分で行う絨毯掃除の方法!2種類まとめます

簡単に行える掃除機での掃除方法や、洗剤や重曹を使った掃除方法を紹介していきます。材料もご自宅にあるものが多いので、簡単に作業にとりかかることができるでしょう。

 

●正しい掃除機のかけ方
絨毯の掃除に掃除機を使う方が多いでしょう。なんとなく使っている掃除機ですが、正しい掃除機のかけ方があります。かけ方ひとつ変えることで、効率よく掃除することができるのです。

 

掃除機は、絨毯の毛を目元から起こすようにかけるのがいいといわれています。毛並みにそっているだけだと、絨毯の毛の中に埋もれているホコリを取ることができません。また、押さえつけたり、叩いたりしても逆効果になってしまうので、注意しましょう。

 

絨毯の毛が短いとホコリが入りこむ範囲も狭いので、掃除しやすいです。

 

●洗剤や重曹を使った絨毯の掃除方法
正しい掃除機のかけ方をおさえたら、より掃除の完成度を高めましょう。

 

掃除機をかけるまえ、絨毯に重曹をかけておくと効果的です。重曹の細かい粉状が絨毯の中に入り込んでくれるので、小さな汚れも吸収することができます。

 

また、重曹は汚れをとるだけでなく、臭いの消臭もしてくれます。掃除の効率もあげて、臭いの問題も解決してくれる優れものです。手に入れやすいものなので、実践してみてはいかがでしょうか。

 

自分でもできる絨毯掃除。クリーニング業者にまかせるメリットは?

絨毯の掃除は自分でもできることがわかりました。では、クリーニング業者にまかせるメリットはどこにあるのでしょうか。

 

業者に依頼して得られるメリットは

・絨毯をキレイに掃除するだけでなく、ダニを寄せ付けないようにするなどの対策も可能
・素材にあったクリーニング方法で対応してくれる
・ほつれや破れなど傷んだ絨毯にも対応してくれる

 

などがあります。とくに大切にしている絨毯を依頼する意味は大きいといえます。

 

そこで、気になることがある場合は、相談してみるといいでしょう。些細なことでも丁寧に対応してくれます。

 

ハウスクリーニング110番は、無料で相談を受け付けます。気になることや心配なことは、まず相談してみてから検討するのもいいでしょう。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

カーペットのクリーニングを依頼したときの料金

カーペットや絨毯のクリーニングを依頼する場合に、まず気になるのが料金という方も多いのではないでしょうか?自分で行う手間が省けたり、プロの手によって掃除をしてもらえるといったメリットと作業料金を照らし合わせたときにコスパがいいと感じるか、納得できるかが重要になります。

 

ここでは依頼前に知っておきたい、料金の計算方法やコスト削減のコツを紹介していきます。

 

カーペットのクリーニングでかかる費用の計算方法

カーペットのクリーニングでかかる費用の計算方法

 

カーペットや絨毯のクリーニングを依頼する場合に、まず気になるのが料金という方も多いのではないでしょうか?プロの手によって掃除をしてもらえるメリットと作業料金を照らし合わせたときにコスパがいいと感じるか、納得できるかが重要になります。

 

ここでは依頼前に知っておきたい、料金の計算方法やコスト削減のコツを紹介していきます。

 

カーペットのクリーニングでかかる費用の計算方法
カーペットのクリーニングにかかる料金は、カーペットのサイズ、素材で決まる場合が多いです。

 

お掃除をするカーペットが大きければ、それだけ作業面積も広くなるので、その分費用がかかるのは簡単に想像できると思いますが、注目すべきはカーペットの素材です。

 

薄手のものと比べて厚手のものや毛足の長いもの、ウールやポリエステル、アクリルといった科学素材でできたものより、だんつう(中国の高級品)のカーペットの方が料金が高くなる傾向にあります。また、ペルシャ絨毯やシルクなどでできた高級絨毯の場合は、さらに費用がかかることもあります。

 

カーペットクリーニングの費用をおさえるコツ

カーペットのクリーニングにかかる費用をおさえるためには、日々のお手入れがかかせません。

 

お手入れの頻度は、掃除機を使った清掃を週1回程度、おこなうようにしましょう。これをベースに、もし目立った汚れがある場合は半年に1回の洗濯をするようにします。カーペットのタグを確認して適切な方法で洗濯をしていきましょう。自宅の洗濯機では対応できないこともあるので、そのときは業者に頼るのもひとつの方法です。また、半年に1回は屋外で干してホコリをたたき出すことも大切です。

 

暖かくなってくるとカーペットを押入れにしまうことになると思いますが、保管方法にも注意が必要です。風通しの良い場所に保管すること、折りたたむことは避けて、丸めて保管することがポイントです。

 

カーペットのクリーニングを業者に依頼するにはどうしてもお金がかかってしまいます。毎回業者に依頼していてはコストがかかりすぎる…とお考えの方は多いでしょう。しかしお手入れは、自分でできることが大半です。日頃からしっかりとお手入れするとともに、必要時に業者に依頼するというのも賢い選択です。

 

カーペットのクリーニングでお悩みのときにはいつでもご相談ください

ここぞ!というときに使いたいカーペットクリーニング。業者に依頼するときは、まずは金額を把握しましょう。

 

HPなどで大体の金額が分かる場合もありますが、具体的な金額を知るためには見積もりが有効です。ハウスクリーニング110番では、無料の現地お見積り、見積もり確定後の追加料金なし、見積もり後のキャンセル可能といったサービスで、皆様に安心してご利用いただけます。

 

「金額を知りたい」というご要望に応える段階では、お金が発生する心配はありません。まずは相談・見積もりから始めてみませんか?

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

]]>
カーペットクリーニングの流れと費用 https://www.hoycambiomibombilla.com/carpet Tue, 06 Mar 2018 06:18:54 +0000 http://www.hoycambiomibombilla.com/?p=19289 無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

カーペットクリーニングを依頼する前に知りたい!作業の流れや費用などの役立ち情報

カーペットのお掃除。普段は自分で行っているという方も多いと思いますが、業者に依頼するのにはそれなりの良さがあります。

 

業者に依頼したい!とすでに決められている方はもちろん、自分でやろうか業者に依頼しようか迷っている…という方に向けて、業者に依頼すべきタイミングの紹介、業者のメリットと作業の流れについてをまとめていきます。

 

カーペットや絨毯、こんな症状にお困りではないですか?

カーペットや絨毯、こんな症状にお困りではないですか?

 

カーペットや絨毯は、寒い季節に大活躍するものです。温かいので重宝しますし、かかせないという方も多いのではないでしょうか?毎日使うカーペットは掃除をはじめ、日頃のお手入れが必須です。自分でキレイにすることも可能ですが、業者に依頼したほうがいい場合もあります。キレイに見えるカーペットでも、見た目の3倍以上の汚れがあるともいわれています。

 

このような症状がみられる場合は、業者へ依頼することを検討してみましょう。

 

 

  • ・自分では落とすことのできない汚れがあるとき

 

  • ・ダニによる影響が不安なとき
  • ・悪臭の発生原因がカーペットにある場合
  • ・カーペットを痛めたくないとき
  • ・だんつう、ペルシャ絨毯などの高級品を自分で扱うのが不安なとき

 

 

 

カーペットはお部屋のなかでも目立つものになります。どうしても落とせない汚れがある場合は、気になって仕方がないこともあります。自分での対処が難しいとき、清潔な状態を保ちたいとき、大切なカーペットや絨毯をお使いで手入れに自信がないときは、業者に依頼すると安心です。

 

業者によるカーペットクリーニングの流れ

業者にカーペットのクリーニングを依頼すると、以下のような流れで作業が進んでいきます。業者によって作業内容は変わってくるので、あくまで参考としてご覧ください。

 

 

  • 1.シミ取りなどの事前処理

 

  • 2.クリーニング
  • 3.後処理

 

 

 

まずは家具などの移動や養生を行います。その後、専用の機械などでホコリやゴミを取り除き、必要に応じてシミ取りをしていきます。この事前処理が終わったら、ようやくクリーニング作業に入ります。専用の機械を使って全体を洗浄していきます。最後に、汚れや薬剤成分を回収して作業は完了になります。カーペットが完全に乾き次第、キレイなカーペットを利用できます。

 

だんつうやペルシャ絨毯といった特殊かつ高級なカーペットのクリーニングの場合は、それに適した洗浄液や石鹸を使って対処することになります。つけ置き洗いや手洗い、場合によってはクリーニング後の修復をすることで作業が完了します。

 

業者によるカーペットクリーニングのメリットは多い!まずは相談してみませんか?

業者にカーペットの掃除を依頼すると、養生やシミ抜きといった事前処理をはじめ、専門の機械を使って徹底的にクリーニングしてくれます。業者によるクリーニングのメリットはこれだけではありません。他には、このようなものがあります。

 

 

  • ・家具などを移動させる手間が減る

 

  • ・カーペットの素材に合わせた薬剤を使ってくれる
  • ・使用した薬剤や汚れをしっかりと落としてくれるので、掃除後も安心して利用ができる
  • ・定期的なクリーニングでダニの発生予防になる

 

 

 

業者による徹底的なカーペットクリーニングは、メリットがたくさんあります。いつもは自分でやるという方も、一度、ハウスクリーニングのプロに作業をまかせてみませんか?

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

カーペットのクリーニングを依頼したときの料金

カーペットや絨毯のクリーニングを依頼する場合に、まず気になるのが料金という方も多いのではないでしょうか?自分で行う手間が省けたり、プロの手によって掃除をしてもらえるといったメリットと作業料金を照らし合わせたときにコスパがいいと感じるか、納得できるかが重要になります。

 

ここでは依頼前に知っておきたい、料金の計算方法やコスト削減のコツを紹介していきます。

 

カーペットのクリーニングでかかる費用の計算方法

カーペットのクリーニングでかかる費用の計算方法

 

カーペットや絨毯のクリーニングを依頼する場合に、まず気になるのが料金という方も多いのではないでしょうか?プロの手によって掃除をしてもらえるメリットと作業料金を照らし合わせたときにコスパがいいと感じるか、納得できるかが重要になります。

 

ここでは依頼前に知っておきたい、料金の計算方法やコスト削減のコツを紹介していきます。

 

 

カーペットのクリーニングでかかる費用の計算方法

カーペットのクリーニングにかかる料金は、カーペットのサイズ、素材で決まる場合が多いです。

 

 

お掃除をするカーペットが大きければ、それだけ作業面積も広くなるので、その分費用がかかるのは簡単に想像できると思いますが、注目すべきはカーペットの素材です。

 

薄手のものと比べて厚手のものや毛足の長いもの、ウールやポリエステル、アクリルといった科学素材でできたものより、だんつう(中国の高級品)のカーペットの方が料金が高くなる傾向にあります。また、ペルシャ絨毯やシルクなどでできた高級絨毯の場合は、さらに費用がかかることもあります。

 

カーペットクリーニングの費用をおさえるコツ

カーペットのクリーニングにかかる費用をおさえるためには、日々のお手入れがかかせません。

 

お手入れの頻度は、掃除機を使った清掃を週1回程度、おこなうようにしましょう。これをベースに、もし目立った汚れがある場合は半年に1回の洗濯をするようにします。カーペットのタグを確認して適切な方法で洗濯をしていきましょう。自宅の洗濯機では対応できないこともあるので、そのときは業者に頼るのもひとつの方法です。また、半年に1回は屋外で干してホコリをたたき出すことも大切です。

 

暖かくなってくるとカーペットを押入れにしまうことになると思いますが、保管方法にも注意が必要です。風通しの良い場所に保管すること、折りたたむことは避けて、丸めて保管することがポイントです。

 

カーペットのクリーニングを業者に依頼するにはどうしてもお金がかかってしまいます。毎回業者に依頼していてはコストがかかりすぎる…とお考えの方は多いでしょう。しかしお手入れは、自分でできることが大半です。日頃からしっかりとお手入れするとともに、必要時に業者に依頼するというのも賢い選択です。

 

カーペットのクリーニングでお悩みのときにはいつでもご相談ください

ここぞ!というときに使いたいカーペットクリーニング。業者に依頼するときは、まずは金額を把握しましょう。

 

HPなどで大体の金額が分かる場合もありますが、具体的な金額を知るためには見積もりが有効です。ハウスクリーニング110番では、無料の現地お見積り、見積もり確定後の追加料金なし、見積もり後のキャンセル可能といったサービスで、皆様に安心してご利用いただけます。

 

「金額を知りたい」というご要望に応える段階では、お金が発生する心配はありません。まずは相談・見積もりから始めてみませんか?

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

]]>
汚れに合わせて床をお掃除!方法や費用は? https://www.hoycambiomibombilla.com/huro-ring Tue, 27 Feb 2018 01:50:19 +0000 http://www.hoycambiomibombilla.com/?p=19274 無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

フローリングの掃除方法を徹底解説!ポイントやコツをおさえてピカピカに

床はお部屋のインテリアの中でも大部分を占め、室内の印象を大きく左右するパーツです。そんな床はホコリやカビ、黒ずみなどさまざまな要因によって汚れてしまいます。

 

フローリングは、どのように掃除すればピカピカになるのでしょうか?きれいにする秘訣は、汚れの種類に合わせたお掃除方法です。3つのレベル別のお掃除方法をご紹介します。お掃除するうえでの注意点やコツも踏まえて、ご自宅の汚れに合わせたお掃除方法を実践してみましょう。

 

フローリング掃除方法は「汚れレベル」によって違う

フローリング掃除方法は「汚れレベル」によって違う

 

フローリングには、ホコリやゴミ、髪の毛が落ちるだけでなく、カビや黒ずみなど落ちにくい汚れがこびりついてしまうことがあります。ここでは、3段階の汚れレベルに合わせたお掃除方法とコツをご紹介します。

 

●フローリング掃除の仕方・手順

・汚れレベル1・・・ゴミやホコリ

比較的落としやすいゴミ・ホコリには、ドライタイプのワイパーやモップでの掃除が効果的です。落としやすいといっても日々溜まりやすい汚れなので、毎日モップ掛けすることを心がけましょう。

 

・汚れレベル2・・・ハウスダストや花粉などの細かい汚れ

ハウスダストなどの目に見えない汚れは、ウエットタイプのモップなどを使って掃除します。市販のお掃除用シートを使えば、消毒や殺菌効果も期待できます。

 

・汚れレベル3・・・黒ずみやカビ、油汚れ

人間の体から落ちる皮脂からできる黒ずみ、結露などが原因でできてしまうカビには、アルコールや洗剤を使った方法がおすすめです。消毒用アルコールや食器用などの中性洗剤を水で薄め、雑巾やペーパーにつけてさっと拭きます。

 

 

●フローリング掃除のポイントやコツ ・朝に掃除する

お掃除は昼よりも、朝におこなう方が効果的です。というのも、昼だと人が動いてホコリが舞いやすくなっているのに対し、朝なら夜中に床上に落ち着いたホコリを取り除きやすくなるからです。

 

・溝まで掃除機できれいに

フローリングの表面を気にするばかりで、フローリングの溝が見落とされがちです。溝にはホコリなどの汚れが大量に詰まっていることも少なくないので、掃除機などを使って溝の汚れを吸いとることも忘れないようにします。

 

・短時間で水拭きを終わらせる

フローリングを水拭きするときは、できるだけ短時間で終わらせるようにしましょう。水分に長時間さらされると、木材が弱ってしまうからです。お掃除用の機械を使うなど、普段から汚れを軽減できるように工夫することで、掃除時間を減らすことができます。

 

・アロマオイルを使う

「面倒だし、楽しくないから定期的に掃除するのは億劫だ」こう思われる方もいるかもしれません。そんな方には、アロマオイルがおすすめです。水拭きするための水にアロマオイルを少量足すだけで、よい香りを楽しみながら掃除することができます。また、ユーカリ成分が入っているオイルなら殺菌に役立つかもしれません。

 

フローリング掃除でやってはいけない!NG項目をチェック

・重曹やセスキ炭酸ソーダを使う

汚れ落としや消臭に使われ、お家の掃除のさまざまな場面で大活躍な重曹ですが、フローリングに使うのは危険です。重曹やセスキ炭酸ソーダは、油などしつこい汚れを落とすのに適するアルカリ性の洗剤ですが、床に使うとワックスがはがれてしまったり、材質によっては効果が得られなかったりすることがあるのです。

 

・換気をしないで掃除する

床にはホコリや花粉など、空中に舞いやすい軽い汚れもたくさん付着しているので、掃除をするときにはそれらを外に逃がすことも欠かせません。窓を開けて換気をしないと、せっかく掃除をしても汚れがお部屋の中に溜まってしまうことになるので、複数の窓を開けて空気の流れを作りましょう。

 

・頻繁に水拭きをする

基本的に木材が使われるフローリングは、水分にあまり強くありません。ホコリなどの軽い汚れやしつこい汚れを落とそうと雑巾を使ってゴシゴシと水拭きしがちですが、フローリングは水が苦手です。水拭きをどうしてもしたいときは、吹いた部分が乾きやすいように晴れの日を選び、できる限り雑巾を絞ってからおこないましょう。

 

フローリングをキレイに保つためにできる3つのこと

いつまでもきれいな状態にしておきたいフローリング。下の3つのことをおこなうことで美しさを保つことができます。

 

  • 1. 日ごろの使い方を考慮する
  • 2. ワックスがけをする
  • 3. ハウスクリーニング業者に依頼する

 

木材であるフローリングは、水分があり湿度も高いとカビが生えやすくなります。逆に乾燥する時期は木材が縮んでしまい劣化しやすくなることがあります。湿気や乾燥に注意して使っていきましょう。

 

また、モップを使ってワックスがけをすればキズや汚れを防ぐことができます。しかし、自分でおこなうときはワックスの成分に気を付けましょう。価格を気にしてワックスを選ぶと、木材に合わずに余計に汚れを促進してしまうことがあります。

 

フローリングに合った掃除をしたい!というときは、業者におまかせした方が安心です。フローリングを良く知るプロが汚れに適した方法で掃除をしてくれるので、自分で掃除するよりも高い効果を得られるでしょう。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

フローリングの掃除の料金を安くするコツ!信頼できる業者の見つけ方は?

現在はインターネット上やスーパーなどさまざまな場所で掃除道具を手に入れられ、自分で掃除することができますが、汚れがひどくなっていると、市販の製品では効果を得られないこともあるでしょう。自分できれいにするのに限界を感じたら、業者におまかせするのがおすすめです。

 

とはいっても、やっぱり費用は気になってしまうものです。業者に依頼する場合の費用はどのように決まるのでしょうか?信頼できる業者の探し方や、費用を抑えるためのポイントも理解して、安く賢くきれいなフローリングを取り戻しましょう。

 

フローリング掃除でかかる費用の計算方法

フローリング掃除でかかる費用の計算方法

 

フローリングのクリーニングにかかる費用を知るには、【床面積】と【作業内容】に注目します。

 

・フローリング(床)の面積

使用する洗剤の量や施工時間に関わるので、フローリングの面積によって費用が決められていることが多いです。

 

・作業内容

どんな施行をしてもらうかで費用が変わります。たとえば、掃除するだけでなくワックスでコーティングしてもらうのか、もともとかけてあったワックスをはがしてからワックスがけするのか。このような違いが仕上がりだけでなく費用も左右します。使うワックスの種類や掃除用具によって費用が変わることもあります。

 

安くするためのコツと安心してまかせられる業者の見つけ方

業者に依頼するとなったときに気になるのは、「クリーニング費用」と「業者の信頼性」ではないでしょうか?

 

費用が高いからやめておこうかなとお悩みの方、あきらめるのはまだ早いです。自分でできるお掃除は自分でおこない、業者じゃないと難しいお掃除だけを依頼すればよいのです。ホコリやゴミの掃除は毎日・毎週など定期的におこなうようにし、汚れが溜まらないよう予防することが大切です。また、カビや黒ずみを防止するために、アルコール消毒をおこなうのも自分でできる方法です。

 

反対に、業者にまかせるべきなのはワックスがけです。ワックスは質のいいものを使うことでキズや汚れに強いフローリングに仕上がるので、長期的に見て費用を抑えられます。このように、自分の手と業者を上手に使い分けることが費用を抑えるコツになります。

 

また、依頼するときには業者選びが大切です。クリーニング業者を見つけるときは、以下のようなことに注目しましょう。

 

  • ・数々の実績がある
  • ・価格の設定が適切である
  • ・対応が丁寧で安心できる

 

このようなことは、業者を利用した方の口コミや各業者のホームページなどでも確認することができます。

 

フローリング掃除をご検討の方は、まずはお見積り・ご相談から!

優良業者を見つけるには、実績のほかに価格設定や対応の善し悪しを見極めることが大切だとお伝えしましたが、それらのことを手っ取り早く知れるのが、見積もりです。見積もりを依頼すると、どんなことにどれだけのお金がかかるのかを目で確かめることができます。

 

また見積もり時には、不安な点などを業者に相談することもできるでしょう。さらに、いくつかの業者で相見積りをすれば施工内容や料金の違いが一目瞭然で、ベストな業者を見つけやすくなります。

 

ハウスクリーニング110番では、無料での見積もりをご利用いただけます。「まだ依頼するか悩んでいる」「相見積りで他社と比較してみたい」という方でも安心してご利用いただけます。まずはお見積りをしてみてはいかがでしょうか?

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

]]>
洗濯機掃除は業者任せ!費用や頻度は? https://www.hoycambiomibombilla.com/sentakuki Tue, 13 Feb 2018 06:19:20 +0000 http://www.hoycambiomibombilla.com/?p=19254 無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

洗濯機や洗濯槽の掃除は必須!自分でやるお掃除方法と適切な頻度

お家で洗っている洗濯物、きちんと洗濯できていますか?洗濯機を掃除していないと、衣類についていた繊維やホコリだけでなく、水垢やカビまでもが洗濯物に付着することがあります。このような汚れが衣類についてしまっては、「洗濯」とはいえません。

 

きちんと衣服の汚れを落としてきれいにするためには、洗濯機・洗濯槽の掃除は欠かせません。自分でおこなえるお手入れ方法や、業者にお任せすべきタイミングを見ていきましょう。

 

新しい洗濯機でもおそろしいほどの汚れがある場合があります

新しい洗濯機でもおそろしいほどの汚れがある場合があります

 

洗濯機は新しいからといって、汚れの心配がないわけではありません。たとえば、購入してから1年もたっていない洗濯機でも、ひどい汚れがこびりついていることがあります。とくに掃除をせずに回し続けている洗濯機では、服に付着している泥やホコリなどが頑固な汚れとなり、さらには数か月でカビが生えてしまうこともあります。

 

また、「ステンレス製の洗濯機だからカビの心配はない」と思っている方も要注意です。確かにステンレスなら他の素材に比べるとカビが生えにくいといえます。しかし、まったく生えないわけではないので、油断は禁物です。

 

衣類をきれいにするために使われる洗剤や柔軟剤、水が汚れを招くこともあります。洗剤・柔軟剤の残りかすが洗濯機の中に残っている可能性がありますし、水は水垢の発生原因になります。

 

水を使うために湿度と温度が高い洗濯機の中は、雑菌が繁殖しやすい環境でもあります。放っておくとアトピーやアレルギー、皮膚病などの病気を引き起こす可能性もありますので、日ごろから汚れ対策をすることはとても大切なのです。

 

洗濯槽掃除を自分で行う方法と手順–頻度はどれくらい?

落とすのが難しいカビや他の汚れが洗濯機につかないようにするには、日ごろから定期的にお手入れすることが何よりも大切です。自分でも簡単にできるお掃除の基本をご紹介しますので、今日から実践してみましょう。

 

 

  • ① 40~50度の水を洗濯槽に張る
  • ② お湯の中に、重曹や酸素系の漂白剤や掃除用洗剤を入れる
  • ③ いつもの洗濯コースで洗濯機を5分くらい回す
  • ④ 一晩そのままでおいておく
  • ⑤ 再度5分ほど洗濯コースで洗い、浮かんだ汚れ・カビを網などですくう
  • ⑥ きれいな水を溜め、洗濯コースで5分洗う

 

 

掃除用洗剤は、重曹なら200グラムを粉末で、漂白剤や掃除用洗剤は500~1000グラム(液体は500ml~1000ml)を投入します。

 

このお掃除方法は、2~3か月に1回程度取り組むのが理想です。定期的に掃除をすることで、汚れを抑え、ハウスクリーニング業者に大がかりなクリーニングをおまかせする頻度が少なくて済みます。

 

洗濯機や洗濯槽で業者にまかせるべき掃除とタイミング

汚れを完璧に落とそうとどんなに躍起になっても、自分でのお掃除には限界があります。先ほどご紹介したような方法で落ちてくれる汚れもありますが、そうでないものもあるのです。

 

  • ・洗った洗濯物に黒いツブツブがついている
  • ・洗濯槽に嫌なニオイがまとわりついている

 

このような症状があるときは、自分で除菌・清掃するのは難しいでしょう。思い切って業者に依頼することが健康と清潔さへの第一歩です。あなたも業者にお任せして洗濯機をピカピカにお掃除しませんか?

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

洗濯機や洗濯槽の掃除を依頼したときの料金

洗濯機のクリーニングの費用はどれくらいかかるのでしょうか?クリーニングのプロならではのお手入れ方法で洗濯機の汚れを一掃したいと思っても、どうしても費用は気がかりです。そんなときは、費用の目安を確認してみましょう。業者に依頼するときの費用は、2つの方法からおおよそ予想することができます。

 

費用をできるだけ安く抑えるための簡単なコツも紹介します。コストをおさえながら洗濯機をピカピカにするために、上手に業者を活用することが大切です。

 

洗濯機・洗濯槽の掃除でかかる費用の計算方法

洗濯機・洗濯槽の掃除でかかる費用の計算方法

 

洗濯機・洗濯槽の掃除を業者にまかせると、この2つの方法で費用が決まることが多いです。

 

・クリーニング方法

1つ目がクリーニング方法です。掃除の方法には分解洗浄と除菌洗浄とがありますが、分解洗浄は洗濯槽を取り外して汚れを完璧に落とそうとする方法で、費用は除菌洗浄よりも高くなる場合が多いようです。除菌洗浄は洗濯槽を取り外すことなく、短時間で安い費用で汚れを落とすことができます。

 

・洗濯機の種類

洗濯機の種類・形も重要です。現在、全自動式かドラム式の掃除機がほとんどのご家庭で使われています。この2種類を比較すると、全自動式よりも比較的容量が大きいドラム式は、クリーニング費用が高い傾向にあります。

 

洗濯機や洗濯槽のカビを防いでコスト削減!

「洗濯機クリーニングはしたいけど、費用が高いからちょっと…」という方も、あきらめるのはまだ早いです。ほんのちょっとの手間をかけるだけで費用を格段に抑えることができることもあります。クリーニング代を抑えるコツを見ていきましょう。

 

  • ・洗うときは適量の洗剤を使って、カビ・細菌を防ぐ
  • ・汚れがこびりつくのを抑えるため、定期的に自分で掃除する
  • ・洗濯物は洗濯する直前までカゴに入れておく
  • ・洗濯槽内を乾燥させるために、蓋はなるべく開けたままにする

 

普段の使い方に気を付けるだけで、汚れだけでなく、厄介なカビの増殖を防ぐことも可能です。洗濯機を上手に使って、掃除にかかるコストを少しでも減らしましょう!

 

洗濯機や洗濯槽をピカピカにしたい!そんなときにはいつでもご相談ください

洗いたての洗濯物を干そうと思ったらなぜか汚れている、というようなお悩みをお抱えの方もいらっしゃるでしょう。洗濯機では、放っておくと繊維やホコリだけでなく、病気の原因ともなるカビや雑菌が繁殖してしまいます。アレルギーなどから身体を守るためにも、すぐにクリーニングを依頼することをおすすめします。

 

ハウスクリーニング110番では、見積りを無料でおこなっているので、費用や施行内容を知ってから依頼するかを決めることができます。24時間電話対応しているので、思い立ったらすぐに掃除を依頼することも可能です。費用が確定した後は追加料金が発生することもないので、どなたでも安心してご利用いただけます。

 

ご自分では取れない汚れがあるとき、大掃除の時期に洗濯機もきれいにしたいと思ったとき。どんなときでもお客様の洗濯機の清潔さを取り戻します。いつでもご連絡ください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

]]>
ベランダ掃除は自分?業者依頼の費用は https://www.hoycambiomibombilla.com/beranda-souzi Fri, 09 Feb 2018 09:10:49 +0000 http://www.hoycambiomibombilla.com/?p=19242 無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

自分で行うベランダ掃除の手順とポイント!掃除は業者に依頼するべき…?

多くのマンションや戸建住宅にあるベランダは、洗濯物を干したり、外を眺めたりする場であり、家の外部とはいっても清潔さが求められる場所です。たとえベランダ上に屋根があっても、カラスのフンや土けむりにさらされ、手すりが汚れてしまったり、排水溝にゴミが溜まったりすることも少なくありません。清潔なベランダを取り戻すためにはどのように掃除したらよいのか、掃除を業者に依頼するメリットやタイミングと一緒に見ていきましょう。

 

ベランダ掃除の手順を確認しましょう

ベランダ掃除の手順を確認しましょう

 

まずは自分で手軽におこなえる掃除方法から確認。正しい手順で気になる汚れをさっときれいにしてしまいましょう。

 

1. ベランダの荷物を片づける
2. 手袋をして、フンを除去した後、消毒する
3. ほうきや掃除機でゴミを、新聞紙で塵・ホコリを取り除く
4. 重曹水で床をスプレーし、時間を置いてから拭き掃除する
5. 排水溝の汚れを落とす
6. サッシ・手すり部分を濡らした雑巾で磨く
7. 重曹水で床をスプレーし、時間を置いてから拭き掃除する

 

フンがある場合には取り除く必要がありますが、フンには菌がある可能性があるので注意が必要です。手袋をし、ほうきで掃くときはフン専用のものを用意し、使用後はすぐに捨てましょう。

 

ホコリや塵など細かいゴミには、水で濡らして破った新聞紙を床にばらまいて穿くはく方法が効果的です。床の汚れがひどい場合は、重曹水を使い、しっかりと拭き取りましょう。黒ずみが見られるようであれば、クエン酸水などの酸性の成分を使って掃除するのがおすすめです。

 

ベランダを掃除するタイミングと知っておくべきポイント

●ベランダ掃除のタイミング

ベランダ掃除はもちろん年中いつでもおこなえます。しかし、最適なタイミングに掃除すればより効果的に汚れを落とせます。

 

ベランダ掃除は、意外にも雨の日におこなうのがよいのはご存知でしょうか?雨の日は湿度が高いため、ホコリが舞いにくく、溜まった汚れを逃がすことなく取り除くことができるのです。あまりにも雨が激しい日や強風の日は避けたいですが、小雨の日に取り組むと汚れを落としやすくなります。

 

「大掃除をする年末には寒くて外に出たくない」という方は、あたたかくなった春の新生活が始まるタイミングにするのもおすすめです。

 

●ベランダ掃除のポイントと注意点

ベランダ掃除には、いくつかの点に注意しなければなりません。

 

まず、水の使い方には注意しましょう。掃除をするのに水は大切ですが、むやみに使うのは近隣の人への迷惑になります。とくにマンションなどの集合住宅に住んでいる場合には、隣や下のお部屋やベランダに水がかかることのないよう気をつける必要があります。

 

また、掃除する際には、汚れを判断し正しい掃除方法を見極める目が必要です。ホコリや砂に水はほうきだけでは上手に除去できませんし、フンを掃除する際に適切な除去方法を知らなければ、菌に身をさらしてしまいかねません。自分でベランダ掃除をするときは、汚れの原因の特定と、正確な対処を心がけましょう。

 

自分でできるお手入れと業者に依頼する掃除を使い分けることがおすすめ!

ベランダの掃除には、自分でのお手入れと業者による本格的なクリーニングを使い分けすることがおすすめです。日ごろのお手入れは自分でおこない、年に何度か業者にピカピカにしてもらうというように、上手に使い分けながら清潔なベランダを保ちましょう。

 

しかし、ベランダの掃除を自分でおこなうには案外手間がかかるもので、「面倒なので自分では掃除したくない」「フンがあるから衛生面が心配」と思う方も少なくないのではないでしょうか?そのような場合には、業者に頼んで掃除してもらえば安全にきれいにすることができます。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

ベランダの掃除を依頼したときの料金

業者になにかを依頼するときには費用が気になってしまうもの。ベランダ掃除でも気になる方は大勢いらっしゃるでしょう。ベランダ掃除をクリーニングのプロに依頼すると、なににコストがかかるのでしょうか?費用の計算方法をチェックしましょう。

 

ベランダは大切なお家の一部です。安心して掃除を任せられるよう、優良業者の選び方もマスターしましょう。

 

ベランダの掃除でかかる費用の計算方法

ベランダの掃除でかかる費用の計算方法

 

ベランダのクリーニングにかかる費用は、業者によってばらつきがあり、料金設定もさまざまですが、ベランダだけを掃除する場合、業者独自の固定料金があらかじめ決められていることが多いようです。できるだけ費用を抑えたいときは、複数の業者に見積りを依頼して比較するとよいでしょう。

 

ベランダの広さによって料金が変動するよう設定している業者も存在します。この場合、広ければその分手間がかかるため、必要な作業員数や作業時間が増えます。その結果、クリーニング費用が高くなります。

 

ほかにも注目すべき点があります。

 

・ベランダにつながる窓の網戸や窓もあわせて掃除するか
・床に汚れ防止などの特別なコーティングを施してもらうか

 

こういった場合は、別途オプション費用として必要になることがあります。これらの作業をしてもらいたいと考えているなら、費用が高くなることを予想しておきましょう。

 

ポイントをおさえて安心!ベランダの掃除を依頼する業者の選び方

せっかく費用を出して掃除をするなら、業者選びは肝心です。そこで信頼できる業者の選び方やポイントを紹介します。

 

☑対応が親切か
☑料金提示が適切か
☑実績や口コミが良いか
☑施工内容が十分であるか

 

電話での対応は業者の心を表すことが少なくありません。掃除の際も親切な対応をしてくれそうか確認しましょう。口コミや実績はホームページで調べられることもありますが、料金設定や施工内容については見積りを依頼するとより明確に知ることができます。さらに、相見積りをすれば比較が簡単にできてベストな業者を選びやすくなります。

 

ベランダの掃除でお悩みのときにはいつでもご相談ください

外の空気を吸うためにちょっと出てみたり、洗濯物を乾かしたりするベランダは、いつでも清潔にしておきたい場所です。しかし、鳥のフンや砂ホコリなどいろいろな汚れがやってくるので、案外汚れやすい場所と言えます。

 

「最近ベランダの掃除をしていない」「鳥のフンを自分で処理するのは衛生が気になる」という方も、まずは見積もりからしてみませんか?弊社の見積もりは、無料の見積もり、見積もり確定後の追加料金なし、見積もり後のキャンセルも可能なので、安心してご利用いただけます。ベランダ掃除を業者にお任せするのがはじめてという方も、お気軽にご相談ください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

]]>