ハウスクリーニング110番トップページ > 最新情報・レポート > フローリング掃除のしかたをご紹介!正しい掃除方法で効率化を図ろう

最新情報・レポート

ハウスクリーニングに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

フローリング掃除のしかたをご紹介!正しい掃除方法で効率化を図ろう

フローリング掃除のしかたをご紹介!正しい掃除方法で効率化を図ろう

大切なフローリングのお手入れを正しくおこなえていますか?「家のフローリングはどうやって手入れしたらいいの?」「簡単に掃除機をかけているだけでいいのかな?」そう思いながらも適当なお手入れで済ませていては、フローリングの寿命が短くなりますよ!

すぐにほこりがたまって、汚れが気になってしまうフローリング。ですが、正しいお手入れの仕方がわからず、放置している方は少なくないようです。フローリングがべたついて色が変わってきたり、黒ずみが目立つようになってきたりすると、どのように掃除したらよいのか迷いますよね。

そういった場合に、間違った方法で掃除していると、フローリングを傷めたり腐食させてしまったりすることがあります。

本コラムでは、フローリングを美しく保つための掃除の仕方や、やってはいけない掃除方法などを詳しく紹介します。

フローリングの汚れの原因

フローリングの汚れの原因にはどんなものがあるのでしょうか。汚れの原因は、主に3つあります。

皮脂汚れや油汚れによるべたつき

一番よくあるのが、皮脂汚れや油によるべたつきです。はだしで歩く小さなお子さんがいる場合は、とくに皮脂汚れが気になるでしょう。また、キッチン周りでは、調理中に油がはねたりしていますね。皮脂や油を放っておくと、床がべたつく原因となります。

カビやワックスの劣化による黒ずみ

フローリングの汚れとしてとくに気になるのは黒ずみです。黒ずみの原因は、カビやワックスの劣化であることが多いでしょう。とくに、結露しやすい窓の近くでは、どうしてもカビが発生しやすくなります。部屋の隅のほうが黒ずんでいることも多いのではないでしょうか。

髪やホコリなどの日常的な汚れ

フローリングの色によって、目立つ汚れが違います。濃い色のフローリングでは、白いホコリやゴミなどが目立つでしょう。一方で、薄い色のフローリングでは、髪の毛が落ちているのが気になります。髪の毛やホコリは、直ぐに取り除けますが、毎日落ちるものですのでこまめに取り除くことが必要です。

【掃除のしかた1】簡単なお掃除は毎日しよう

フローリング掃除のしかたをご紹介!正しい掃除方法で効率化を図ろう

フローリングには、毎日たくさんのゴミやホコリが落ちます。髪の毛や食べかすの他に、ホコリもたくさん出てくるものです。着ている服から落ちるだけでなく、洗濯物をたたんでいるときなどにも出ることが多いでしょう。タオルやソファのカバーなどからも落ちてきます。

ホコリやゴミ、髪の毛がフローリングに落ちていると、見栄えが悪く、来客があった場合は部屋が汚いという印象を与えてしまいます。放置すれば、ダニのエサとなりますし、アレルギーを引き起こすこともあるかもしれません。フローリングの上のホコリやゴミは、簡単でよいので毎日掃除しましょう。

汚れに気づいたらサッと取り除けるように、ほうきやモップを取り出しやすいところに置いておくのがポイントですね。

【掃除のしかた2】丁寧な掃除は週1回が目安

フローリングは、簡単な掃除を毎日していれば、丁寧な掃除は週1回で大丈夫です。フローリングの掃除をする手順を説明します。

フロアワイパーで全体のホコリを取る

まず、フロアワイパーで全体のホコリを取ります。はじめに使うのは、ドライシートがおすすめです。濡れているシートだと、ゴミや汚れを広げてしまう可能性があります。

また、排気でホコリが舞い上がってしまうため、最初に掃除機を使うのもよくありません。舞い上がったホコリは時間が経つと落ちてくるため、せっかく掃除機をかけたのに、また床が汚れてしまった、ということもあるでしょう。ですから、はじめにドライシートを使って、大まかなホコリやゴミを取り除いておいたほうがよいのです。

フロアワイパーを使うコツは、掃除しているときにシートを浮かせないことです。途中で浮かせると、他のところにホコリが落ちる可能性があります。シートにホコリがたくさんついてきても、浮かせることなく最後まで拭いていきましょう。

掃除機でさらにキレイに

フロアワイパーでおもなゴミを取り除いた後に、掃除機をかけます。ドライシートで取りきれなかったゴミを、吸い取りましょう。

掃除機をゆっくり動かして、フローリングのすき間や隅のほうに残っているゴミを吸い取ります。取りきれないホコリやゴミは、掃除機のノズルを換えて取りましょう。

溝にたまった汚れは爪楊枝で取り出す

フローリングの溝にたまったゴミは、爪楊枝で取り除きます。溝にたまった汚れを爪楊枝ではじき出した後、出てきたゴミを丁寧に掃除機で吸い取っておきましょう。

仕上げに雑巾で水拭きする

最後に、固く絞った雑巾で水拭きをしましょう。皮脂汚れやカビによる黒ずみは、早いうちに掃除すれば、水拭きで簡単に落とせます。汚れが残ったままにしておくと、落としにくくなるので気をつけましょう。

雑巾の代わりに、ウエットシートを使うのもおすすめです。雑巾の場合、しっかり水気を絞らないと、フローリングが傷む原因になりますが、ウエットシートの場合はこうした心配が必要ありません。また、ウエットシートは使い捨てできるので、手軽です。

頑固な汚れに!汚れ別落とし方

フローリング掃除のしかたをご紹介!正しい掃除方法で効率化を図ろう

水拭きをしても落ちないような頑固な汚れは、どのように落としたらよいのでしょうか?汚れ別に、除去方法を紹介していきます。

皮脂汚れ

皮脂汚れが溜まっている場合は、アルカリ電解水をスプレーして、タオルで拭き取ります。皮脂汚れは、比較的落としやすい汚れですので、他の洗剤を使う必要はありません。むしろ、洗浄力の強すぎる洗剤は、フローリングを色落ちさせてしまうおそれがあります。

アルカリ電解水をタオルで拭き取るときは、強くこすりすぎると、ワックスがはがれる原因にもなるので、優しくおこないましょう。最後には、からぶきで仕上げます。

油汚れ

キッチン周りにできた油の黒ずみにも、アルカリ電解水を使います。汚れ部分に直接スプレーを吹きかけ、タオルで拭き上げます。汚れが落ちにくいときは、何度もくりかえしおこなってください。

最後にからぶきで仕上げます。

カビ

できたばかりのカビは、雑巾で簡単に拭き取れます。しかし、時間が経ってフローリングの中にしみ込んでしまった場合には、簡単に落とすことができないこともあるでしょう。

「カビなら塩素系漂白剤」と思う方もいるようですが、フローリングが変色してしまう可能性がありますので、おすすめできません。

完全に元通りになることは難しいですが、市販の消毒用エタノールを利用する方法があります。以下の方法を試してみてください。

  1. カビ部にスプレーして5分放置
  2. 柔らかい歯ブラシなどで木目に沿ってカビを落とす
  3. 歯ブラシでなぞったところをティッシュで拭き取る

この方法を試すとき、歯ブラシで強くこすらないように気をつけてください。ワックスがはがれてしまうことがあるからです。

この方法でカビの黒ずみが落ちない場合は、フローリングのクリーニングを業者にお願いしたほうがよいでしょう。

黒ずみは半年に1回のワックスでキレイに

毎日の簡単な手入れと、週に1度の掃除で、フローリングをきれいに保つ方法を紹介してきました。これらに加えて、フローリングの美しさを保つため、ワックスがけをおこなうのがおすすめです。半年に1回程度の頻度でワックスをかけるようにしましょう。

ワックスがけはどんな日にやればいい?

ワックスがけは、天気がよくて乾燥している日におこなうのがおすすめです。広い部屋では作業を始めてからワックスが乾ききるまでに半日ほどかかります。なるべく午前中から作業を始めて、夕方には終われるようにしましょう。

準備するもの

必要な道具は以下の通りです。

  1. ワックス
  2. 雑巾や古タオル
  3. ワックスがけ専用のモップ
  4. 綿の靴下
  5. 帽子・マスク
  6. 手袋

手軽にワックスをかけたい場合は、ワックス付きのフロアワイパーを利用してみましょう。狭い部屋や、時間短縮をしたい方には便利でおすすめです。

事前にフローリング掃除をする

ワックスがけの前には、フローリングをしっかり掃除しておきます。そのとき、家具や小物はできるだけ部屋の外に出しておきましょう。

フロアワイパーでゴミを取り、すみずみまでしっかり掃除機をかけます。雑巾がけで汚れを取り、最後はからぶきで仕上げましょう。

ワックスをかける前にしっかりゴミや汚れを取り除いておくことが重要です。ゴミや汚れの上にワックスを乗せてしまわないように気をつけてください。

ワックスがけをする

フローリングの掃除が終わったら、ワックスがけをはじめます。ワックスをかけるときには、はじめに窓を全開にしておきましょう。ワックスをかけた場所は通れませんので、部屋の奥のほうから順にワックスをかけていきます。

ワックスをかけてから、部屋の奥の窓を開け閉めしたい場合があります。また、塗り残りに気づいて、「奥まで戻りたい」と思うこともあるかもしれません。そういった場合に備えて、奥への通路を残してワックスがけをしていく方法もあります。

1度塗り終わったら、しっかり乾かしましょう。乾いたら、2度塗りをします。塗り残しがないかどうかの確認も含めて、丁寧に上塗りしていきましょう。2度塗りをすることで、よりきれいに仕上げることができます。

フローリング掃除のときの注意点

普段のフローリングのお手入れは、どういったことに気をつければよいのでしょうか。間違った方法でお手入れをおこなっていると、フローリングを傷めてしまうことがあるので気をつけてください。

掃除アイテム選びには注意

道具選びが間違っていたために、フローリングを傷めてしまったという失敗例は少なくありません。掃除アイテムは、慎重に選びましょう。

まず、重曹やクエン酸には注意が必要です。この2つは、お掃除するときの定番道具で、どんな汚れも落としてくれるので、使いたくなる方も多いでしょう。しかし、フローリングの掃除では、使わないほうがよいのです。

重曹は、研磨の役割がありますので、鍋磨きなどには重宝します。しかし、フローリングに使うと、ワックスやフローリングの表面を削ってしまうことがあるのです。汚れは落ちますが、大事な部分まで削られて、そこから水分が入り込み、腐食の原因となります。

クエン酸は、ワックスや木材の表面の色が変わってしまう可能性があります。とくに濃い色のフローリングでは、色が薄くなってしまうことがあるでしょう。クエン酸を使っても大丈夫なフローリングもありますが、変色してしまう可能性があるので気をつけてください。

その他、除菌アルコールやメラミンスポンジの使用も避けましょう。除菌アルコールは、ワックスの成分と反応して、変質してしまう場合があります。食卓の下などは、アルコール除菌で拭き取りたくなることがあるかもしれません。しかし、シミのような汚れになることもありますので、注意が必要です。

メラミンスポンジも、表面を削ってしまう可能性があります。洗剤が必要なく、水だけで落ちるので大変便利で安全性が高い道具ですが、フローリングにはなるべく使わないほうがよいでしょう。

換気は忘れずに

フローリングに一番よくないのは、水気です。フローリングの上に植木鉢や水槽を置いている場合にはとくに注意してください。濡れた状態が続くと、腐食の原因となります。

濡れた状態を避けるためにも、フローリングの掃除をするときには、換気を忘れないようにしましょう。薬品を使うときやワックスがけをするときはもちろん、普段の掃除でも換気は大事です。なるべく窓を開けて換気をすることで、フローリングを乾いた状態に保つようにしてください。

また、フローリングに日光が当たっている場合も注意が必要です。変色や変質の原因となりますので、カーテンなどを利用して日光を遮るようにしましょう。

フローリングに水が吸収されないようにする

フローリングを掃除するときには、水気に十分気をつけましょう。汚れがひどい場合、何度も濡れ雑巾でこすることがありますが、ワックスがはがれてしまった場所では、水気がフローリングの本体にしみ込んでいってしまいます。掃除をする際には、必要以上にフローリングを濡らさないようにすることが重要です。

雑巾は堅く絞って使い、最後には乾いた雑巾で拭き上げる、ということを忘れないでください。また、短時間で掃除を終わらせると、フローリングへの負担が少なくて済みます。

フローリング掃除を上手にするコツ

ここまで、フローリングを掃除する基本的な方法について説明してきました。フローリング掃除は、ちょっとしたコツで、さらに楽に美しく仕上げることができます。次は、そのコツについて紹介していきますので、試してみてください。

物をどかす

フローリングを掃除するとき、家具や小物類はどうなっているでしょうか?フローリングを掃除するときは、まずはじめに、床にあるものをできるだけ片付けたりどかしたりしてからおこないましょう。

ゴミや汚れを発見すると、つい掃除機やフロアワイパーで取り除きたくなるものです。しかし、床に物を置いたまま掃除すると、またすぐにホコリなどが目立つことになるので、2度手間となってしまいます。

ホコリは、家具の下や、小物類の下に溜まりがちです。物をどかして、その下を掃除しなければ根本解決になりません。

換気する

フローリング掃除に限らず、室内を掃除するときには窓を開けておきましょう。出入り口のドアなども、できるだけ開けておくようにします。換気をすると、掃除中の洗剤やワックスの臭いを外へ追い出すことができます。

ただし、風のある日には、窓を開けるタイミングに気をつけましょう。掃除をする前に外から風が入ってくると、フローリングの上にたまっているホコリが、舞い上がってしまいます。

部屋中にホコリが舞い上がってしまうと、落ちてくるまでには時間がかかってしまうため、なかなか掃除をはじめることができません。したがって、窓を開ける前にホコリを取り除いておくことが重要です。風のある日には、フローリング上のホコリを掃除した後に、窓を開けて換気しましょう。

高いところから掃除する

部屋の掃除は、上から順におこなっていきましょう。ホコリやゴミは、上から下へ落ちるものです。時間がかかるものでは、床に落ちるまでに15分ほどかかります。フローリングを最初に掃除してしまうと、あとからホコリが落ちてきて、せっかくの掃除が無駄になってしまうのです。

2度手間にならないように、まずは天井や照明器具、次に高い棚の上、という順で掃除します。上から順に掃除して、フローリングの掃除は最後におこないましょう。

まとめ

フローリングの掃除の方法や、ワックスがけで美しく保つ方法を説明してきました。フローリングが美しく保たれていると、家全体が美しく感じるものです。こまめな掃除や、半年に1回のワックスがけをして、フローリングを長持ちさせるようにしましょう。

毎日おこなっているフローリングのお手入れの中で、間違った方法があれば、すぐに改善が必要です。また、「変色してしまっていた」「カビの黒ずみが目立つ」という場合は、業者に相談しましょう。

業者に依頼すれば、自分であれこれ試すよりも、早くきれいに仕上がります。プロのハウスクリーニング業者から、普段のお手入れの仕方や正しいワックスのかけ方などをきいてみるのもよいでしょう。

0120-202-378
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問