ハウスクリーニング110番トップページ > 汚れに合わせて床をお掃除!方法や費用は?

汚れに合わせて床をお掃除!方法や費用は?

2018.02.27

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

フローリングの掃除方法を徹底解説!ポイントやコツをおさえてピカピカに

床はお部屋のインテリアの中でも大部分を占め、室内の印象を大きく左右するパーツです。そんな床はホコリやカビ、黒ずみなどさまざまな要因によって汚れてしまいます。

 

フローリングは、どのように掃除すればピカピカになるのでしょうか?きれいにする秘訣は、汚れの種類に合わせたお掃除方法です。3つのレベル別のお掃除方法をご紹介します。お掃除するうえでの注意点やコツも踏まえて、ご自宅の汚れに合わせたお掃除方法を実践してみましょう。

 

フローリング掃除方法は「汚れレベル」によって違う

フローリング掃除方法は「汚れレベル」によって違う

 

フローリングには、ホコリやゴミ、髪の毛が落ちるだけでなく、カビや黒ずみなど落ちにくい汚れがこびりついてしまうことがあります。ここでは、3段階の汚れレベルに合わせたお掃除方法とコツをご紹介します。

 

●フローリング掃除の仕方・手順

・汚れレベル1・・・ゴミやホコリ

比較的落としやすいゴミ・ホコリには、ドライタイプのワイパーやモップでの掃除が効果的です。落としやすいといっても日々溜まりやすい汚れなので、毎日モップ掛けすることを心がけましょう。

 

・汚れレベル2・・・ハウスダストや花粉などの細かい汚れ

ハウスダストなどの目に見えない汚れは、ウエットタイプのモップなどを使って掃除します。市販のお掃除用シートを使えば、消毒や殺菌効果も期待できます。

 

・汚れレベル3・・・黒ずみやカビ、油汚れ

人間の体から落ちる皮脂からできる黒ずみ、結露などが原因でできてしまうカビには、アルコールや洗剤を使った方法がおすすめです。消毒用アルコールや食器用などの中性洗剤を水で薄め、雑巾やペーパーにつけてさっと拭きます。

 

 

●フローリング掃除のポイントやコツ ・朝に掃除する

お掃除は昼よりも、朝におこなう方が効果的です。というのも、昼だと人が動いてホコリが舞いやすくなっているのに対し、朝なら夜中に床上に落ち着いたホコリを取り除きやすくなるからです。

 

・溝まで掃除機できれいに

フローリングの表面を気にするばかりで、フローリングの溝が見落とされがちです。溝にはホコリなどの汚れが大量に詰まっていることも少なくないので、掃除機などを使って溝の汚れを吸いとることも忘れないようにします。

 

・短時間で水拭きを終わらせる

フローリングを水拭きするときは、できるだけ短時間で終わらせるようにしましょう。水分に長時間さらされると、木材が弱ってしまうからです。お掃除用の機械を使うなど、普段から汚れを軽減できるように工夫することで、掃除時間を減らすことができます。

 

・アロマオイルを使う

「面倒だし、楽しくないから定期的に掃除するのは億劫だ」こう思われる方もいるかもしれません。そんな方には、アロマオイルがおすすめです。水拭きするための水にアロマオイルを少量足すだけで、よい香りを楽しみながら掃除することができます。また、ユーカリ成分が入っているオイルなら殺菌に役立つかもしれません。

 

フローリング掃除でやってはいけない!NG項目をチェック

・重曹やセスキ炭酸ソーダを使う

汚れ落としや消臭に使われ、お家の掃除のさまざまな場面で大活躍な重曹ですが、フローリングに使うのは危険です。重曹やセスキ炭酸ソーダは、油などしつこい汚れを落とすのに適するアルカリ性の洗剤ですが、床に使うとワックスがはがれてしまったり、材質によっては効果が得られなかったりすることがあるのです。

 

・換気をしないで掃除する

床にはホコリや花粉など、空中に舞いやすい軽い汚れもたくさん付着しているので、掃除をするときにはそれらを外に逃がすことも欠かせません。窓を開けて換気をしないと、せっかく掃除をしても汚れがお部屋の中に溜まってしまうことになるので、複数の窓を開けて空気の流れを作りましょう。

 

・頻繁に水拭きをする

基本的に木材が使われるフローリングは、水分にあまり強くありません。ホコリなどの軽い汚れやしつこい汚れを落とそうと雑巾を使ってゴシゴシと水拭きしがちですが、フローリングは水が苦手です。水拭きをどうしてもしたいときは、吹いた部分が乾きやすいように晴れの日を選び、できる限り雑巾を絞ってからおこないましょう。

 

フローリングをキレイに保つためにできる3つのこと

いつまでもきれいな状態にしておきたいフローリング。下の3つのことをおこなうことで美しさを保つことができます。

 

  • 1. 日ごろの使い方を考慮する
  • 2. ワックスがけをする
  • 3. ハウスクリーニング業者に依頼する

 

木材であるフローリングは、水分があり湿度も高いとカビが生えやすくなります。逆に乾燥する時期は木材が縮んでしまい劣化しやすくなることがあります。湿気や乾燥に注意して使っていきましょう。

 

また、モップを使ってワックスがけをすればキズや汚れを防ぐことができます。しかし、自分でおこなうときはワックスの成分に気を付けましょう。価格を気にしてワックスを選ぶと、木材に合わずに余計に汚れを促進してしまうことがあります。

 

フローリングに合った掃除をしたい!というときは、業者におまかせした方が安心です。フローリングを良く知るプロが汚れに適した方法で掃除をしてくれるので、自分で掃除するよりも高い効果を得られるでしょう。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

フローリングの掃除の料金を安くするコツ!信頼できる業者の見つけ方は?

現在はインターネット上やスーパーなどさまざまな場所で掃除道具を手に入れられ、自分で掃除することができますが、汚れがひどくなっていると、市販の製品では効果を得られないこともあるでしょう。自分できれいにするのに限界を感じたら、業者におまかせするのがおすすめです。

 

とはいっても、やっぱり費用は気になってしまうものです。業者に依頼する場合の費用はどのように決まるのでしょうか?信頼できる業者の探し方や、費用を抑えるためのポイントも理解して、安く賢くきれいなフローリングを取り戻しましょう。

 

フローリング掃除でかかる費用の計算方法

フローリング掃除でかかる費用の計算方法

 

フローリングのクリーニングにかかる費用を知るには、【床面積】と【作業内容】に注目します。

 

・フローリング(床)の面積

使用する洗剤の量や施工時間に関わるので、フローリングの面積によって費用が決められていることが多いです。

 

・作業内容

どんな施行をしてもらうかで費用が変わります。たとえば、掃除するだけでなくワックスでコーティングしてもらうのか、もともとかけてあったワックスをはがしてからワックスがけするのか。このような違いが仕上がりだけでなく費用も左右します。使うワックスの種類や掃除用具によって費用が変わることもあります。

 

安くするためのコツと安心してまかせられる業者の見つけ方

業者に依頼するとなったときに気になるのは、「クリーニング費用」と「業者の信頼性」ではないでしょうか?

 

費用が高いからやめておこうかなとお悩みの方、あきらめるのはまだ早いです。自分でできるお掃除は自分でおこない、業者じゃないと難しいお掃除だけを依頼すればよいのです。ホコリやゴミの掃除は毎日・毎週など定期的におこなうようにし、汚れが溜まらないよう予防することが大切です。また、カビや黒ずみを防止するために、アルコール消毒をおこなうのも自分でできる方法です。

 

反対に、業者にまかせるべきなのはワックスがけです。ワックスは質のいいものを使うことでキズや汚れに強いフローリングに仕上がるので、長期的に見て費用を抑えられます。このように、自分の手と業者を上手に使い分けることが費用を抑えるコツになります。

 

また、依頼するときには業者選びが大切です。クリーニング業者を見つけるときは、以下のようなことに注目しましょう。

 

  • ・数々の実績がある
  • ・価格の設定が適切である
  • ・対応が丁寧で安心できる

 

このようなことは、業者を利用した方の口コミや各業者のホームページなどでも確認することができます。

 

フローリング掃除をご検討の方は、まずはお見積り・ご相談から!

優良業者を見つけるには、実績のほかに価格設定や対応の善し悪しを見極めることが大切だとお伝えしましたが、それらのことを手っ取り早く知れるのが、見積もりです。見積もりを依頼すると、どんなことにどれだけのお金がかかるのかを目で確かめることができます。

 

また見積もり時には、不安な点などを業者に相談することもできるでしょう。さらに、いくつかの業者で相見積りをすれば施工内容や料金の違いが一目瞭然で、ベストな業者を見つけやすくなります。

 

ハウスクリーニング110番では、無料での見積もりをご利用いただけます。「まだ依頼するか悩んでいる」「相見積りで他社と比較してみたい」という方でも安心してご利用いただけます。まずはお見積りをしてみてはいかがでしょうか?

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!