引越しのハウスクリーニング必要性と料金|ハウスクリーニング110番|年間受付20万件以上&5千円から
ハウスクリーニング110番トップページ > 引越しのハウスクリーニング必要性と料金

引越しのハウスクリーニング必要性と料金

2019.03.19

引越のハウスクリーニング必要性と料金

 

多くの人が部屋や家の掃除をするタイミングといえば、年末の大掃除でしょうか。でも、入居・退去といった引越しのタイミングで掃除すると、いろんなメリットがあるって知っていますか?

 

今回は、ハウスクリーニングを引越し前後に依頼するメリットやハウスクリーニングの料金、業者の選び方のポイントについてお伝えします。

 

 

 

 

引越し前後はハウスクリーニングは必要なのか?

まだだれも生活したことのない新居や、もう自分は退去する住居。わざわざハウスクリーニングする必要はあるのか疑問に思っている方も多いでしょう。しかし、新居で暮らし始めるとき、退去するときにハウスクリーニングを依頼すると、このようなメリットがあります。

 

新居・退去にハウスクリーニングを依頼するメリット

新居の場合、人の出入りもなく密閉されているので掃除する必要がない気がしますよね。しかし、ちょっとした隙間から細かいチリが入り込み、新居のお部屋にもホコリがたまっていることは珍しくありません。

 

そのような状態で家具を運び入れてしまうと、家具が汚れてしまいますし掃除もしにくくなります。新居で暮らし始める前にハウスクリーニングを頼んでおくと、気持ちよく新居での暮らしをスタートできるでしょう。

 

ハウスクリーニングを退去時に行う場合、室内を掃除してきれいにしておくことで、部屋の価値が上がって買い取り額が上がる場合があります。

 

また、ハウスクリーニングは、賃貸の物件を退去する場合でもしておくと原状回復費用がかからなくなることもあります。入居時に支払った敷金(いざというときの保証料のようなもの)がハウスクリーニングしない場合よりも多く返還してもらえるかもしれません。

 

なにより、お世話になったお部屋や大家さん、管理会社さん、そして次に部屋に入る人のためにハウスクリーニングをしておくと、感謝の気持ちや誠意を表すことができますよね。

 

家具のない室内は掃除のチャンス!

家具がないほうが掃除しやすいのはイメージしやすいでしょう。そのほかにも、害虫対策も行いやすいというメリットもあります。それぞれのメリットを詳しく考えていきましょう。

 

家具などを運び入れる前に掃除をすることで、きれいな室内にすることができる

家具や荷物がある状態で掃除しようと思うと、大型の家具の裏側や下は掃除しづらいですよね。場合によっては、いちいち移動させてまた戻すという手間がかかります。家具などを運び入れる前に掃除をすませておけば、そのような面倒な作業をせず効率的にきれいにすることができます。

 

害虫対策をしっかり行う必要がある

新居での生活を快適にするためにも、害虫対策はしっかりやっておきたいところですよね。繁華街近くの部屋、1階に飲食店が入っている物件などは害虫が発生しやすいのでとくにしっかり行うことをおすすめします。

 

でも、害虫対策のくん煙剤をたいたことがある人はわかると思いますが、くん煙剤をたくのは案外面倒です。家具や食器などにカバーをしなければならないタイプが多いですし、たいた後は念のため部屋中を掃除するという方もいらっしゃるでしょう。

 

ですが、建物内にものがない状態だと室内がシンプルになるので害虫対策もしやすいですし、毒餌タイプを設置するのも簡単です。

 

 

ハウスクリーニングの費用相場はどれぐらい?値段の決まるポイント

ハウスクリーニングの費用相場はどれぐらい?値段の決まるポイント

 

入居・退去の引越しのタイミングでハウスクリーニングを行うメリットがわかったところで、気になるハウスクリーニングの料金について簡単にご紹介します。ハウスクリーニングにはどの程度のお金がかかるのでしょうか。

 

【価格が決まるポイント1】お部屋の広さ

家を丸ごとクリーニングする場合、ハウスクリーニング費用は間取りによって変わります。ワンルーム~1LDKくらいの広さだと、5万円以下で行ってもらえることが多いです。部屋の数が増えるにしたがってどんどん高額になります。

 

【価格が決まるポイント2】作業内容

どこまで清掃してもらうかも価格が決まるポイントです。内部を簡単に掃除するものからフローリングのワックスがけ、畳のはりかえや壁紙のはりかえまで行う本格的なものまでさまざまです。清掃範囲やオプションを増やすほどハウスクリーニングの料金は上がります。

 

【価格が決まるポイント3】室内にものがあるかどうか

先ほどメリットとしてあげたように、ものがないタイミングのほうが作業時間が少なく掃除の手間も軽減されます。そのため居住中よりは空室のほうがハウスクリーニングの代金をおさえることができるのです。ハウスクリーニングは引越しの前後のタイミングでおこなうのがベストでしょう。

 

【価格が決まるポイント4】依頼をする時期によって価格が変動

依頼が比較的集中しやすい年末や引越しシーズン付近は、ハウスクリーニングの値段の相場は上がる傾向にあります。可能なら繁忙期をはずしたタイミングをねらって依頼すると、安くおさえられるでしょう。

 

 

よいハウスクリーニングの業者に依頼するためのポイントは

いざハウスクリーニングを依頼したいと思っても、業者選びに迷ってしまう方も多いでしょう。そこで、よいハウスクリーニングの業者かどうか見分けるときに目安となるポイントを3つご紹介します。参考にしてみてください。

 

相見積もりを取ってみましょう

複数の業者に見積もりをお願いし、見積もりの作業内容や金額を比較しましょう。比較することで、金額に変なところがないかわかりやすくなりますし、値段交渉もしやすくなります。

 

また、値段だけでなくどのような作業を行ってくれるかはしっかり確認してください。必要な作業、お願いしたい作業が見積もりに含まれていなかった、なんてことがないようにしましょう。

 

電話対応・直接対話したときに親切かどうか

電話や直接担当者と話したときに雑な対応であると、いくら掃除の手際がよくても嫌な気分になりますよね。対応が親切か、質問に丁寧に答えてくれるか、このような点も判断のポイントとするとよいでしょう。

 

口コミやうわさの評価が高いかどうか

口コミのレビューや実際に依頼をした人に話を聞くと、どのような作業をしてもらえたのかの判断材料になります。ただし主観が入っているので、過信せずあくまで参考程度にとどめておきましょう。

 

万が一があったとき、保証をしてもらえるか

クリーニング作業中に誤って家具や部屋などを傷つけてしまうこともあります。そのようなときにその業者が損害賠償保険に加入していると、少しは安心ですよね。逆に、保証がなかった場合は修理費用が支払われないなどの問題が発生することも……。

 

保険に加入しているか、万が一の保証をしてもらえるかどうかは業者のホームページを見たり直接質問したりして確認しましょう。

 

 

まとめ

引越しのタイミングでハウスクリーニングをするメリットと、ハウスクリーニングの料金、業者の選び方についてお伝えしました。

 

・入居時、退去時のハウスクリーニングは手間や費用をおさえて部屋をきれいにするチャンス

 

・ハウスクリーニング費用をできるだけ安くおさえるためには「家具やものがない引越しのタイミングで依頼する」「クリーニング業者の繁忙期を避けて依頼する」とよい

 

・ハウスクリーニング業者を選ぶさいは「相見積もりをとる」「電話や対面での対応が親切か」「口コミやうわさの評判はどうか」「万一の保証の有無」がポイント

 

引越しのさいはハウスクリーニングを行って、気持ちよく新たな生活をスタートさせましょう。