ハウスクリーニング110番トップページ > 洗濯機掃除は業者任せ!費用や頻度は?

洗濯機掃除は業者任せ!費用や頻度は?

2018.02.13

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

洗濯機や洗濯槽の掃除は必須!自分でやるお掃除方法と適切な頻度

お家で洗っている洗濯物、きちんと洗濯できていますか?洗濯機を掃除していないと、衣類についていた繊維やホコリだけでなく、水垢やカビまでもが洗濯物に付着することがあります。このような汚れが衣類についてしまっては、「洗濯」とはいえません。

 

きちんと衣服の汚れを落としてきれいにするためには、洗濯機・洗濯槽の掃除は欠かせません。自分でおこなえるお手入れ方法や、業者にお任せすべきタイミングを見ていきましょう。

 

新しい洗濯機でもおそろしいほどの汚れがある場合があります

新しい洗濯機でもおそろしいほどの汚れがある場合があります

 

洗濯機は新しいからといって、汚れの心配がないわけではありません。たとえば、購入してから1年もたっていない洗濯機でも、ひどい汚れがこびりついていることがあります。とくに掃除をせずに回し続けている洗濯機では、服に付着している泥やホコリなどが頑固な汚れとなり、さらには数か月でカビが生えてしまうこともあります。

 

また、「ステンレス製の洗濯機だからカビの心配はない」と思っている方も要注意です。確かにステンレスなら他の素材に比べるとカビが生えにくいといえます。しかし、まったく生えないわけではないので、油断は禁物です。

 

衣類をきれいにするために使われる洗剤や柔軟剤、水が汚れを招くこともあります。洗剤・柔軟剤の残りかすが洗濯機の中に残っている可能性がありますし、水は水垢の発生原因になります。

 

水を使うために湿度と温度が高い洗濯機の中は、雑菌が繁殖しやすい環境でもあります。放っておくとアトピーやアレルギー、皮膚病などの病気を引き起こす可能性もありますので、日ごろから汚れ対策をすることはとても大切なのです。

 

洗濯槽掃除を自分で行う方法と手順--頻度はどれくらい?

落とすのが難しいカビや他の汚れが洗濯機につかないようにするには、日ごろから定期的にお手入れすることが何よりも大切です。自分でも簡単にできるお掃除の基本をご紹介しますので、今日から実践してみましょう。

 

 

  • ① 40~50度の水を洗濯槽に張る
  • ② お湯の中に、重曹や酸素系の漂白剤や掃除用洗剤を入れる
  • ③ いつもの洗濯コースで洗濯機を5分くらい回す
  • ④ 一晩そのままでおいておく
  • ⑤ 再度5分ほど洗濯コースで洗い、浮かんだ汚れ・カビを網などですくう
  • ⑥ きれいな水を溜め、洗濯コースで5分洗う

 

 

掃除用洗剤は、重曹なら200グラムを粉末で、漂白剤や掃除用洗剤は500~1000グラム(液体は500ml~1000ml)を投入します。

 

このお掃除方法は、2~3か月に1回程度取り組むのが理想です。定期的に掃除をすることで、汚れを抑え、ハウスクリーニング業者に大がかりなクリーニングをおまかせする頻度が少なくて済みます。

 

洗濯機や洗濯槽で業者にまかせるべき掃除とタイミング

汚れを完璧に落とそうとどんなに躍起になっても、自分でのお掃除には限界があります。先ほどご紹介したような方法で落ちてくれる汚れもありますが、そうでないものもあるのです。

 

  • ・洗った洗濯物に黒いツブツブがついている
  • ・洗濯槽に嫌なニオイがまとわりついている

 

このような症状があるときは、自分で除菌・清掃するのは難しいでしょう。思い切って業者に依頼することが健康と清潔さへの第一歩です。あなたも業者にお任せして洗濯機をピカピカにお掃除しませんか?

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

洗濯機や洗濯槽の掃除を依頼したときの料金

洗濯機のクリーニングの費用はどれくらいかかるのでしょうか?クリーニングのプロならではのお手入れ方法で洗濯機の汚れを一掃したいと思っても、どうしても費用は気がかりです。そんなときは、費用の目安を確認してみましょう。業者に依頼するときの費用は、2つの方法からおおよそ予想することができます。

 

費用をできるだけ安く抑えるための簡単なコツも紹介します。コストをおさえながら洗濯機をピカピカにするために、上手に業者を活用することが大切です。

 

洗濯機・洗濯槽の掃除でかかる費用の計算方法

洗濯機・洗濯槽の掃除でかかる費用の計算方法

 

洗濯機・洗濯槽の掃除を業者にまかせると、この2つの方法で費用が決まることが多いです。

 

・クリーニング方法

1つ目がクリーニング方法です。掃除の方法には分解洗浄と除菌洗浄とがありますが、分解洗浄は洗濯槽を取り外して汚れを完璧に落とそうとする方法で、費用は除菌洗浄よりも高くなる場合が多いようです。除菌洗浄は洗濯槽を取り外すことなく、短時間で安い費用で汚れを落とすことができます。

 

・洗濯機の種類

洗濯機の種類・形も重要です。現在、全自動式かドラム式の掃除機がほとんどのご家庭で使われています。この2種類を比較すると、全自動式よりも比較的容量が大きいドラム式は、クリーニング費用が高い傾向にあります。

 

洗濯機や洗濯槽のカビを防いでコスト削減!

「洗濯機クリーニングはしたいけど、費用が高いからちょっと…」という方も、あきらめるのはまだ早いです。ほんのちょっとの手間をかけるだけで費用を格段に抑えることができることもあります。クリーニング代を抑えるコツを見ていきましょう。

 

  • ・洗うときは適量の洗剤を使って、カビ・細菌を防ぐ
  • ・汚れがこびりつくのを抑えるため、定期的に自分で掃除する
  • ・洗濯物は洗濯する直前までカゴに入れておく
  • ・洗濯槽内を乾燥させるために、蓋はなるべく開けたままにする

 

普段の使い方に気を付けるだけで、汚れだけでなく、厄介なカビの増殖を防ぐことも可能です。洗濯機を上手に使って、掃除にかかるコストを少しでも減らしましょう!

 

洗濯機や洗濯槽をピカピカにしたい!そんなときにはいつでもご相談ください

洗いたての洗濯物を干そうと思ったらなぜか汚れている、というようなお悩みをお抱えの方もいらっしゃるでしょう。洗濯機では、放っておくと繊維やホコリだけでなく、病気の原因ともなるカビや雑菌が繁殖してしまいます。アレルギーなどから身体を守るためにも、すぐにクリーニングを依頼することをおすすめします。

 

ハウスクリーニング110番では、見積りを無料でおこなっているので、費用や施行内容を知ってから依頼するかを決めることができます。24時間電話対応しているので、思い立ったらすぐに掃除を依頼することも可能です。費用が確定した後は追加料金が発生することもないので、どなたでも安心してご利用いただけます。

 

ご自分では取れない汚れがあるとき、大掃除の時期に洗濯機もきれいにしたいと思ったとき。どんなときでもお客様の洗濯機の清潔さを取り戻します。いつでもご連絡ください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!